カテゴリ:日常( 111 )

夜長



a0266125_00345817.jpg



夏に訪れた、ここもいい駅だったんですー♪
やっぱり忙しかった9月も今日で終わり。今年もあと3か月ですか?



  電灯の紐に紐足す夜長かな

喜多杜子さんって方の句。私もお布団入りながら夏に撮った写真を見たり、さて今度はどこ方面に出掛けようかなぁ
なんて考えてたりするうちにうとうと…。
灯り消さなきゃ…眠くて手を伸ばせない…この感じがすごく心地いい。
あの寝苦しかった夏の夜が嘘みたい。秋の夜長ってまさにこの時期。
ものすごく疲れているはずなのに。帰り道の夜風が涼しいから寒いに変わる時期、間もなくシチューの日もやって来るでしょう♪
さぁ、あと1日がんばっぺ!










[PR]
by hokulele2 | 2016-09-30 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(2)

お2人さん♪




a0266125_01182037.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2016-09-26 00:01 | 日常 | Trackback | Comments(2)

緑の温泉

a0266125_00571373.jpg

バスクリン入れたみたいな緑のお湯。まるで潜望鏡のようなパイプからドバドバ噴き出して。
それはトロトロでほんのり油の香り。交ざって硫黄の香り?
しかもアワアワ・・・。
お風呂に浸かる、ありがたく幸せなこと。


風呂上り、ロビーのTVでは千昌夫が北国の春を歌っていました。








[PR]
by hokulele2 | 2016-04-19 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

おめでとう!



写真は卒園式の名残りですが、そろそろ入学式、入園式。サブバッグや給食袋にアップリケ付けたり、懐かしいなぁー



a0266125_02331993.jpg





[PR]
by hokulele2 | 2016-04-04 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(2)

1980年、10歳に帰る道。

a0266125_01101239.jpg




駅舎とお菓子屋さんの間を抜ける道。
誰かに連れて行ってもらうのではなく、自分の力で遠くへ行く喜びを教えてくれた場所。

変わってない!感激して涙ちょちょぎれましたー






[PR]
by hokulele2 | 2016-03-06 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(2)

お雛様

a0266125_00172581.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2016-03-03 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

珈琲


信じられないけれど、数年前まで珈琲はほとんど飲まない私でした。
そんな私が珈琲大好きになったきっかけのお店。

え?あなたも、君も知ってるの?あんたもぉ?えー、学生時代から、通ってるって?
私なんかほんの数年。時々ふら~っと立ち寄っただけ。
たくさんのファンがいた愛され喫茶だったのね。 

マスターお疲れ様でした。



a0266125_00365306.jpg




[PR]
by hokulele2 | 2016-03-01 23:50 | 日常 | Trackback | Comments(2)

午前4時22分と11時49分

北海道の冬から逃げるように実家に帰った日。たらふく夕食を食べた後はソファーで居眠り。気がつけば午前4時^^;(実家でもやってる)

3階のバルコニーに出てみる。この時間、若い頃からこんな風に夜明け前の景色を眺める事が多かった。だいたいは夜明かしの果て。
この空気、静けさ、帰って来たなーとしみじみ。
a0266125_01250765.jpg




もちろん二度寝して、起きたら…。朝ごはん?食べてまたバルコニーから。

a0266125_01242819.jpg

なんでもない景色だけど、私にとってはしみじみ…。







[PR]
by hokulele2 | 2016-02-22 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(2)

帰省

驚きました、この光景。自分が子供の頃と何も変わらない。建物も子供らのやってることも。
どこから運んできたのか、小さなちゃぶ台と箪笥の引き出し(底抜け)。

a0266125_01065962.jpg




a0266125_01072306.jpg




a0266125_01073645.jpg




a0266125_01074770.jpg






[PR]
by hokulele2 | 2016-02-21 23:50 | 日常 | Trackback | Comments(2)

炎の匂い





線路の向こうは原野が続いてるような

a0266125_13035864.jpg




線路のこっちは営みが感じられて

a0266125_13041998.jpg




ろうそくの炎が美しいってことは知っていたの。でも炎を吹き消した後の匂いも素晴らしいってことに気付いたの。


ある映画の冒頭で少女が母親宛の手紙に綴った言葉です。
わかるなぁ
そんなふうに本当の美しさや優しさを知ってもらいたいし、愛おしむ事を覚えていってほしいなと思う。
もちろん母もそんなふうに生きていきたいなーと思う(^^♪

2016年も素晴らしい出逢いがありますように☆もう半月過ぎちゃうけどー





[PR]
by hokulele2 | 2016-01-12 23:50 | 日常 | Trackback | Comments(0)