カテゴリ:昭和ラブ( 37 )

ひと月前の散歩道、その2☆古アパートと単車と

散歩のつづき(^^♪

もうたまりません!! こんな感じ、私が子供の頃のまま。古めのアパートの前には単車がつきものなのです。
太陽にほえろ!で聞き込みにまわるような物件、頭にカーラー寝間着姿の姐さんや、訳ありの中年男なんかが住んでます(笑)
私が幼き頃にキュンキュンしたのは、世良正則の若い頃やエレカシの宮本君みたいなオニイサンが、トントントントンと
外階段を下りてきて、単車に乗りこむ姿。窓にはだらしなくぶら下がったカーテンや洗濯物のピンチ。
オトコ臭さに萌えていた、早熟なめぐんこ少女でありましたヽ(^。^)ノ
a0266125_18385830.jpg





毎日見ていると気にもならないのですが、離れて暮らしてみるとこんな不思議な光景。
なぜか南国ちっくな植物がよく目に入ります。
a0266125_1841650.jpg






孟宗竹という言葉は、北海道に来てから知りました。竹はこれしかないものだと思っていたから。
北海道のタケノコは、始めてみた時ヤングコーンかと(笑) とっても貴重で美味しいのですけど。
ここは由緒あるお寺。子供の頃は、よく遠征に来てました。
a0266125_18442062.jpg





この木は大イチョウ。乳を出す木として大昔から女性があやかりにきたそうです。
奈良時代からあるお寺だなんて、まったく考えもしないでフツーに遊んでいました。
このニャンコも素早かった!一瞬カメラを下に向けた隙に、びゅーんっと走り去って行っちゃった!
a0266125_18532135.jpg





冬の夕刻、鼻の頭がチーンと冷たくなって来た頃、テンションも下がり始めた私たちは、どうする~?帰る~?なんて
膝を抱えて言い合った感じ、思い出します。たしか、きょう子ちゃんやカツエちゃんと。
二人とも同じ姓で背も高く、私だけがちんちくりんで、二人といるといつも引け目を感じていました(笑)
ちんちくりんな感じは、今も変わりません(-"-)
a0266125_19491022.jpg





アキラ君、忘れ物ですよ(^o^)丿
みんなとふざけ合っていて、つい足の骨を折ってしまったよね。アキラ君、運動会にも出れなくなって、私たちは反省文を書かされました。
ごめんね~。足も速くてカッコよかったのに。
アキラ君のお母さん、反省文を持って行った私たちにお菓子を配ってくれて。素敵なママだった!
a0266125_19543670.jpg



きっとそんな話は知らないよ~と母は言うでしょう。怒られたら嫌だから、内緒にしていたかも。
昔は、トラブルも子供と先生だけで済ませた事が多かったです。理不尽な事も、内緒のドキドキも、そんな中で覚えて行きました。
親が学校を先生を信用し、教師はその委ねられた責任を自覚し、PもTも見えない結束で子供たちを育んでいた、そんな時代の終わり頃。
[PR]
by hokulele2 | 2013-03-24 20:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(6)

妹のピアノ

川崎の方で、思い出ある昭和邸宅が間もなく取り壊されると聞いて、慌てて訪問してきました。



玄関には、可愛いお花が飾ってあります。ここを訪れる度にささやかなお花が私を迎えてくれるけど、いつも飾ってあるのかな。
それとも私が訪ねるために、飾っておいてくれているのかな。
a0266125_21565580.jpg





このお宅の、私のお気に入りの場所を何枚か記念に撮ってきました。
2階のベランダへは、一歩足を上げて出なくてはなりません。陽当たりがよくて、静かで、気持ちいい場所。
a0266125_2159237.jpg




この邸宅の、目玉です(^^♪ 大浴場の小さなタイル(笑) 三保の松原でしょうか。
a0266125_224744.jpg




今では貴重な模様入りガラス。このお宅では何種類か見られます。
朝寝坊して、お日様がうんと高い位置にある頃、雨戸を開けるのが恥ずかしかったものです。
a0266125_2291788.jpg





