カテゴリ:鉄子への道( 186 )

江部乙駅、夜の部。

少し日が経ってしまったけれど、せっかくなので夜の江部乙駅も。


a0266125_057459.jpg



えべおつ温泉でゆったりゆっくり過ごして、外は寒いはずだけど体は温まったまま。
問合せをしたところ、列車は江部乙駅には乗れる列車は来ないらしいです。
それでもストーブがボーボー焚かれて暖かい駅舎です(^^♪
a0266125_105456.jpg




滝川駅までは駅ひとつなのだけど、諦めてバスで戻ることにしました。滝川からは列車も動き出しました。
a0266125_13228.jpg




夜の江部乙駅。
a0266125_134890.jpg




バス停まで歩くと5、6分でしょうか。ふらふらキャッキャッ言いながら国道に向かいます♪
途中、写真館みっけ。
a0266125_1132027.jpg



人も歩いていないバス停までの冬の目抜き通り。カメラを持ってまた湯上りに歩きたいな。
湯上りって、ほんとサイコーに気分いい♪♪♪


バス停からも、夜の部。
a0266125_1125459.jpg



a0266125_1141554.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-02-02 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)

江部乙駅、昼の部。

江部乙神社をお参りし、お友達をバス停で見送った後に娘と私はぶらぶら歩きながら江部乙駅に向かいました。
今日の最終目的はえべおつ温泉(^^♪
その前に・・・JRは動き出したかなー? 18時過ぎの函館本線乗って札幌帰るのですけど。

バス停から。
a0266125_1354737.jpg



昨年は3度えべおつ温泉に入りました。駅のすぐ前にある温泉です。
この周辺も歩いてみたかったのよね。新しい住宅の狭間の景色。雪多いねーなんて言ってたけど。
a0266125_1361718.jpg



こんにちわ~。
かわいい声で挨拶してくれたお婆ちゃん。手押しカートを押して、駅前まで来たら元の道を戻って行きました。
運動中なのね。正面が江部乙駅。
a0266125_1364090.jpg



りんご!
リサーチ不足。江部乙は林檎が採れるのですか?
a0266125_137199.jpg



儚げなひらがなで、えべおつ。
a0266125_1372784.jpg




a0266125_1375228.jpg




無人の駅なのに、ストーブが焚かれていて暖かい。どうやらJR止まったままみたい。
雪は降ったりやんだり。晴れ間もあったり。江部乙はこんなに穏やかなのにね。

1日散歩きっぷ持ってるから、堂々とホームに出ます♪
a0266125_1381244.jpg




気温はマイナス4℃くらい?
a0266125_1485192.jpg




a0266125_1494535.jpg


列車は来ないし体も冷えた。江部乙駅前、えべおつ温泉入って考えましょ♪♪♪
[PR]
by hokulele2 | 2015-01-21 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

月形駅で8時半!

新年頑張って早起きしました。1月3日のこと。
6時半の地下鉄乗ってプチ鉄旅。

札沼線(学園都市線)で初めて当別の先まで。
たった1両のワンマン列車に揺られて、雪景色のなかを終着駅まで向かいます。乗客は私たちを含めて4人。
すぐ近くを国道が通っているのに線路の上を走る列車からの景色は別世界。
鉄道は乗って楽しむのが一番好き。

石狩当別で列車乗り換え。ここからがワンマン1両、ゴーゴー列車。
気動車って言えばいいのかな。電化されていない列車。ディーゼルエンジンでゴーゴー言いながら走る列車。
子供の頃から列車と言えば電車。汽車っていうのがSL。それしか知らなかったです。
一度だけ、父方の祖父の葬儀のために乗ったディーゼルエンジンの列車。初めてで興奮してお菓子も食べ過ぎたりして思いっきり酔った覚えがあります。
きっと水戸駅から乗ったので水郡線かな。印象悪かった(-"-)
なんでこれゴーゴー言うの?って親に聞いた覚えがあります。だから気動車はゴーゴー列車。想い出の中ではゲーゲー列車(笑)

どこ駅だったかな、停車中にパチリ。3つくらい貨車駅が続くのです。
貨車を駅舎にするなんて!北海道に住むまで知らなかった。初めて出逢った貨車駅は宗谷本線の筬島駅でした。4年くらい前。
それにしても雪に埋もれています。中小屋駅とか本中小屋駅とか、駅名がマッチし過ぎです。
a0266125_1375752.jpg




