<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

続いたね7周年、この先どこまで行くのやら♪

どうやら私の思い出日記、8年目に突入したようです(^^)v
最初の何年かはこんなにまめに更新してなくて、今考えればあの頃の思い出こそもっとたくさん残しておけばよかったな。

思えば遠くに来たもんだー。
お昼休みに、なんとなく海援隊の曲が頭ン中に流れてきた(笑)
14の頃の僕はいつも・・・
私の14は、センセーショナルな転校生。先輩に目をつけられて積み木崩しな時代。
こんな転校生は初めてだ!って言ってくれたのは山田先生。私をきちんと軌道に乗せてくれて、そしてスペインに行っちゃった。トレドって町の先生に。
そんな事を思い出した今日(昨日)は、思い出日記7周年の記念日でした。ほんとに思えば遠くに来たもんだ、私も。

仕事も頑張ってる、今の会社は勤続10年。きちんと家賃を払って3食食べて。
生活は決して楽ではないけれど、落ち着いた日々を送っている。心と体のバランスがとってもいい感じで整ってる。
でも来年の今頃、私はどこで暮らしているかわからんなー。この7年もいろんなことがあったけど、きっとこの先もあるのだろうな。
それはそれで楽しみ。一年後、何も変わらなかったと呟いているか、あの頃は予想もしていなかったと語るか。
楽したいなーと思う時もあるけれど、まだ旅の途中って感覚は落ち着きのない自分への言い訳だったりします(^^♪


初めてのブログの記事はインコのリンゴちゃんの紹介記事でした!その年のGWに私の元にヒナでやってきたから7歳。
人間でいうと50歳くらいかな。とうとう追い越されちゃった。大切に育てて長生きさせるって記事に書いてありました。



a0266125_241134.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-29 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(4)

萌黄から常盤へ 2014

緑の色が1週間ごとに変わって行きます。かつての役目を終えた遺構を蔦が優しく包む季節です。

a0266125_0543697.jpg






a0266125_055397.jpg






a0266125_0552157.jpg






a0266125_0553595.jpg






a0266125_156674.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-26 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

セーフティさっぽろ号!

先日、会社の同僚から中古の自転車を頂きました!
今まで乗っていた自転車が、だいぶガタ来ているので新しいものが欲しいなって思っていたのです。
あ、新しいと言っても中古で十分。今のだと遠出が辛いので、それより走れればヨシ(^^♪
でも思いの外コンディションの良い自転車、しかも6段ギア付き!! プラス、空気入れももらっちゃった!

自宅まで運んでもらえそうな感じだったけど、こーんな楽しい機会を逃したくない!
地下鉄利用で40分の道のりをこの日は、頂いたチャリで帰ってみました(^^)v
嘱託のおじさんが反射板が傾いているよって直してくれています。至れり尽くせりです♪♪♪
おじさんもMTBでチャリ通。途中まで一緒に帰ろうってことになりました!
ちょっとスピード出し過ぎのおじさん、先日のススキノの飲み会の時もチャリで来て、両足つって私に靴履かせてもらったんだよね(笑)

a0266125_1459137.jpg





おじさんと20分ほどツーリングして、ひと休み!もうここまで来たかー。チャリ、早い!
a0266125_14592946.jpg





最短距離で帰ればきっと1時間かからないのだろうけど、フラフラ・・・。信号待ちでパチリ。
セーフティさっぽろ号!
a0266125_14594530.jpg





気が付けばこっち方面に吸い寄せられて・・・かなりウロウロ。キツネちゃんにも遭遇!
a0266125_14595824.jpg





どの橋を渡ろうかと思ったけれど、この橋が楽しくて良かった!風も強くて寒かったねー
いろんな所を覗いたり、ちょっとおつかいしたり、2時間半もかけて家にかえりました・・・。
a0266125_1546065.jpg





娘と共有で10年間乗ってきたチャリ。10年前、ポスフールで買った1万円。
a0266125_1502845.jpg





別のスタッフの男の子が、彼女とちょこっとサイクリング用に欲しいからというのであげました。
なんだかドナドナ気分。さよなら、いちまんえん号・・・。
a0266125_1504136.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-25 15:23 | 日常 | Trackback | Comments(6)

