丸瀬布・瀬戸瀬・生田原・白滝




雪降る前にと、訪れたこのエリア。
以前気になっていたものを復習して来ました。



a0266125_23163671.jpg







a0266125_23161993.jpg
駅前ロータリーです♪






a0266125_23191258.jpg







a0266125_23192360.jpg











[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-07 00:00 | お出かけ先で | Comments(3)

遠軽町丸瀬布総合支所






a0266125_23162870.jpg



丸瀬布の役場の建物。とても気になっていました。印象的。
中にも入ってみたかったです。
わたし的、いいビルの世界。






[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-06 23:30 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

行方不明の時間



a0266125_22380066.jpg


あー夜行に乗って旅に出たい
飛行機じゃ味わえないあのワープ感
夜を跨ぐ感じ




[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-06 23:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

鹿の谷倶楽部



a0266125_00100112.jpg


うちの和室です。
なんちゃって。







[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-06 22:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

寝室





a0266125_00340750.jpg


私の寝室です。いい感じでしょ?
なんちゃって。
布団派だった私ですが、この1年くらいはベッドです。
こんな素敵な寝室で寝てみたい!

上京した娘の部屋を私の寝室にしています。
灯りを消して、布団にくるまってベッド際の窓を開けると
月が眺められたりするのですよー。
学習机なんかあって、雑然としているけれど
なーんかいい気分なんだよなぁ。
さ、寝よ











[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-04 00:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(3)

夜の駅






a0266125_02132126.jpg






a0266125_02133021.jpg






a0266125_02131492.jpg





ちょろっと雪があって、道路は乾いてて、ダウンとか着てればせいぜい鼻の頭が冷たいくらい。
このくらいがいいのになぁ。
写真は札沼線の晩生内駅と札比内駅にて。










[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-03 23:50 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

師走にぎっくり!お久しぶりの札沼線





a0266125_02130500.jpg


ようやっと北海道の冬らしい景色でしょうか。
さぁ師走。
いろいろやらなきゃならん事があるけれど、気持ちは意外にのんびり。

先月にひいた風邪をいまだに引きずっていて、声が…ひどい。
のど風邪って言うのでしょうか、どこも痛くないし元気だし。喉が赤く腫れているって言われたって、そもそも痛くない。
ただ…、咳したらぎっくり腰になった。こっちは痛い(笑) でもこれだって、今どきぎっくり腰は安静よりも可能な限り動かした方が良いと言われてる。はい、だから仕事休んでないですよー。有休は遊ぶために使いたい♪ 
声もガラガラ、内藤やす子。これ結構お気に入り。ちょっとした交渉事にも有利。この声聞いたら、相手様たいてい折れてくれますw。

腰も時々激痛走ってお婆ちゃんみたいになっちゃうけど、治さなきゃ!
だって…
今年は師走に…津軽海峡渡るから♪♪





[PR]
# by hokulele2 | 2018-12-03 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

風が見えた日





a0266125_22415582.jpg


こうやって切り取ってみたら日本じゃないみたい。

線路を越えて林道を1kmほど進んだところで車を停めて白樺林を眺めていました。
面白いのが何本もある木のうち1本だけがゆーらゆら揺れているのです。鳥か?
1番細い木でもなかったのだけどちょっと不思議だなぁと思いました。
ふと空を見上げると、薄い雲が思いのほか早いスピードで流れて行きます。
上空には風が吹いているんだなぁなんて思ったら、次の瞬間白樺の木々たちが
一斉に揺れ始め、そして風は私のところまで到達。

なんてことない自然現象。
風が吹く法則とかカメラマンの喜びそうな月だ太陽だの特別な現象にはまったく興味なく
詳しいことも知りません。
ただ星や月を見るのは好きです。夕陽も朝日もきれいだなぁと思うけど
こんな何でもないけど目の前で起こり、しっかり体感出来る自然現象って感動するー!

