<   2012年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

サンタの不覚でヤンソンさんを誘惑

夕べは無事にヤンソンさんを誘惑することに成功。「ヤンソンさんの誘惑」ってフィンランドの郷土料理の名前です。
ポテトとアンチョビのグラタン。フィンランドづいた日の翌日に偶然友人からご馳走になって、これはアンチョビ好きな娘のために我が家のクリスマス料理に追加しようと決めたのでした。
イブの夜に作れなかったので、昨日残業を終えてからろまん亭に駆け込みケーキを買い、猛ダッシュで家に帰って「ヤンソンさんの誘惑」を作りました。
毎年恒例のクリスマスをなんとかこなし、ホッとしたのか気が付くと爆睡!もう朝じゃん\(◎o◎)/!

a0266125_382829.jpg



昨日は朝目が覚めると枕元に小さな包みが。開けてみると可愛い(ちょっと派手)ピアス。
10年くらい毎年サンタさんが届けてくれるプレゼントです。サンタさんも、もう19歳。小さい頃はイブの夜の夜更かし、頑張ったのでしょう。
42歳のサンタも毎年隣の部屋までプレゼントの配達をしていたのですが、今年はうっかり。
母としてのプレゼントはセーターを贈っているのですけどね。イブの晩の親子ケンカで、毎年恒例のサンタプレゼント交換、しくじった。
19歳サンタのほうが大人だったね。


可愛いピアスが似合うよう、伸ばしてきた髪をショートにしてしまおうか。新しい年を迎える頃に、何かを一新したくなる癖が私にはあります。
健康で暖かいご飯が食べれて、寝れて、元気に働ける、それがどんなに幸せなことか感じられた1年でした。
北海道の自然、町、歴史につい目を向けることがますます楽しくなった、そんな1年。
そして何よりも出逢った人たち。世界観、感性、何気ない日常の共感、パッション(笑)それが今年の私の収穫。
自分のための想い出忘備録として始めたホクレレ2でしたが、暖かいメッセージやコメントは励みや刺激にないました。ありがとうございます。
来年も、偏屈なこだわりは持たぬよう、世界を広げてみたいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。
北海道はもちろん、できれば道外にも足を延ばしてみたいな。


仕事おさめは28日ですが、大晦日も仕事です。お正月も家で過ごせない人たちもたくさんいるので、私も何かの役に立てるよう頑張ります。
少し早いですが、どうぞよいお年をお迎えください(^^♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-26 06:00 | 日常 | Trackback | Comments(20)

Fröhliche Weihnachten!

ハッピークリスマス!雪深い町のみなさま、雪かきお疲れさまです(^^♪
a0266125_15333333.jpg





今年もいろんなものにレンズを向けました。カメラ2年生!
a0266125_15405192.jpg






呼びとめてくれて、ありがとう!声を掛けてくれたなら、雪が降ろうと雨が降ろうとレンズを向けますよ!
a0266125_15411397.jpg





連休初日は、遠距離恋愛中(私と)のゆんぐちゃんと、サッポロクリスマスを歩きました♪ ミュンヘンクリスマス市は、毎年同じと思いながら、やっぱり行きたくなっちゃいますな。
マトリョーシカ、欲しいものはバカ高くて買えましぇん。毎年、これが欲しいの!真ん中のピンクのお家。マトに比べたらグッとお値段下がりますが、やっぱり買わなかった。
 また来年逢いにくるわ~(T_T)/~~~
a0266125_15511986.jpg





a0266125_15525992.jpg

a0266125_1553406.jpg





ロブスター、並べてくれてありがとうね、おじさん♪ 私の大好物、伊勢海老は去年も今年も食べられなかった。
来年のTO DO LIST に入れておこうっと!
a0266125_15535022.jpg




a0266125_15582992.jpg

a0266125_16262693.jpg

a0266125_15574113.jpg





サンタさん、急いで~!我が家もよろしくね~(^o^)丿
a0266125_15595477.jpg





楽しみにしていたオーロラ写真を見て、その後フィンランド人可愛いあの子の話を聞いて、そしてこの子の目力にやられた~!
いつの日か、フィンランドに行こうと決めました。薪で温めたサウナに入りたい。若枝でバシバシ体叩きたい(笑)
ほら、銭湯でおじいちゃんが、濡れタオルでバシバシやってるじゃん、あれやりたい(^^♪ 可能なら、そのまま湖に飛び込みたいね~、夢は広がる☆
a0266125_1673865.jpg