開拓の村遠足(^^♪ その3


GWの開拓の村遠足、本当に楽しかったので(^^♪


カラスさん、せっせと巣作り。何かを拾い集めています。
a0266125_12582835.jpg





夫婦でせっせと。お馬さんの抜け毛を集めています。
a0266125_12585488.jpg





微笑ましいななんて思っていたら、どうやらちょっと悪い子たちでした。
抜け毛だけでなく、お馬さんの尻尾にとまって直接抜いちゃうんだって!ハゲも出来ちゃったのよーってお馬係のお姉さんが話してくれました。
ちなみにこの木箱の中はお馬のフンが入っています。ここで巣作り!?
a0266125_1314284.jpg






旧農商務省滝川種羊場機械庫にて
a0266125_134358.jpg





a0266125_1345837.jpg





a0266125_1365395.jpg






森林鉄道機関庫にて
a0266125_1374082.jpg





三弦橋は沈んでしまったんだよって、そっと伝えておきました。
a0266125_138728.jpg





タケノコ採りや夕張岳登山の人たちは、どれに乗せてもらっていたのでしょうか。
車両たちが、本当に何かを話しかけてくるようでした。
a0266125_1391188.jpg





旧広瀬写真館のガラス戸にて記念撮影。ちゃんと2名入ってます!縦構図、シェーポーズでしか撮れません(^^ゞ
a0266125_1317551.jpg





電話二五五番、旧近藤染舗
a0266125_13223332.jpg





電話七番、旧来正旅館。ここ好きなんです(^u^)
a0266125_13232312.jpg





a0266125_13241477.jpg






ちゃんとした客室は別のとこですよ。でも、ここが好き。
a0266125_13244613.jpg





a0266125_1325434.jpg





そろそろ、帰りの時間。馬車鉄道、お馬さん頑張れ!
a0266125_1327106.jpg





頑張れ!
a0266125_13274958.jpg





お疲れ様!カラスさんに、気をつけてね。
a0266125_13282924.jpg





たくさんの写真載せちゃいました!私だけの開拓の村ガイドブック、出来上がり(^^)v
[PR]
by hokulele2 | 2014-05-25 13:14 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

水色屋根のお宅とお祭やぐら

a0266125_02358100.jpg






a0266125_0251887.jpg






a0266125_1112651.jpg






a0266125_0573970.jpg






a0266125_0261484.jpg




「お祭りがあるのですか?」

「いえいえ。この辺はみーんな高齢者でね、いちいちやぐら組むの大変だからずーっとこのまんまなの。
どちらからいらっしゃったの?」

「札幌です。」

「そうですか、ようこそ!」


一年中お祭りのやぐらがそのまんまなのね。
ようこそって言っていただけたのは、とても嬉しかったです(^^♪


a0266125_0272193.jpg






a0266125_1263217.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-21 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(8)

開拓の村遠足(^^♪ その2

遠足写真、続き(^^♪ 


旧山本理髪店 サインポールが木製だよっ!ゆんぐちゃんが気が付きました(^u^)
a0266125_08414.jpg





お客さん、髭剃り中!
a0266125_094242.jpg





旧渡辺商店にて
a0266125_0104036.jpg





学生帽も亀の子たわしも。ちなみに私は亀の子たわし愛用者です!
a0266125_2502053.jpg






旧武岡商店にて この粉を使って・・・
a0266125_0123834.jpg





こーんな可愛いらくがんを作っていたのですね。
a0266125_0145959.jpg





旧浦河公会会堂にて
a0266125_0155998.jpg





雪で折れてしまったのでしょうか、装飾が片側折れてしまっています。
a0266125_0164145.jpg






旧青山家漁家住宅にて 囲炉裏を囲んで暖かいお茶をいただきました。ほっこほこ。
a0266125_0204495.jpg





ヤン衆の寝床。ガイドさんから、へーっていう話たくさん聞けました。
a0266125_0215564.jpg





五月人形。節句人形を飾る文化は、ずっと残ってほしいです。
a0266125_025447.jpg





旧田村家北誠館蚕種製造所にて ポスター、気になりました。
a0266125_0281089.jpg





a0266125_02813.jpg





富岡製糸場が世界遺産に内定されたってことで、いつもよりここを念入りに見学してしまいました。
a0266125_0275191.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-19 00:10 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