風は山から下りてきた私を追ってきたらしく、わぁステキと思って車から降りたったこの場所、
カメラを構えたとたんびゅーびゅー。
そんな想い出が出来た写真です。


要らんもの削除したりして、だましだまし続けているこのブログもだいぶ終わりに近づいて来ました。
容量計算上はあと写真20枚くらいかなぁ。
exciteの前のブログを始めたのが2007年。インコちゃんが我家にやって来たのが始めだった
と思うのでもう11年です!
SNSについて先日の飲み会で話題になったけど、本当に最初のSNSってニフティのパソコン通信じゃない?
って私の発言に課長軍団こぞってなつかすぃ~♪って。Windowsじゃなかったもんね(^^ゞ
ブログはフロー型のSNSとは違って、終わりは来るけれど思い返すことが出来る日記帳。
ほんといい記録と想い出。







[PR]
# by hokulele2 | 2018-11-18 23:45 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)

銀河鉄道に逢える道




a0266125_22495953.jpg



先週のことです。冬の前、最後の自走遠出として札幌から遠軽方面に出かけて来ました。
土曜の夜に出発。この「夜に出発」が好きなんですね。
それなりに昼間よりは危険が多いかもしれないので良いことではないのかもだけど。
若い頃から、車での遠出は夜に出発が好きでした。
まぁ横浜に住んでいるときは、渋滞を避ける為夜のうちに出発したというのが本来の目的です。
遠軽方面にびゅーんと向かうには旭川(ほんとは比布)から紋別を結ぶ旭川紋別道路みたいな名前の
無料の自動車専用道路を使います。
以前はタイムイズマネー!とか言ってじゃんじゃん高速道路使う派だったのですが、
最近は旭川までも下道で。旭川紋別道路、無料なら喜んで!
この旭川紋別道路は、夜間走行する事がほとんど。行きも帰りも。
いつだったか、やはり夜にこの自動車道を紋別方面へ走っていた時のこと、
私は銀河鉄道に遭遇しました。夜空を列車が走って行くのです。
まぁ石北本線の列車が道路と並行して走って行っただけなのだけど、そのカーブ具合、勾配、
道路が高いところにあるので、それより高いところでさらに昇って行く夜汽車の姿はまさに銀河鉄道。
あっという間に通り過ぎ振り返ることも出来ません。だから本当に石北本線の灯りかも
検証も出来ないのだけどとりあえず私は銀河鉄道を見たということにしておこうと思いました。
今回は安足間駅に向かう普通列車の灯りが道路の眼下に見下ろせてホコッとしましたよ。

写真の街灯、古めかしくて、灯るところ見てみたいですねー
この町まで無料の旭川紋別道路を100kmくらい走りました。







[PR]
# by hokulele2 | 2018-11-18 00:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(0)

銭湯すたれば人情もすたる!


3年前だったかこの町を歩いた時にふらっと立ち寄った銭湯、廃業してました。
たしか、壊れたカランを使おうとしたら番台の女将さんがすっ飛んできたんだよなぁ。
秘湯だとかもいいのだけれど、町の銭湯ってのはそれより生活感があってグッとくるんです。
幼い頃、母と二人お風呂のないアパートに暮らした時期があって銭湯通いをしました。
銭湯まで歩くとけっこうかかるし、毎日は通えず銭湯に行けない日は台所のシンクで
私は母に体を洗ってもらってました。薬缶で沸かしたお湯でね。
そうすると目線がいつもより高い位置にあるから冬のある日、プレゼントであろう
赤い包みを目撃しちゃったのです!食器棚の上に隠して置いてあったのだ。
素直にあれ何?って母に聞いたら、なんでかめっちゃ怒られて。
もちろんクリスマスの朝、枕元には見覚えのある包みが置いてあるわけで、
とりあえずサンタさんが届けてくれたってことにしたって(笑)

通っていた銭湯は、ぼっとんトイレでした。
そしてトイレットペーパーの代わりに新聞紙が置いてあった…
くしゃくしゃっと一度まるめて柔らかくして使うらしいけど、嫌だったよなぁ。
同年代の人に話しても、そんなの見たことないって言うし。

a0266125_02294736.jpg




こちらは温泉宿。ここの浴槽がすごく好き。お湯もとろとろで気持ちいい!カメムシは3匹退治した!
年寄りワンコがお見送りに出てきてくれたんで、カメラ持って来たらいなくなっちゃった。

a0266125_02295629.jpg







[PR]
# by hokulele2 | 2018-11-17 00:10 | 2018いいお湯めぐり | Trackback | Comments(2)