番犬セバスチャン。番犬なのに、居間で徹子の部屋を観ています。この徹子、40歳!私より年下・・・。
a0266125_22133665.jpg




狭小庭の一番奥には山茶花の木。こんなに大きな木だったろうか。
10数年前、北海道へ引越す間際になって、飼っていたインコのピッピが亡くなり、こちらの木の元に埋めてもらいました。
と、思っていたら、埋めたのはこの手前の梅の木の元だったとか…、どっちだか分からなくなってしまった(-"-)
a0266125_2220093.jpg




母が毎日磨き上げていた床。裸足で歩いても、いつでも気持ち良く、これは働き者の母のお蔭。
a0266125_22225419.jpg




妹のピアノ。私はピアノを習わなかったし弾けないけれど、妹がポロンポロンと上手にこのピアノを弾くと、なんだか鼻が高かった。
a0266125_22262238.jpg



自慢の妹。
勉強も出来て、スポーツも出来る、歌は上手かどうかわかんないけど、可愛いし、パワフル!
もう何年も前の事、一緒に千歳のJALマラソンに出たことがありました。私と娘と妹と母と。
娘と私と母は3km、妹は10km。
学校のマラソン大会では、いっつも1等賞を獲って来た妹。この日は、マラソン大会初参加の母も頑張りました。
先にゴールしていた私たちの元へ、やっぱり素晴らしいタイムで戻って来てくれた妹。やっぱりスゲーって誇らしかったです。
11歳も年の離れた妹を、私が高校生の頃連れて歩くと、若いお母さんね~と言われたことも何回かあります。
ふたりでディズニーランドへ行った時のこと、たぶん妹は3歳くらい。私は高校生かな。妹を自分一人で喜ばせてあげたくて、一生懸命に盛り上げました。
なのに、お昼を食べたあとぐらいから「おうちに帰りたい・・・」と言われてしまった。無念!お姉ちゃんの力はここまでか~と、ションボリした記憶があります(笑)

そんな妹も、すっかり大人になって、誇らしいだけでなく、頼もしい!
私が妹に勝てることってあるかなぁ、熟女の色気ぐらいかな(笑) あとひとつ、絵心。絵は描けないって言ってるから
さりげなく、メモ用紙に私の自慢の絵を描いて、これ見よがしにちゃぶ台の上に置いてみた。
何故かキャンディキャンディ風の女の子の絵ヽ(^。^)ノ


間もなく昭和邸宅は取り壊され、新しい立派な邸宅へと生まれ変わります。
ピアノもアップライトから電子ピアノへ変わります。
[PR]
by hokulele2 | 2013-03-02 23:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(12)

おおあさダンチコレクション

a0266125_102328.jpg


団地マニアとは言えない私ですけど、とにかく団地はスキ!だから、大麻の町を歩いてみたかったのです。
道内最古、日本でも最古のニュータウンのひとつとも言える大麻。ニュータウン=住んでる人はニューではないのは、日本全国どこも同じでしょう。
私もかつてビッグ団地に住んでいたから、すんごく良くわかる!
団地暮らしって掃除当番やら草むしりの日とか、結構面倒なことも多いけど、今民間のマンションに住んでみて
あ~、団地ってしっかりご近所さん付き合い出来てて良かったな~、って思うことしばしです。
たまに孤独死のニュースなんかを見ると、すごく残念。


キノコハウスって言うのは、どこかの団地マニアの方がつけてたネーミングだったと思います。
実際に見てみたら、納得。ほんとにキノコみたいでした。さすが!
a0266125_0152923.jpg




可愛くって・・・
a0266125_1312491.jpg




可愛くって・・・
a0266125_131413.jpg




もうあっちからもこっちからも撮りました!
a0266125_0171324.jpg

もっといろんな所から撮りたかったけど、なんせ雪山が邪魔で。


「大麻不審者散歩」なんてふざけてますね!ほんとに大麻の人に怒られちゃう(-"-)
だから、「おおあさダンチコレクション!」
とってもキレイで、可愛くて、すごく素敵な団地でした(^^♪