開拓の村遠足(^^♪ その1

今年のGWも楽しい遠足に行けました(^^♪ 昨年は雨の中の小樽遠足だったけど、今年はお天気に恵まれて。久しぶりの北海道開拓の村。
遠足メンバーは仲良しのゆんぐちゃん。ゆんぐちゃんは初めての開拓の村だったので、私も同じようにワクワクしちゃいました。
子供の日の前日、イベントがあったりたくさんの家族連れが遊びに来ていてにぎやかでした。村内、幸せな雰囲気に満ち溢れていてホントよかったなー(^^)
私たちもお弁当なんか持参して、ベンチでおにぎり食べたり。こういうのほんと大好き!
建物は本来ある場所に残されていることが一番なんだろうけれど、こうやって移築保存されることで長くたくさんの人に味わってもらえるのならね。
札幌近郊の子供たちは学習遠足で必ず訪れる場所。たくさん学んで、明治から昭和の北海道を感じとってね!


へぇーとか、ほーとか関心しながら、写真もたくさん撮りました。私の大好きな畳の間に上がれるのがすごく嬉しい。
宿泊体験とかさせてもらえるなら、ぜひやってみたいなー。人形たちは実は夜中は動き回っていたりとか、楽しそう(^u^)


旧手宮駅長官舎にて
a0266125_2352612.jpg





旧松橋家住宅の玄関前にて
a0266125_23524022.jpg





旧有島家住宅にて
a0266125_23532072.jpg





a0266125_23533329.jpg





旧三〼河本そば屋にて
a0266125_23544088.jpg





a0266125_23555916.jpg






突っ張り柱がちょい邪魔だけど、大きな鳥かごに心奪われて。
a0266125_23554383.jpg





旧小樽新聞社!
a0266125_23582179.jpg





旧武井商店酒造部の裏っかわにて
a0266125_23594390.jpg





先生!旧近藤医院にて
a0266125_01539.jpg





a0266125_012263.jpg





a0266125_01389.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-18 23:50 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

春のズリ山登り(^^♪

先月の探索の忘備録。
なんだか最近の探索はこの方とばかり行ってるような・・・。本当、毎度お世話になっております(^^♪

今回は、以前から登りたかったズリ捨て線へ。
炭鉱などの鉱山で鉱物を採掘した際に発生する捨石のことをズリって言います。そのズリがたくさん堆積されてお山になっていく。ズリ山。
ボタ山とも呼ばれるけれど、これは地域によって違うみたいです。ぼた餅とボタは関係あるのかな、じゃあズリ餅ってあるのかな・・・。
また子供っぽい興味が湧いて調べてみようかなと思ったけれど、「ぼたもち」を変換したら「牡丹餅」って出ちゃって、あー「ぼたもち」と「おはぎ」 牡丹と萩なのかー。

こちらのズリ山にはズリを運ぶための軌道にアーチ型の橋と隧道が残っていて、なんとも魅力的。いつかは登ってみたかったのです。
ただし、季節を選ばないと熊笹がボーボーで進むのが困難!とってもいい季節にお声をかけて頂いて感謝です(^^♪


a0266125_1933436.jpg





a0266125_19501080.jpg




これこれ!熊笹、今は枯れて雪に押しつぶされたまんまの姿。これもまた滑るから要注意!
もちろんアーチ橋が素敵!この上をベルトコンベアでズリが運ばれていたんですね。
a0266125_19502270.jpg





向こうの山を見れば、まだ雪が残っていました。木の根元の部分から雪が融けて土が見えてくる。春のこのダルメシアン模様が大好きです♪
a0266125_1959231.jpg





隧道が見えてきてました。
a0266125_2002493.jpg





a0266125_201334.jpg









隧道の中にはまだ氷が。
a0266125_2023325.jpg





隧道を抜けると荒涼な景色が広がっていて、あーこれが見てみたかった先の景色なのか・・・。
ポツンポツンと遺構が残っています。
でももう少し先、もうひと山越えて行くことにして。
a0266125_2035491.jpg





出逢ったのはこんな景色でした。
a0266125_2063243.jpg






a0266125_2083738.jpg





まだ緑のないこのズリ山。若い桜の木が突然1本あったりして、あれからひと月もう咲いたかな。
炭鉱の多かった北海道にはたくさんのズリ山があるのだけれど、年月を経てすでに緑に覆われたズリ山も多く
その区別すらつかないこともあります。娘が小さいころに一緒に参加した火山の学習登山会で勉強した緑の再生を思い出しました!
ここもいつかは桜の花がたくさん咲く山になったりするのかな・・・。


a0266125_2153295.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-17 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

