カテゴリ:鉄子への道( 227 )

行方不明の時間



a0266125_22380066.jpg


あー夜行に乗って旅に出たい
飛行機じゃ味わえないあのワープ感
夜を跨ぐ感じ




[PR]
by hokulele2 | 2018-12-06 23:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

夜の駅






a0266125_02132126.jpg






a0266125_02133021.jpg






a0266125_02131492.jpg





ちょろっと雪があって、道路は乾いてて、ダウンとか着てればせいぜい鼻の頭が冷たいくらい。
このくらいがいいのになぁ。
写真は札沼線の晩生内駅と札比内駅にて。










[PR]
by hokulele2 | 2018-12-03 23:50 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

師走にぎっくり!お久しぶりの札沼線





a0266125_02130500.jpg


ようやっと北海道の冬らしい景色でしょうか。
さぁ師走。
いろいろやらなきゃならん事があるけれど、気持ちは意外にのんびり。

先月にひいた風邪をいまだに引きずっていて、声が…ひどい。
のど風邪って言うのでしょうか、どこも痛くないし元気だし。喉が赤く腫れているって言われたって、そもそも痛くない。
ただ…、咳したらぎっくり腰になった。こっちは痛い(笑) でもこれだって、今どきぎっくり腰は安静よりも可能な限り動かした方が良いと言われてる。はい、だから仕事休んでないですよー。有休は遊ぶために使いたい♪ 
声もガラガラ、内藤やす子。これ結構お気に入り。ちょっとした交渉事にも有利。この声聞いたら、相手様たいてい折れてくれますw。

腰も時々激痛走ってお婆ちゃんみたいになっちゃうけど、治さなきゃ!
だって…
今年は師走に…津軽海峡渡るから♪♪





[PR]
by hokulele2 | 2018-12-03 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

明日は降りますか?





a0266125_01354036.jpg


ほんと最高!
なかなか雪降らなくて、そんなに寒くなくて、のびのび動ける~♪
でもいよいよですか、札幌も。
もー雪なんてなくていいよ、とも思うけどそうもいかないです。
たとえば雪のない町に越したとしたら、冬には雪を恋しがったりするのかな。
北海道民18年生。
雪のいいところは、汚いもの見せたくないものも全部隠してくれちゃうところ!

うーん、今週は自分的黒歴史がひとつ増えてしまった…。
研修で30分話してくれというお仕事、30分以上話しますよーとは予告はしていたけれど
終わってみたら1時間近くも喋ってしまった(笑)
あーーーー
子供の頃、ながーい校長先生の話に白目向いて聞いてた私。
年々話が長くなるなぁとは自覚していたものの、今回は記録更新!
あの校長先生と同じになっているんだよ、
私の黒歴史も雪積もらせて、なかったことにしたい(*_*)






[PR]
by hokulele2 | 2018-11-17 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

北一已駅と落ち葉のコンチェルト






a0266125_01150649.jpg




しつこいようだけど、暖かい。
本来ならこんな写真を撮っているなら手はかじかんで、あー今すぐお風呂にドボンしたいと思っているはず。
まったく寒くありません。
気配を感じて振り返ると、ワンコのお散歩中のご婦人。

写真撮ってるの?よくいるのよー、写真撮りに来る人が。北一已の何がいいんだかぁ。
いい写真撮ってくださいねー。

うふふ。こういう会話、何度したことあるか。何がいいんだかぁって。
いい写真は・・・うーん、ごめんなさい。
この時、なんとなく気分でスマホから音楽流しながら撮っていたんだよね。いつもはそんなことないのだけど。
ちょうど流れていたのはアルバート・ハモンドの「落ち葉のコンチェルト」今日はそんな景色をよく見たから。
でもこの曲、歌詞はまったく落ち葉関係なし!
せつなく嘆く男の人の曲が好き。アルバートハモンドは声もお顔立ちも好き。
あ、この曲を初めて聞いたのは娘のスイミングスクール送迎バスの中。ラジオから流れてきました。
1994年くらいでしょう。発売されてから20年も経ってからなのだけど、あれからも20年以上経ってます。
ベビースイミング、ママも水着で入ります。娘は泳ぎの達者な子に育ち、もう25歳。
ブログを始めた時は、娘は中学生でした。
子育ての時間はまるで竜宮城にいたみたい。時々、夢だったんじゃないかと思うこともある。
あれだなー、記憶が物語なのか想い出なのかわからなくなることがあるね。
玉手箱は開けたら大変だ!




a0266125_01151494.jpg







[PR]
by hokulele2 | 2018-11-05 00:05 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

火事




a0266125_21124029.jpg

少し前のことです。
この写真の中央奥に漂うように写る黒い煙、この数分前はもっと黒く激しく立ちのぼっていました。
その元には炎も見えました。激しすぎる野焼きではなかったのです。
続く線路のその先です。次の駅のすぐ近くの住宅が火事でした。
怪我をした方がいないと良いのですが、その情報は分かりませんでした。

思い返してみると、火事の場面に遭遇することが人より多いかもしれません。
小学生の頃、隣家の火事。土曜日の昼下がりでした。
母は教科書をかき集め私にランドセルを背負わせ1人で外に出しました。
今考えると教科書なんて、と思いますが大切なものをとりあえず持たせて避難させたのでしょう。
母はひとり残って貴重品とか持ち出すものを準備していたと思います。
幸い風は反対側に向いていたのでうちのアパートは無事でした。でもまだ家の中にいる母のことを考えると
心配で心細くて、野次馬の中でランドセルを背負った私はひとり泣いてしまいました。
隣家の子も友達、ちょっとだけもらい火の反対側の隣家も同級生のお宅でした。けが人はなし。
出火原因は子供の火遊び!隣家は全焼しましたけど、その後3倍くらいの大きさの豪邸が建ちました!

