<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ありがとう2014、どんとこい2015!

トホホ・・・(T_T)

a0266125_12213150.jpg


年の瀬が迫るほどバタバタのヨレヨレな2014の師走でした・・・。
ご連絡等、返信が遅くなってご心配ご迷惑をかけてしまった方々、ごめんなさい。

先ほどお煮しめが出来上がり、これから最後の買い出しです。
狭い玄関ですがお正月用のお花を活け、ドアにはしめ飾り、水回りには和飾り。
昨日のうちに済ましてなんとか一夜飾りを避けることが出来ました。
普段だらしなーく暮らしています。なので節目の時には少しだけそれらしい事をし、きちんとさん気取りで帳消しに(^^ゞ
おせちなんかは作りません。北海道の年越しは大晦日にご馳走を食べる習慣がありますねー
今年は娘が年越しギリギリで帰省して来ます。間に合うかな。
ご馳走とは言えませんが好物のポテトとアンチョビのグラタンを作って待ちましょう。伊達巻と蒲鉾は、娘が買ってくる予定!

今年は職場で異動願を受け入れてもらい、遠距離通勤から解放され公私ともに札幌市民になりました。
市民4年生ですが、まだまだ新参者です。
2014年は「試された1年」でした。今年の私の漢字は「挑」だったと思います。
一番の思い出は、青森県温湯温泉の温泉客舎にお泊りしステテコ&宿のサンダル履きで朝の散歩をしたこと。最高に気持ちよかった☆
それから今年も探索等ご一緒して下さった方々、お世話になりました。来年も声かけて~♪♪♪
A平にも行ったなー。火まつりにTANtanまつり、紙袋の夜も!来年もまたよろしくです♪
お泊りでのひとり旅は1度しか行けなかった・・・。稚内の町は行くたびに好きになる。
小樽の港ねこ、ムチャゴロウおばさんをかまってくれてありがとう♪

それから今年の重大ニュース。20年使っていた冷蔵庫を新しく買い換えたこと!
いつかは北海道を離れると思うと、新しく大きな家電を買い換える気になれなかったから。
買いましたよ、北海道よ!



今年もたくさんの方々、いろんなことに感謝です。皆さま、どうぞよいお年をお迎えください(^^♪
[PR]
by hokulele2 | 2014-12-31 12:00 | 日常 | Trackback | Comments(10)

三笠市民会館の緞帳。45年の年月を経て

a0266125_0485691.jpg



こちらは、三笠市民会館の大ホールです。豪華な緞帳が目を引きます。
昭和45年1月に落成式が行われた三笠市民会館、45年の年月を経て只今大規模改修工事中です。
この緞帳も制作されてから同じだけの年月が経っておりますが、その豪華さ三笠市の歴史・自然・人々の暮らしを今でも鮮やかに表現しています。
素晴らしい産業遺産のひとつです。写真は2年前のもの。その時の感動はこちら
この緞帳が今、改修工事に伴い新しいものに更新されると市議会で上がっているそうです。
三笠市議会、第4回定例会一般質問。「市民会館の活用と緞帳について」
経年による痛みによりクリーニングが難しいとのこと、それではこの緞帳はどのような扱いになるのでしょうか。
まさか廃棄ということにはならないとは思いますが、たくさんの人に見てもらってこその産業遺産です。
市民の方々が安全に快適に利用できる改修工事には賛成ですが、この緞帳の価値をもっと広めていく事にも力を注いで欲しい。
更新する予算があるならそちらを保存の費用に充てて頂けたらと願います。


市議会の仕組みを私はよく分からないのですが、定例会の審査予定の会期が12月11日から18日となっています。
この間に結論が出るのでしょうか。外部からの意見ではありますが、私は市役所にメールで気持ちをお伝えしました。

私的な思い出日記の当ブログですが、三笠市にはこのような素晴らしい産業遺産が存在するということを
ブログ訪問者の方々に知って頂きたく記事にいたしました。
[PR]
by hokulele2 | 2014-12-15 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)

うめねこ2014

a0266125_0444331.jpg





a0266125_045049.jpg





a0266125_0452839.jpg




おーいたかぁ♪ 中には入らないから、ちょっとお屋敷のぞかせて下さいな。
a0266125_0455715.jpg



にゃー!お布団、ぼそぼそ^^; 寒いからね、みんなで寄り添ってね(^^♪
a0266125_0481041.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-11 00:00 | ねこ | Trackback | Comments(4)