石狩月形駅にて。上り列車の待ち合わせで20分ほどの停車でした。こんなに雪が吹き付けられて。
でもこれ後ろ側。前側より後ろ側のほうが雪がへばりつくのですねー。
a0266125_1574423.jpg




ここが温かく乗客を迎えてくれる駅舎。島式のホームから線路を渡って駅舎に行けるのです。でもどこもかしこも真っ白な地面で不安になり駅員さんに「ここ渡っていいとこですか?」って聞いちゃいました。

a0266125_204383.jpg


a0266125_251360.jpg



駅舎から列車に戻ろうとすると、駅員さんに静止させられました。
これから列車くるかんねー
手旗みたいの持ってたかな、駅員さん。
ここはねー、切符は二の次なん、と。
単線の区間でこの駅でしか上下線のすれ違いが出来ないのですね。秘境駅とは言えない駅だけど、ここもお一人で業務遂行なさってる感じでした。
あんたどっから来たのー?札幌です。なーんだ地元じゃないかぁ!
いやいや地元じゃないですから^^;車で来ればすぐでしょうけどね、なかなかの道のりですわ。
あれかい?豊ヶ岡駅なんかは行ったことあるかい?あそこによーこの間泊まったもんがおったよー。
この路線は1日3往復しか通らないのにねー。最終で降りた男子3名。
もう列車来ないよーと言ったのに。そしたら翌日の始発に乗り込んで来たわー(笑)
あそこはよー夏は蛇がうじゃうじゃ出るんよー。あそこの見回りはみんな嫌がるんよー。
へぇーそうなんですか!夏に行くときは気を付けます・・・。初冬の豊ヶ岡駅





a0266125_14072989.jpg






上り列車がやって来ました。上り下り仲良く並んで(^^♪
a0266125_14193252.jpg




この列車はここでしか走ってないとかカラーリングのこととかいろいろ聞いたと思うのですけど忘れちゃいました!
何より嬉しいのはまだ朝の8時半過ぎ。朝の弱い私はこんなことでもすんごく得した気分。3文以上の価値!
無事に上り列車とすれ違い、終着駅に着いて。
a0266125_2335787.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-01-15 23:55 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(4)

沼の底駅へ



a0266125_236053.jpg



札沼線、豊ヶ岡駅。周りを囲む林が余計に夜を深く見せてくれました。
まだまだ早い時間でしたが、日が落ちた後ひとりでここに来るのはさすがに心細い・・・
この日は頼もしいメンズ2名のお蔭で、ちょこっと寄り道出来ました(^^♪


a0266125_2362347.jpg





a0266125_2365253.jpg



千と千尋の神隠し。ゼニーバに会いに行くには電車で6つ目、沼の底駅。
6つ目だぞ、間違えるなよ。昔は戻りの電車があったが、今は行きっぱなしだ。
釜爺が言ってたなぁなんてこの時思ったけれど、釜爺だった文さんも行きっぱなしの電車乗っちゃったんだ。
夜の豊ヶ岡駅がまるであの沼の底駅みたいと思ったのは先月のこと。






[PR]
by hokulele2 | 2014-12-04 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

青森到着!謎の赤いほっぺと弘前モーニング(^^♪


青森到着、朝5時45分くらい。
お疲れ様でした!制服着て鞄持ってる人いたら撮ってしまう。この中にはまなすの運転手さんはいるのかしら。
青森まで連れてきてくれて、ありがとうございます(^^♪
a0266125_2252585.jpg






また来れた、青森駅。約1年ぶり。みんな窓から覗いているね。
a0266125_235076.jpg





これに乗ってきたんだよね(^^♪ 
赤い丸ふたつ。なんだかほっぺみたいで可愛いなー。ん?なんか変!他の車両と天井が違う!
a0266125_383937.jpg



他のと天井が違って赤いほっぺ。気になって、画像検索「急行はまなす 車両」
なかなか赤いほっぺの画像が見つかりません。やっと見つけてサイトに移動してみたら・・・「はまなすマヤ検つき! 」
何ですかっ?マヤ検って。あっ!そう言えば!!

