赤コーナー、トケイダイスケ~!

a0266125_16334163.jpg


(~▽~@)♪♪♪
また見つけちゃった、おもろいもの~


「北海道ツラの皮」
メキシコプロレスに用いられる、本格的覆面です~。
札幌生まれの熊谷大介さんが作りました。
お気に入りはレイ大倉山!時計台助にはがっかりって、ちょこっと書いてある(笑)
がっかりでもないんですけどね~、時計台♪


JR札幌駅東コンコースにあるARTBOXにて展示中~♪
この小さなスペース、最近出来た所だけど、前回はとうきびの皮で作った人形だったかな~。見応えありました。
東コンコース通ったら、スルーしないで見てね~。
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-24 16:19 | 文学・芸術っぽいもの | Trackback | Comments(4)

ニャンコを追って

   外人坂を途中でそれて、坂道を転げるように降りれば
a0266125_152113.jpg

   ニャンコが、道案内。





a0266125_152424.jpg

   やっと娘さんに追いついた。
   ファインダーばかりのぞいていると、迷子になっちゃうね~。












a0266125_1525897.jpg

      この金庫、捨ててあるの???



      ガラスとオルゴール、まりもっこりが溢れる堺町通りはすぐそこ。
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-21 23:55 | お出かけ先で | Trackback | Comments(6)

緑と黒、石油貨物のタンク

a0266125_1172946.jpg



大きな火災にならなくて良かったね。

走っているところ、もう見れないってホント?
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-20 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

小樽駅4番線ホーム


a0266125_1401620.jpg

小樽駅4番線ホームで偶然みつけた刻印。上屋の支柱に利用されている古レール。
BV&Co Lo 1902 調べてみたらイギリスの会社のようです。
最近目に付くようになってきたんだけど古レールっていろんな所に使われているんですね~。
(鉄子として成長したか!?)

そういえば栗山の小林酒造、通路の支柱に夕張鉄道のレールが使われていたっけ♪
たしか・・・岩見沢駅も古レールがたくさん(^^♪  
見に行かなくちゃ!
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-19 06:10 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(4)

生姜煎餅という選択



a0266125_125493.jpg


市場のお菓子屋さんでフォトジェニックな娘さんをみつけてパチリ。
彼女、このお菓子屋さん好きなんですよね~。小さな頃から、変わっていません。
彼女はここで生姜せんべいを、私はカルミンを買いました(^^♪

久しぶりの小樽デート。
はじまりは三角市場から。
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-18 23:30 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)

ウニ、サーモン、ボタン海老、蟹!

いただきました♪
キタムラサキウニvsエゾバフンウニ!!

a0266125_12102242.jpg

[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-17 12:10 | Trackback | Comments(2)

茶寮にゃんこ

シャイだけど、かわいい子見つけた
a0266125_22543268.jpg

[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-16 20:17 | ねこ | Trackback | Comments(0)

多喜二☆ラブ。恋に落ちた街、小樽

a0266125_19743.jpg

しびれ雛です。
こんな可愛い雛さまに出逢ったのは、小樽文学館。今年の3月3日、ひな祭りの日でした。
小樽文学館は、私が小樽に行くとほぼ毎回訪れる場所。ここ3年くらい。




小樽文学館は旧手宮線と日銀通りの交差する角にあります。市立小樽美術館も同じ建物の中。
旧手宮線を歩けばこんな子に出逢えたり
a0266125_126939.jpg













日銀通りを目の前にして、色内仮乗降所の横にはこんなベンチがあったりします。
a0266125_1271541.jpg

















さて、文学館ですが・・・。
常設では、小樽に所縁のある文人たちの資料が展示されています。
小樽と言えば、カレですね。
a0266125_271124.jpg

a0266125_2595673.jpg

小林多喜二。蟹工船で有名なプロレタリア作家です。
数年前、再ブームで話題になった時に私も読みました。その時は、ふーん・・・ってな感じでしたが。

それにしてもこの人形。可愛いし滑稽だし。そして、人物に対しての手書き解説!これが、いい!
すっかりハマってしまったのです。作家の意外な一面、人間性。とにかく面白い!
こんな風に作家のバックグラウンドを見て入ると、文学も柔らかーく頭に入ってくるのです!


こんな、楽しくてタメになる人形と解説を作っているのは誰?どんな人?
ちょっと調べてみたり、テレビのニュースでチラッと見たことあったのですが、その方は札幌のイラストレーター高山美香さん!
そして、なんと今年のひな祭りの日に文学館の企画展でちまちま人形の展示とトークショーが開催されたのです。
それで公開された人形が、前記事のちまちま人形たちです。一部を載せましたけど、すごい数でした。
彼女のトークも飾らないお人柄が出ていて、すごく良かった!

a0266125_313733.jpg

へへ。イラスト付きのサインももらいました。この写真の画伯絵は友人がもらったもの。
私のは、寝っころがり画伯の上にネコが乗っかる図のイラスト。書いてもらっちゃった♪


a0266125_332837.jpg

「一葉のめがね」は高山さんのちまちま人形と偉人解説(笑えたりする)のとっても楽しい本!
彼女は、朝日新聞北海道版金曜日に「北の文人 立ち話」という連載も行っています。
北海道に所縁のある文人たちの、エピソード・人物紹介。知ってる作家さんのへぇ~っていう話だったり
知らなかった、こんな作家さん文学があったのねぇと感心したり。
ネットでも読めますよ(*^^)v

そこで知った、葉山嘉樹の「海に生くる人々」絶版なので中古本をネットで探して購入。
本体49円で送料250円(笑) 古い本で漢字が旧字体なので、まぁ~読みにくい(笑)
これもプロレタリア文学。現代のワーキングプア代表選手の今の私には、プロレタリアが身に染みる!


