日本のささやかな町を歩くとき






a0266125_00415075.jpg







素敵な詩と出逢いました。





はじめての町   茨木のり子 


はじめての町に入ってゆくとき
わたしの心はかすかにときめく
そば屋があって
寿司屋があって
デニムのズボンがぶらさがり
砂ぼこりがあって
自転車がのりすてられてあって
変りばえしない町
それでもわたしは十分ときめく


見なれぬ山が迫っていて
見なれぬ川が流れていて
いくつかの伝説が眠っている
わたしはすぐに見つけてしまう
その町のほくろを
その町の秘密を
その町の悲鳴を


はじめての町に入ってゆくとき
わたしはポケットに手を入れて
風来坊のように歩く
たとえ用事でやってきてもさ


お天気の日なら
町の空には
きれいないろの淡い風船が漂う
その町の人たちは気づかないけれど

はじめてやってきたわたしにはよく見える
なぜって あれは
その町に生まれ その町に育ち けれど
遠くで死ななければならなかった者たちの
魂なのだ
そそくさと流れていったのは
遠くに嫁いだ女のひとりが
ふるさとをなつかしむあまり
遊びにやってきたのだ
魂だけでうかうかと


そうしてわたしは好きになる
日本のささやかな町たちを
水のきれいな町 ちゃちな町
とろろ汁のおいしい町 がんこな町

雪深い町 菜の花にかこまれた町
目をつりあげた町 海のみえる町
男どものいばる町 女たちのはりきる町






[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-02 00:00 | 文学・芸術っぽいもの | Trackback

仁山駅






a0266125_23521422.jpg





a0266125_23522581.jpg





a0266125_23523062.jpg





a0266125_23523525.jpg





a0266125_23524100.jpg










[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-01 23:53 | 鉄子への道 | Trackback

夜の金山駅






a0266125_23331828.jpg








[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-01 23:34 | 鉄子への道 | Trackback

旧国鉄富内線富内駅にて





a0266125_23330656.jpg





a0266125_23331146.jpg









[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-01 23:33 | 鉄子への道 | Trackback

ツナギの男





a0266125_21560593.jpg






[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-01 21:56 | お出かけ先で | Trackback

占冠駅にて




a0266125_21530837.jpg






[PR]
# by hokulele2 | 2017-10-01 21:53 | 鉄子への道 | Trackback

札比内駅にて





a0266125_23001846.jpg





a0266125_23002559.jpg





a0266125_23003513.jpg









[PR]
# by hokulele2 | 2017-09-28 23:01 | 鉄子への道 | Trackback

南区にて





a0266125_00510840.jpg





a0266125_00511490.jpg





a0266125_00512808.jpg







[PR]
# by hokulele2 | 2017-09-26 00:52 | 日常 | Trackback

無事故は増収





a0266125_00100091.jpg







[PR]
# by hokulele2 | 2017-09-26 00:10 | 鉄子への道 | Trackback

渡島沼尻駅





a0266125_00003168.jpg





a0266125_00003850.jpg







[PR]
# by hokulele2 | 2017-09-26 00:05 | 鉄子への道 | Trackback