札幌駅で、なんだろこれーと思って念のためにパチリしてありました。これかー(^^)
とっても重要な役目を果たしてるマヤ検!ニュースや本で読んだことある!
かつての保線作業員の検測に代わってこれが頑張っているんだな。でもマとヤの意味がわかりません(-"-)
a0266125_3191880.jpg






早朝の青森駅。ベイブリッジ。昨年は帰りのはまなすが運休になって慌てて特急に乗り込んだから駅の周りがどうなっているのかなんてわからなかったのです。
旅先ぐらいでしか早起きしない私。早朝散歩すると自分がきちんとした人になった気分です(笑)
a0266125_1310359.jpg





お、これは!
a0266125_1311634.jpg





青函連絡船。八甲田丸。どういう仕組みになっているのか、展望台のようなところに上がってみたのだけど
ピンと来ません。実際に運行しているのを利用したのも見たこともないからですね。
たくさんのドラマがあったであろう青函連絡船。
a0266125_13223278.jpg





ベイブリッジを歩いて渡り、早朝の青森駅近辺を散歩して、7時09分発奥羽本線快速に乗り弘前に向かいます。弘前到着は7時49分。
ここで川崎からサークルの合宿を兼ねて北上してきた娘と落ち合います。
喫茶トップで8時に待ち合わせねー。
私は旅先で喫茶に入るのが大好き。こっそりと、さりげなく地元の人に仲間入りするのです。
あら、見かけない人ね。どこから来たの?なんてお声がかかればしめたもん♪ 
今回は開店と同時に入店し地元民と化して、後から入って来る娘にむかってオハヨー!と言う・・・予定でしたが
2人とも同じこと考えていたー(爆)
小走りに店に向かう私と、同じく小走りで店に向かってくる赤いリュックの娘。店の前で鉢合わせ!お互いのこと指さしながら大笑い。
ギャハハ言いながら、トップに入ります。素敵なお店でした!ママがなんとも素敵な佇まいなんですね。次々と常連さんも集まって来ます。
みんなママのファンなんでしょう。お喋りに花が咲いているのですが、私にはフランス語に聞こえてしまう津軽弁。
札幌・・・記念・・・これだけ聞こえて、あぁ競馬の話しているんだなと理解。
モーニング、美味しかったな。サービスで桃を出してくれました。
a0266125_13485121.jpg



実は私の友人も昨日トップに行っています。
かつてあったJEANというジャズ喫茶の話に盛り上がったとか。旅先からのメールにて。美人ママがいるよーと紹介して良かった(^^)
2か月前の旅の記憶を辿って私はこの記事を投稿しているけれど、最後まで書き上げたらまた次の青森行の切符を予約してしまいそう・・・。
[PR]
by hokulele2 | 2014-10-13 13:47 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(10)

函館3時、プカプカタイム。

はまなすの夜。
やっぱり起きてしまいました、函館駅。
a0266125_23504044.jpg





雨が降っていました。
乗りさえすれば、あとは何をしていようが目的地まで連れて行ってくれる鉄道は、私の手を引いてどこかに連れて行ってくれる親のような存在。
女子と鉄道というエッセイを書いた酒井順子さんの言葉に共感!
私がぐーすか寝ている間、急行はまなすは真っ暗な鉄路を雨に打たれながら私を函館まで運んでくれたんだー
窓の外を眺めながらの鉄道旅ならばそうは思わないけれど。真夜中、目が覚めたら雨の函館。もーこんなに濡れちゃて。
a0266125_23524736.jpg





時間がなくて乗車前の一服もで出来なかったので、午前3時プカプカタイムです。 
函館駅で、スイッチバックします。
客車を牽引する機関車も函館から青森までは電化されているので青いディーゼル機関車から赤い電気機関車へバトンタッチってこと?
反対側に繋がるのかな・・・見てないから分からないけど。函館発車は3時22分。
a0266125_23532190.jpg




のびのびカーペットカー、初めて乗ったけど私は苦手かもー(>_<)
フェリーの2等船室もたくさん乗ったことあるし、枕が変わっても、車中泊もキャンプもダンプのベッドも
きっと野宿も平気な私だけど、のびのびカーペットはダメだった!
北斗星に昔乗ったことあるけど、あれはデュエットっていう個室の2階だった。だから平気だったのかな。
うー、もちろん超寝不足で青森に向かいます・・・。
[PR]
by hokulele2 | 2014-10-06 23:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(2)

ギリギリはまなす、10分前!