昨日は、職場の女子仲間でクリスマス会。本当に盛り上がるね、女同士!
気が付くともう9年目、今の職場。それぞれ立場は違えど、仕事に対してのモチベーションが高い!そして魅力的な彼女たち。
自分のダラダラさ加減に反省、反省…。頑張るぞ、私の微力が誰かの役に立てるなら、それだけでありがたや~。

イヴの今夜は、フィンランド人のヤンソンさんを誘惑する予定です。無事に誘惑出来るかな~(*^^)
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-24 16:28 | 日常 | Comments(6)

イルミネーション☆私の場合


私も撮ったよ♪ イルミ写真~(*^^)v

a0266125_12445016.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-12-23 12:53 | 日常 | Trackback | Comments(12)

小樽でいちばん好きな窓


小樽にはもう何度も訪れているけれど、一番数多く足を運んだ場所。とっても落ち着く場所です。
そして、小樽でいちばん好きな窓。小樽文学館。
a0266125_4271842.jpg





この季節は、窓際の温水ヒーター?オイルヒーター?が、とっても穏やかに温めてくれます。
窓越しに、同建物と旧手宮線跡を眺めるのは、とってもホッコリします。とくに、雪が積もった後は、余計なものを隠し、いっそう雰囲気が増すのです。
a0266125_4135527.jpg

このヒーター、学生時代築40年以上の教室でもお世話になりました。1階が教室だった「清き寮」
清い寮ではありません。「き」の漢字を忘れてしまった(-"-)2年近くも過ごした学生寮なのに・・・。
隣には駒沢公園。あの頃は古くて寒い寮が嫌でしかたがなかったのだけど、今ならあの素晴らしい佇まいを写真に残しておけばよかったなと後悔しています。
解体されて、もう何年たつのかな。




a0266125_4435293.jpg

小樽文学館の良いところ、いつ行っても新しい企画展が開催されていること。
今回は「違星北斗と口語短歌」という企画展をお目当てに向かいました。興味のある方はチラッと小樽文学館のサイトを検索してみて下さい。
私は、歴史が好きをいうよりは、歴史の中での人物、その人生というのに惹かれる性質で、今回も充分に堪能しました。
男っていうのは、器用に生き抜くタイプと、そうでないタイプがいるんだな新たに実感。違星北斗は後者。
せっかく手に入れた立場も、これで良いのか?と、つい自問し、自ら茨の道に進んで行く。
私はどうしても、こういう男に心持って行かれてしまいますね。ぬくぬくしてると、脳みそも感性も傷んでしまうから。一度しかない人生です♪

それはそうと、ここに来ると、必ず読みいってしまうのは小林多喜二が恋人タキちゃんに宛てたラブレター。
それはルー大柴以上の英単語を交えた恋文なんだけど、私は中高生の間、あだ名がタキちゃんだったから、余計に親しみわくのです(以前にも書いたと思うけど)。
多喜二が私に宛てたラブレターのように感じてしまい、笑えます。

文学館といっても、そうお堅い所ではなく、展示もわかりやすくて楽しいのです。
今も数体展示されている高山美香さん作の「ちまちま人形」は、笑えるイラストと解説付きです。
以前の「ちまちま人形」記事
ここと、 ここに!