小樽文学館では、常設で小樽に所縁のある文人のちまちま人形に逢えます。
他の偉人達は、また人形展が戻って来るまで逢えません。それまで本で我慢ね。
もちろん他の常設もイイですよ~。多喜二の恋人に送ったラブレターなんかもあります。
不遇な身の上の恋人たきちゃんへ、思いやり溢れる愛情たっぷりの手紙(ルー大柴風ですよ!)
私は高校生までのあだ名がたきちゃんだったものだから、余計にグッときてしまうのでした。
そして、多喜二にフォーリンラブ★
その手紙を読んで、私は彼を惚れてまう道産子男子に認定したのでありました(*^^)v



そろそろ行かなくちゃ、小樽。あのお店も。
a0266125_341016.jpg

[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-15 00:00 | 文学・芸術っぽいもの | Trackback | Comments(0)

ちまちまに逢える街、小樽


ナイチンゲール!
a0266125_291545.jpg





リンカーン!
a0266125_294264.jpg





F藤子に手塚治虫!
a0266125_2104539.jpg





そして
アントワネット!
a0266125_22045100.jpg


こんな素敵なステキちまちま人形と出会った場所は、小樽!小樽文学館!


あ、裕次郎♪
a0266125_2241135.jpg



禁断症状が出てきて、そろそろ行きたい小樽!
私の小樽大好きスポット、小樽文学館を紹介します。
続きは・・・明日。たぶん。
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-13 23:30 | 文学・芸術っぽいもの | Trackback | Comments(5)

都ぞ弥生!YOSAKOIもいいけど、こっちもね♪

札幌では、5日間にわたって行われていたYOSAKOIソーランまつりが終焉を迎えました。今年の大賞は平岸天神チームです!
さきほどテレビで演舞を観ましたが、本当に素晴らしい!圧巻でした。きっと生で見たら感動しただろうなぁ。
でも私は今日、もうひとつのお祭り、北大祭に行ったのでした(*^^)vそうそう北大YOSAKOI「縁」チームもファイナルに残っていましたよ。
大好きこのチーム。祭なら、男子なら、褌!赤フンね。

北海道大学は、ほんとうにドデカイですねぇ~\(◎o◎)/!
大学祭なんて超久しぶりだったので、ウキウキです♪ でも第一の目的は北大博物館で開催されている「都ぞ弥生百年記念展」を観る事。

「都ぞ弥生」は北海道大学恵迪寮の寮歌です。明治45年、日本三大寮歌として一世を風靡し、今年制定100周年を迎えました!
現在の恵迪寮は鉄筋コンクリートの近代的な建物ですが、初代の木造恵迪寮はその一部を開拓の村にて復元されています。


で、今回の記念展では・・・えっ!?
a0266125_0145874.jpg

こんなお出迎え???

いえいえ、展示の中身は、都ぞ弥生の作者についてや、当時の背景などとても興味深いものでした。
こちらの記念展が開催されている北海道大学総合博物館は元理学部本館、札幌で初めての近代的なコンクリート作りの建物で外壁は煉瓦、
蔦の絡まる風貌はとても趣のある建物です。
a0266125_122028.jpg



懐かしいなぁ、この感じ。
a0266125_13487.jpg



そして展示内容は、北大の歴史から始まって、学術展示、化石・鉱物等々、子供から大人までたっぷり楽しめるから、ぜひぜひ行ったことのない方にはおススメです!
もちろんノーベル賞を受賞した鈴木先生のコーナーも。等身大パネルも(笑)

って、北大祭より博物館で時間を費やしているうちに、どこからか太鼓の音が・・・


a0266125_0285635.jpg

おぉ~、生の都ぞ弥生が聞けたではないか!私も混ざりたいって衝動を抑えていると、OBらしきおじさんやらも、どんどん合唱の輪に混ざってきましたよ。




a0266125_0315859.jpg

清々しいではありませんか!おっと赤フン(^^♪ いいぞ~。
でもしまった!応援団の檄文披露とかあったのでしょう。これは見逃した!

で、

このまま帰るのは、残念なので・・・
a0266125_0361873.jpg

応援団長さんにご挨拶。そしてパチリ♪
お疲れ様です!そしてありがとうございました!


北大生よ。楽しむのも良し。そして、しっかり学んで、北海道の未来を担う人物となって社会に出てくれよ!
頼むぜ☆
[PR]
# by hokulele2 | 2012-06-10 23:30 | お出かけ先で | Trackback | Comments(2)