ひと月前のこと。

地下鉄大通駅、21時40分。南北線を待っているのだけど、遅れてる。地下鉄が遅れるって滅多にないこと。
ホーム柵があるから人身事故もほとんどないし・・・。

私は22時札幌発の青森行急行はまなすに乗るのです。
よせばいいのにちょいと残業をし、急いで帰宅して部屋の掃除(旅の直前には必ず掃除します)。荷造り(前の晩のうちにしていたことはカメラのバッテリー充電だけ)。シャワーを浴びたらとんでもない時間。あー入線は諦めよう。でも地下鉄乗っちゃえば大丈夫!のはずが・・・。「南北線麻生行は真駒内駅で清掃作業に手間取ってるから遅れてまーす」的なアナウンス!誰だよ、ゲ〇吐いたのー!チカホを走るか本気で迷ったところでなんとか列車がやってきました。

人波かき分けて走ってJR札幌駅に到着。はなます発車10分前。5番線へ急げ!
a0266125_1102765.jpg




シャワー浴びてきたのに、もう汗だくです。お茶も買ってないのに、写真は撮ってます(^^ゞ
a0266125_1133478.jpg




あと9分もあれば余裕~♪ これにまた乗ったんですよー(^^♪♪
a0266125_1171326.jpg




今回はのびのびカーペットカーです。フェリーの2等船室に上半身分だけカーテンの仕切りがある感じです。
a0266125_1251242.jpg




発車4分前。安全運転よろしくお願いしまーす。
a0266125_129986.jpg




ディーゼル機関車の前には三脚とか立てて撮り鉄たちが立ちはだかっています。おい、撮り鉄野郎!私はもう乗んなきゃならないんだから私にもヘッドマーク撮らせろ!って心の中で呟きながら前に出てパチリ。カメラ片手にホームを小走りしてる私こそ、しっかり撮り鉄オバサンだよなー(笑)
a0266125_135131.jpg




ひと月前のことでした。
上京して川崎に住んでいる娘が夏休みの東北合宿で青森入りするとのこと。めぐみさんも来ないー?との誘いを受けて、今年も北海道&東日本パスを利用してのみちのく旅です(^^♪

のびのびカーペットカーにはカバーのかかった毛布と枕が用意されていました。隣の席のおばさんははまなす馴れしているようで、発車と同時にアイマスクして眠ってしまいました。私はワクワクしてすぐになんか眠れない。おトイレとか洗面所とか点検してまわったあと、毛布を敷布にし持参したバスタオルをお腹に掛けて眠ります。

函館なんかで起きないぞー


つづく。
[PR]
by hokulele2 | 2014-09-24 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(4)

紙袋の夜、番外編。


楽しかったね、紙袋・・・。うん、来年も来ようね、絶対だよ。
a0266125_16195662.jpg





夜のこの子たち。良く考えたら、このカラフルベンチ何度も写真に撮っているのに座ったことないんだなー。
a0266125_16213733.jpg






今夜は赤い電車には乗らないの。
a0266125_1632331.jpg






a0266125_16325695.jpg






a0266125_16331687.jpg






本日も、JR北海道をご利用くださいましてありがとうございます。この列車は、めぐんこさんを乗せ、隣町までまいります(*^^)v
a0266125_16333855.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-03-08 16:25 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(7)

銭函駅発、北斗星。

職場が変わったり馴染んだ町とのお別れがあったりと、いろんな変化があった今月。
とは言っても、2014年の2月はもう二度とやって来ないわけだし、四六時中おセンチな気分でいられるもんじゃないのです!
なんだかんだ言って、毎週末のようにこの冬を楽しんでいます(*^^)v 
ここ数日は気温もグッと上がり、とは言っても梅の花が咲くわけでもなく。
せいぜい路肩の雪が少しづつ融けて茶色い水溜まりが出来たり、中途半端に融けた雪がまた凍り氷の上に片栗粉をまぶしたような、
恐ろしくデンジャラスな歩道が出来上がったりしただけです。
毎日目にする真っ白な世界に変化が訪れることをすっかり忘れかけた頃に思うこと。こんな季節のわずかな変化に
喜びよりも、私は戸惑いのほうが先に感じてしまいます。やっと慣れて来たのに、またお別れなのね・・・。そんな感じ。
まぁ、どうせまた寒さはぶり返すだろうし、雪もまだまだ降るでしょうけど。
昨日、職場の2階の窓を全開にして男の人達が庇に積もった雪を下ろしていました。
その光景を見てなんとなく嬉しい気分になったのが、私の今年初めて春を待つささやかな期待感。
それほど寒くない外気とやわらかい西陽に。