変電所

a0266125_23565399.jpg

a0266125_23571198.jpg

a0266125_23572687.jpg

a0266125_23574766.jpg







a0266125_23583499.jpg

a0266125_23585030.jpg

a0266125_2359240.jpg







a0266125_23593747.jpg

a0266125_23595043.jpg

a0266125_0014100.jpg





a0266125_0591339.jpg

a0266125_0592979.jpg







a0266125_004817.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-10 23:55 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

ゆきねこ

a0266125_0522478.jpg





a0266125_0523633.jpg




少し太ったんじゃない?
a0266125_0525079.jpg




他の子はどうしたの?あの懐っこい子はもらわれていったの?
優しい人の元で暮らしていてくれて欲しいよ。
a0266125_0542583.jpg




あんたのほうが若くて元気みたいだからね、
a0266125_053653.jpg




クロのこと守ってあげてよね。2匹で仲良く、この冬もなんとか元気に乗り越えてね。
a0266125_0533248.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-08 00:00 | ねこ | Trackback | Comments(6)

沼の底駅へ



a0266125_236053.jpg



札沼線、豊ヶ岡駅。周りを囲む林が余計に夜を深く見せてくれました。
まだまだ早い時間でしたが、日が落ちた後ひとりでここに来るのはさすがに心細い・・・
この日は頼もしいメンズ2名のお蔭で、ちょこっと寄り道出来ました(^^♪


a0266125_2362347.jpg





a0266125_2365253.jpg



千と千尋の神隠し。ゼニーバに会いに行くには電車で6つ目、沼の底駅。
6つ目だぞ、間違えるなよ。昔は戻りの電車があったが、今は行きっぱなしだ。
釜爺が言ってたなぁなんてこの時思ったけれど、釜爺だった文さんも行きっぱなしの電車乗っちゃったんだ。
夜の豊ヶ岡駅がまるであの沼の底駅みたいと思ったのは先月のこと。






[PR]
by hokulele2 | 2014-12-04 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

ベンチ。

a0266125_0561778.jpg





a0266125_056381.jpg





a0266125_057128.jpg





a0266125_0572226.jpg



何故だかわからないけれど、このタイプのベンチに惹かれてしまう。
一体いつごろからこのタイプのベンチが登場したのだろう。もっと昔は木のベンチだっただろうに。
このベンチに初めて座った人は、なんだかお尻が痛いわーとか、冷たいなーって思っただろうな。
私も座布団があったりしたら、敷いてくれた人ありがとー(T_T)って思っちゃう。
いつの日か、このベンチもなくなる時が来るのだろうな。新しい駅舎にはまたぬくもりのある木のベンチが現れたりしているし。

最近車を運転してて、札幌市内も薄っぺらいカクカクした信号機が増えたなと思う。
記憶にある信号機の中で、今回が一番激しく形が変わってしまったのでは?
古いタイプの信号機、記念に写真に撮っておかなきゃと思いつつ、まだ実現できていない。

このベンチたちの写真はあと何年したら、懐かしいーこの形!って思うのかな。
あれ座るとお尻冷えるんだよねーとか言いながら。
まだ先だと思うけど、たくさん撮っておこうっと(^^♪


一番お気に入りはカラフルタイプ。
a0266125_171175.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-01 01:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(6)

私のカラス、1羽分。

気まぐれに髪を伸ばし続けていたら、とんでもない長さになっていた!
人前に出るときは束ねているけれど、下ろしたら・・・長すぎる!
シャンプーは本当に大変。乾かすのはもっと大変。萬田久子は一体どうしてるの、髪の手入れ!
定期的に5cm程度は切っていたのに、後ろの髪は背中の3分の2を覆うまでの長さに。
短くして楽になりたいなと思っていても、ここまで来ると自分の体の一部を取り外してしまうような感覚になってしまい、なかなか実行出来なかったのです。
ですがとうとうやった(^^♪ 取り外した!20cm以上切って、床に落ちた私の髪はカラス1羽分。
どう考えたってロングが似合うのは美女だけで、私のようにチンチクリンな中年女子には持て余すカラスだった。

でも1つに束ねて歩く度、走る度、左右に揺れたカラスはもう居ないのかと思うとちょっと淋しい。
今後は清潔感第一で、髪のお手入れをおろそかにしないようにしよう!

想像させると不気味な日記でスイマセン。写真の子は札幌開拓の村のカラス。ちょっと悪い子。
この子たちの悪行はこちらに(^^♪


a0266125_047481.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-01 00:55 | 日常 | Trackback | Comments(4)