文学館では、寸志でコーヒーも飲めるし、古本も持って帰れます!展示室の前、そこまでは、入場料も取られませんよ。
こちらは文学館への入口。小樽で私が一番好きな扉。
a0266125_5201490.jpg






実は、この建物が全部好き。もちろんここも(*^^)v おトイレ~
a0266125_5185788.jpg





昨日は、札幌の有名喫茶「声」が、惜しまれつつ閉店したそうです。楽しい想い出あります。
ラーメンも美味しかった。ナポリタンは優しかった。元気なママさん、大音量の演歌!トイレに行く度、一度はかけてやろうと思った老眼鏡!
忘れられない景色。日が暮れて訪れると、店の横でママさんが古い掃除機のフィルターとバンバン叩いていました。そんな普段着の、生活に密着した一場面。
私は胸がキュッと掴まれてしまいます。その日から札幌の街が好きになったのでした。
ホクレレ2の最初の記事は、この「声」さんでした。この春に行ったのが最後。お疲れ様、ありがとう「声」
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-22 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(5)

大好き、OOASA!

だって、「大好き、大麻!」って書いたら・・・、ねぇ(^^♪

ちょこっとご用事が出来て、電車では初めてやってきました。
すると、私の大好物、跨線橋。南口歩道橋から。
万人受けはしないでしょうけど、私は好きですね。ザ・木造の跨線橋も好きだし、ピッカピカの連絡歩道も良いけれど、こんな雰囲気もいいのです♪ 
夜の雰囲気も見てみたいな。もし、いいねぇって共感してくれる方いたら連絡下さい。お友達になりたいです。
a0266125_0465730.jpg

手摺は新しくてよかった、よかった。



夕鉄バスも凍えて走る、ドカ雪始め、早朝の大麻でした。
a0266125_0552649.jpg

最近、こっち方面に心惹かれる・・・。また行かなくちゃ。
ってなこと言ってるけどさ。もう1ヶ月きって、ブログなんて更新している場合じゃないのにねぇ(-"-)
おとなしくしつつ、近場をウロウロしています~。早く、春よこーい♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-20 23:50 | お出かけ先で | Trackback | Comments(6)

SHIZUKA

久しぶりに小樽に行ってきました♪ 総合博物館まで。
気温が上がり、足元はぐちゃぐちゃの小樽。こちらもお客さんもまばらで、じっくり展示も見られました(^^♪ 
ふんふん、テンダー車にタンク車ね~。キマロキね~。覚えたぞ。




いつもは、ちびっ子たちがウロウロしているしづか号も、今日はしずか(笑) 
あ、官営幌内鉄道にて活躍した蒸気機関車のこと。当時の姿に復元小樽に展示されてから今年で50年だって。
しづか号に連結された一等客車「い1号」でのんびりくつろぎました(*^^)v
a0266125_16191296.jpg



本来はSHIZUKAではなくSHIDZUKA(Dが入っている!)ではないかと検証している方のwebサイトをみつけました。ホントに詳しく調べている方がいるのですね・・・。
a0266125_14543787.jpg



久々の総合博物館、来るたびに新しいこと覚えられて、楽しいところ。また行かなきゃ♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-18 15:54 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(6)

大好き、コロンビア♪

結局ここだね、小樽でひといき入れるなら♪

a0266125_17362067.jpg


ゴージャス喫茶で、コロンビア(^^)v
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-16 17:33 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)

大好きシンサッポロ!

なんでもない、フツーの眺めだけれど、私にとっては心惹かれる一枚。
a0266125_14314077.jpg






照明の落とされた中で、お魚たちもぐっすり寝ているのだろうか・・・。中に入った事は一度もないのだけれど、夜の水族館を想い、外からこのタワーを眺めるのが大好きです。
a0266125_14331961.jpg



毎日の何気ない景色なのに、自分でもびっくりするほどに胸がときめくことあります。
安上がりで、お得な私。


駅馬車に乗って、恋泥棒に逢える街、新札幌(^^♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-15 14:39 | 日常 | Trackback | Comments(8)

タタミ アンド ザ チャブダイ

オトナは大事な話してるのだから、めぐちゃんはあっちで遊んできなさいねー。
a0266125_0184614.jpg



はーい。
返事は素直にするけれど、もちろん耳ダンボで、オトナたちの話を盗み聞き。
ふーん、そうか、そうなのかぁ~。 無邪気に布団の上なんかで遊んでるふりして、ぜーんぶ聞いちゃうような子供でした!
それにしても、このお布団、いいね。
きっと、ヒヤッとしてね、重たくて。この時期なら湯たんぽあれば、しのげるかな。 黒い襟の丹前とかね。