小樽雪あかりの路。今年はここで大満足。
a0266125_0151357.jpg





a0266125_0152543.jpg





そうそう、ここも小樽市
a0266125_0153623.jpg





銭函駅。
a0266125_0154399.jpg





1番線の向こうは何番線かな。青い列車が。
a0266125_0183867.jpg





北斗星でした。これ、駅の裏っ側にまわってモリモリ雪山よじ登って(^_^;)
a0266125_018468.jpg




ブルートレイン。なんだか改めてこう呼んでみると、素敵な響きです。
私、テキトー鉄子なんで詳しいことは分からないのですけど、寝台特急、寝台急行をそう呼ぶのかな。
北斗星は上野駅-札幌駅間を運行します。10年くらい前に1度だけ乗った事あります。
とても楽しい旅でした。2人用個室でJR柄の浴衣を着て(笑)食堂車のお料理も美味しかったと記憶してます。
そんな北斗星もあと2年くらい?北海道新幹線の開業に合わせて廃止されてしまうのだそうです。残念です。
ライトがろうそくの灯り(^^♪
a0266125_0421686.jpg





札幌駅ー函館駅までこのDD51・・・が牽引してくれます。客車の部分は本当に中に入れました!
a0266125_1454164.jpg





時計は本物だけど、止まっていました。
a0266125_1341462.jpg




裏っ側。ホウキも収納。
a0266125_10885.jpg





a0266125_103640.jpg






a0266125_104938.jpg





来年はなんの列車がこの特設ホームに出現するのかな。楽しみです♪
a0266125_105761.jpg


あ、この夜は思いがけず会いたかった人と偶然の再会あり(^v^) ちょこっと夕方からの雪あかり、行って良かった♪
[PR]
by hokulele2 | 2014-02-26 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(10)

人造石油とだるまちゃんに出逢った日☆赤電乗って滝川に

年末のことですが・・・
滝川に行ってきました。最近はバスを使って行く事もありますが、今回はまたJRで。
何度か降り立っているこの駅。大好きです。また同じような写真を撮って(^^ゞ
a0266125_142870.jpg





a0266125_143614.jpg





この日はお友達と落ち合い、帰省中の娘も興味津々の企画展「滝川人造石油物語」を見に。
とても見応えのある展示でした。人造石油なんて言葉すら知らなかったものですから。
軍需工場として石炭から石油を作る巨大な化学工場でしたが、終戦後も形を変え操業を続けたそうです。
私は理系の話はちょっと苦手なんですが・・・とても高い技術で油を作っていたのですね。
北海道人造石油株式会社から滝川化学工業株式会社に形を変えた期間を含めても操業は13年間でしょうか。
それを蜃気楼と語った方の言葉がとても印象的でした。
巨大な設備はほとんど解体されてしまったようで、その敷地は陸上自衛隊の駐屯地となり、わずかに残った
施設のひとつ研究所は本部隊舎として活用されているそうです。
企画展「滝川人造石油物語」は滝川美術自然史館にて26日まで。昨年春、これらの資料が化学遺産に認定されています。

滝川美術自然史館にはロビーに子供向けの書籍コーナーがあってとても可愛い絵本を見つけました。
だるまちゃんシリーズ! 欲しいー(>_<)


お友達との甘いものタイム(^^♪ 娘っ子と3人で。いつも楽しい時間をありがとう!
a0266125_145777.jpg




JRのお得なキップ、鈍行だけ乗り放題の一日散歩きっぷでのんびりやって来た私たち。
この一日散歩きっぷはもちろん滝川も利用可能エリア。なのに、ここ滝川では購入することが出来ないのだって!
一番線の列車に乗り込んで写真を撮ってるのは何故?
a0266125_15591.jpg





またねー!
a0266125_151116.jpg





私のお気に入り、2連カラフルベンチ♪ お、赤い列車が!
a0266125_151890.jpg




これに乗らないと!
a0266125_152369.jpg




急げ、急げ!また来るよ、滝川。次は来月。紙袋持って行くさ(*^^)v
(なーんかピッカピカの列車に見えるのに・・・)
a0266125_153455.jpg




おまけ。あれからたくさん雪降りましたねー。本当に、頑張って、頑張ってよ、JR北海道!
a0266125_154011.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-01-22 06:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(10)