横浜に住んでいた頃はすぐ近所で2度の火事。消防車なんて入って来れない込み入った住宅街でした。
1度は近所のおばちゃんたちがバケツリレーしたそうです!次の火事は家の方が亡くなってしまいました。
そして私たちが住んでいたアパートも、引越して数か月後火事で全焼、幼いお子さんが犠牲になりました。

そして今

朝方、消防署の前を通るとマッチョなファイヤーマンが消防車をピッカピカに洗車しています。
あーうちの赤い車もついでに洗ってよぉ!と、つい思ってしまいます。





[PR]
by hokulele2 | 2018-11-02 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

神無月にかこまれて

a0266125_14520251.jpg






列車を待っていると、鼻の頭とか耳が冷たくなってくる季節。
整理券を取って客室に飛び込むと、それはそれは暖かくて天国♪
これ味わうだけでも、私には至福。
短い時間の乗車だけど、帽子掛けに上着などひっかけて(正式にはコート掛けじゃないのね)

陽水の「神無月にかこまれて」
今月の私のテーマ曲。わたし的には今の札沼線に良く似合ってると思うのですが…
ダメですか?




[PR]
by hokulele2 | 2018-10-20 14:45 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

ちいさいおうち




a0266125_01253778.jpg



知来乙駅。
これ先月撮った写真だけれど、ドアが1枚だけ塗りなおしてありますねー
ペンキ、足りなくなっちゃったのかな。塗ってる途中で雨でも降り出しちゃったのかな。
プランターの配置も変わっている。時々変えてるのかな。
駅のこういう花々ってご近所の方がお世話してるのを見かけるけど、ここもかしら。
じゃあ、ドアのペンキはどなたが?

「ちいさいおうち」って絵本を思い出す。「おうち」の長い長い定点観測のお話し。
「おうち」ははじめ、遠くに街の灯りをながめているのだけど、徐々に「おうち」の
取り巻く環境も変わっていくのです。のどかな田舎の風景は道路が出来て車の往来が激しくなって
電車が走り、高層ビルが立ち並び、地下鉄まで走って…
そんな「おうち」に救世主が現れます。
かつてその「おうち」に住んでいたおばあさんの孫だかひ孫だか、そのまた孫だかが
大都市の中にぽつんと取り残されている「おうち」に気がついて、なんと曳家で助け出す!

線路がなくなったら、この「おうち」はどうなっちゃうのかな。
曳家でうちの近所の公園にお引越しさせたいよ♪

この絵本に絡んで「小さいおうち」って小説を日本の作家さんが書いて、数年前に
山田洋次監督で映画化されましたよね。あの「おうち」も素敵だったなぁ。






[PR]
by hokulele2 | 2018-10-11 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

お待ちくだされ、秋。





あわわわ、時間が経つのが早すぎる!
怒涛の9月が過ぎても、落ち着かんね。なかなか自由な時間が取れません。
秋も過ぎて行っちゃうね。
ストーブの試運転もOK。衣替えも済んだ。なんだかこっちから冬を招いてるみたいです。
今振り返ると、去年はずいぶんあちこち遠出したもんだなぁ。と、1年前の写真です。
旧標津線 奥行臼駅にて。


a0266125_00525265.jpg




こっちはただの道の写真。10月9日らしいです。
私は出来る限りで国道を外して走ります。車はどこにも走っていないし、人もいない。
そういう状況がものすごく好きなのです。独り占めが本当に大好き。誰にも邪魔されたくない。
自分で撮った写真っていいね。この時の湿度、空気の冷たさ、匂い、すべて思い出されます。
まぁどこで撮ったのか、これ何なの?って写真もたまにありますけど。
この時も独り占め感にたまらなく興奮して車を停めました。あぁ、思い出す。


a0266125_01014248.jpg



つい数日前、信じられないけれど蚊に刺されました。あまり蚊に刺されない体質なのですけど、なぜ10月に?
虫と言えば、今年の夏はたくさんの虫に翻弄されました。
それは、ゴキブリにゲジゲジにカブトムシに…
えっと、それ全部おもちゃの虫たちです。職場の更衣室にて。
いい年したおばさんたちの悪戯!気を抜くといろんな所に仕込まれます。
偽物って分かっているけど、やっぱり驚いちゃうのですよー。そして、
やられたらやり返す!出来るだけさり気なく、でもギャッと言わせる場所選びが肝心。
自分で仕込んだ場所なのに、横でいやぁぁぁっー!!と叫ばれると、連鎖してこっちも驚くw。
何やってんだか。けが人出なくてよかった♪

秋の夜、虫の音は癒されます。
それも終わったら今度は雪虫の登場ですね、北海道は。






[PR]
by hokulele2 | 2018-10-08 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

花を愛でるようになったら、お・と・し・ご・ろ ♪







a0266125_01321574.jpg



最近やたらお花が気になります。
今でもなんとかガーデンとかなんとか花まつりとか、わざわざ行くタイプではございません。
それでも通勤路の道ばたに咲く花々、よそのお宅の庭に咲く花たちを見ると楽しくて仕方ないです。

駅までの道でお店の前にたくさんのコスモスを咲かせている場所があります。
朝日を浴びて透かしている花びらにうっとり、帰り道、店舗の明かりでライトアップされた姿にワクワク。
毎日ですよ、毎日感激してるんです。やー年取ったナ(^^ゞ
コスモスとかあまり好きな花じゃなかったのに。嗜好が変わるのね、年を重ねるって。






[PR]
by hokulele2 | 2018-10-07 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)