私の部屋も、和室です。畳のお部屋。和室なんていらないって人も多い世の中だけど、私は畳の上でゴロゴロするのが大好き!
a0266125_0261198.jpg






気が付くと、ダイニングの椅子でも正座しちゃうので、踝には座りダコが出来ちゃってます(-"-)
SEX AND THE CITY のキャリーは、マンハッタンのアパート、窓辺のテーブルでコラム書き上げてるけど、私はその日本版みたいなものね~。
今まさに、ちゃぶ台の上のノートパソコンに向かって、これ投稿してる~(*^^) 日本版というか、昭和版かな。
a0266125_0374851.jpg






私の書斎です。
a0266125_044465.jpg






さすがに、襖はシンプルなほうが落ち着きますけどね。コタツ、欲しいな~。
a0266125_0405969.jpg






a0266125_043962.jpg





すき間風がぴゅーぴゅー入っちゃいそうだけど、柔らかい西日は、平穏の象徴。これからやってくる厳冬の前に。
a0266125_0434483.jpg





実際は、こんな甘い考えじゃ暮らせないだろうけど、その厳しさ故に横道それず、ひたすら生きられた古の生活。
シンプルこそが、豊かなものかもしれません。憧れます。
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-13 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(4)

雪の下はっちゃん、聞いて!


かなーり降りました、札幌も。いやいやそんなもんじゃ積もったうちに入らないぞと、お叱りうけそうですが・・・。
メルヘン町のメルヘン公園、タコのはっちゃんの様子を見に行ったら・・・ヽ(^。^)ノ これ、先週末の写真です!

a0266125_2322572.jpg


今頃はどうなっていることだか・・・。すぐ隣にいるはずのブタの親子なんて、もうすっかり雪の下大根状態。きっとみずみずしく保存されている事でしょう。


楽しい事、悲しい事、いろんな話を聞いてくれるはっちゃんも、とうとう春までお別れだけど、私は今日少しだけ嬉しい事がありました。
少なからずや雪の影響で、残業を余儀なくされ自宅マンションへ戻って来ると、郵便受けの前で階下の奥さんも、同時に帰宅。
昨年春からこのマンションで暮らしているけれど、初めてお会いする方。お話すると、5年ほど前からこちらに住んでいらっしゃるとのこと。

私が引越して来た時には、同じフロアと上下の部屋の方にご挨拶に伺ったのですが、どの方もなんとなくぎこちない。
どうやら、引越の挨拶に伺ったのは私が初めてらしく!こんなことする人いないわよ~だって!え~、都会って寂し過ぎるよね~。
でも、震災直後だったあの頃、個人情報がどうのこうのは置いといて、何かあったら協力し合わなきゃならないご近所さんなのだからさと。
私はきちんと熨斗紙に名前を入れて菓子折りを渡し、尚且つ伺ったお宅のお名前を聞いて(表札なんて出さないから、賃貸は)書いたメモを引出に保管しました。
でも気が付くと、真下のお宅も、同じフロアの1軒も、知らない間にお引越し。そのメモ情報も更新出来ず。
みなさん共働きのご夫婦が多いらしく、なかなか顔を合わせる機会がない!それでも、朝夕顔を見る学生さんなどには、あいさつ運動を励行し、今に至りました。
今日初めてお会いして、立ち話も弾んだ奥さんは斜め下のお部屋の方、ご挨拶はしてなかった方でした。
たわいもないお話しか出来なかったけど、何か未曾有の事態が起こった時に、顔見知りが1人もいないようじゃ、心細いしね。
ほんの少しのコミュニケーションでも、この年の瀬に、すこしだけ心ホッとする都会の?エピソードでした♪

面倒だな~と思う事も多いご近所付き合い。でも、まったくないのも不用心。
いつか、人種年齢性別問わずのシェアハウスなんかに住んでみたいものだなぁと、思ったりします。
ほら、ロシアとかフランスで、若者と老人がシェアして暮らすアパート・・・とか聞いた事あるよ~。
楽しそう!
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-12 23:55 | 日常 | Trackback | Comments(5)