彼女の日常、猿田彦大神。

柴又を後にして、今度は都電荒川線で庚申塚に向かいました。
都電荒川線、初めて乗ったのです。大塚から駅ふたつ。専用軌道のみの乗車でしたけど、チンチ~ン♪が聞けて嬉しかったな(^u^)
a0266125_16373593.jpg




こういう眺め、子供の頃は身近にあったけど。
a0266125_1672961.jpg





行きたかった所は、猿田彦大神。大神と言っても、交差点のほんの一画。
ありゃ、もうここから巣鴨商店街が始まってるのか!
a0266125_169997.jpg





サルタヒコ神って庚申信仰とも繋がっているらしく、またまた道祖神とも関係あるらしくて、それなら行ってみようとなったわけです。
東京ってのは公共交通機関を使ってどこでも行けちゃうのが羨ましいって思っちゃいます。
a0266125_16305916.jpg





ああ、こういうところ大好きです(^^♪
a0266125_16381979.jpg






a0266125_16384054.jpg





私よりは少し上かなという年頃の彼女。携帯で通話しながらやって来ました。かなり大きな声。
何やら話の途中で
「あ、ちょっと待って」と言うと、そのままお参り。お参りが済むとまた電話で話の続きを。
きっとこちらに参拝するのは、彼女にとっての日常なんでしょう。とっても印象的でした。
a0266125_16392756.jpg






白山通りを渡り、ちょっこっと路地を。こんな道も懐かしい!ゆっくり歩いてみたかった。
a0266125_16513830.jpg





風も強いし寒くてブルブルなんだけど、ちょっと立ち寄り。
ここは遠山の金さんのお墓がある本妙寺。名奉行遠山金四郎さんのお墓参りしてきました(^^)v
a0266125_1745620.jpg






念のため、巣鴨地蔵尊商店街、おばあちゃんの原宿に寄ってみました。
え!巣鴨地蔵尊ってこんなところなの?意外・・・。
a0266125_1733113.jpg






お向かいの店で。針山でも売ってるのかなーとよく見たら、御鈴の座布団(笑)
a0266125_17412560.jpg







a0266125_17415657.jpg






お、赤いパンツ見つけた!
a0266125_17453191.jpg






もうひとつのお寺もお参りして最後にコーヒータイム。プレスリー大好きマスターのお店。
ちょっと階段が急でおっかない。
a0266125_17455454.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-11 06:00 | お寺・神社 | Trackback | Comments(2)

つれて逃げてよー、矢切の渡し。

ついて おいでよー(^u^)

江戸川に来たのは、矢切の渡しに乗るため。敬老会のメンバーも乗ってます。
乗る人と待っている人と二手に分かれた敬老会。
a0266125_4401351.jpg



矢切の渡しなんて、誰でも知ってると思ってたけど、知らない人もいるらしい。
細川たかしの「矢切の渡し」は知っていても、実在するとは思ってない人もいるらしい。
むかーしからあるのです。江戸川の渡し船。片道100円。



船頭さんの手漕ぎの渡し船なのだけど、一応船外機もついています。
行きは風が強くてなかなか進まず、桟橋を離れるときにに少しだけ使いました。
それでもなかなか船は進みません。するとなんと待っているグループの一人が突然桟橋を走って船に向かって来ます。
進んでいないとはいえ、船はもう離岸しているのです。船頭さんと私たちはダメダメーッと叫ぶも
敬老会の仲間ははやくはやくーと叫んでいます(笑)
とうとうお婆ちゃん、船に飛び乗りました。とっさに船首に座っていた若い男子が抱き止めたのでなんとかなったけど。
その勇敢な若者二人と無謀なお婆ちゃんの写真です。
a0266125_4451988.jpg





江戸川を渡れば、そこは千葉県。
a0266125_4591589.jpg





とくに千葉県に用事はなかったのだけど、このまますぐ戻るのもつまらない。念のために千葉を確認するか!
どうせ川渡っただけでしょ、と堤防越えてみたら・・・。たしかに千葉だった。いい感じ(^^♪
a0266125_520429.jpg






なんと野菊の墓の舞台だったのです。
a0266125_531434.jpg






結局、風が強すぎて草だんごは食べられませんでした。東京都に戻ります。
a0266125_5211995.jpg





練習試合はどうなったかな。
a0266125_5463756.jpg






寅さん、またね。
a0266125_5241041.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-05-11 01:30 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(6)