爽やか!
a0266125_0305057.jpg




爽やか!
a0266125_031412.jpg




すんごく爽やか!
a0266125_0313715.jpg



まだほんのさわりしか歩いていないと思うから、今度は春先。公園にブランコが戻って来るころ、も一度訪れてみたいと思います。

a0266125_1453777.jpg

ダンチ☆バンザイ!
[PR]
by hokulele2 | 2013-01-15 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(10)

タタミ アンド ザ チャブダイ

オトナは大事な話してるのだから、めぐちゃんはあっちで遊んできなさいねー。
a0266125_0184614.jpg



はーい。
返事は素直にするけれど、もちろん耳ダンボで、オトナたちの話を盗み聞き。
ふーん、そうか、そうなのかぁ~。 無邪気に布団の上なんかで遊んでるふりして、ぜーんぶ聞いちゃうような子供でした!
それにしても、このお布団、いいね。
きっと、ヒヤッとしてね、重たくて。この時期なら湯たんぽあれば、しのげるかな。 黒い襟の丹前とかね。


私の部屋も、和室です。畳のお部屋。和室なんていらないって人も多い世の中だけど、私は畳の上でゴロゴロするのが大好き!
a0266125_0261198.jpg






気が付くと、ダイニングの椅子でも正座しちゃうので、踝には座りダコが出来ちゃってます(-"-)
SEX AND THE CITY のキャリーは、マンハッタンのアパート、窓辺のテーブルでコラム書き上げてるけど、私はその日本版みたいなものね~。
今まさに、ちゃぶ台の上のノートパソコンに向かって、これ投稿してる~(*^^) 日本版というか、昭和版かな。
a0266125_0374851.jpg






私の書斎です。
a0266125_044465.jpg






さすがに、襖はシンプルなほうが落ち着きますけどね。コタツ、欲しいな~。
a0266125_0405969.jpg






a0266125_043962.jpg





すき間風がぴゅーぴゅー入っちゃいそうだけど、柔らかい西日は、平穏の象徴。これからやってくる厳冬の前に。
a0266125_0434483.jpg





実際は、こんな甘い考えじゃ暮らせないだろうけど、その厳しさ故に横道それず、ひたすら生きられた古の生活。
シンプルこそが、豊かなものかもしれません。憧れます。
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-13 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(4)

中島廉売に行きなさい☆天の声を頼りに♪

まだまだ函館土産写真がたくさん(*^^)v 想い出貼りつけ中~♪

どこ行こうかなぁ~と考えていると・・・
a0266125_1142685.jpg

中島廉売に行ったらいいよ。日曜日はお休みだけどね。雰囲気だけでも味わっておいで。
ドラえもんが、私に指令を出してきました!旅先では素直になりますね。うん、行ってみる♪



市電1日乗車券600円は、すでに購入済みだもん。
函館市電には「イカすカード」というナイスなプリペイドがありますが、これは札幌でいうウィズユーカードみたいなもの。思わず欲しくなっちゃうネーミングだけど。

はい、ボタン押しますよ。堀川町。すぐそこ、函館市民の台所。中島廉売☆
a0266125_1233754.jpg






いい予感がする♪ こんな小路がお出迎えしてくれたら、ワクワクしちゃうよ。
a0266125_1265164.jpg






あ~、ほんとにお休みですわ。でも、この感じもいいですね。
a0266125_129844.jpg





市場の色味を探して歩いてみたら、カラフルたくさん見つけました(^^♪
a0266125_131787.jpg





a0266125_1313989.jpg





a0266125_131323.jpg

ぜんぶお休み~!




リヤカー。街中ではあまり見かけなくなって久しいけど。
昔々、船の火事で足が不自由になった漁師の亀太郎じいちゃんを乗せて、床屋さんまで運んだことあります(笑)
やっぱ、古の人間の部類ですね~、こういう想い出があるなんて。
a0266125_136289.jpg






帰り道、胸がキュンキュンなる場所を見つけました。この日陰にいる間は、まるで小学生の自分に戻った感覚。
a0266125_1385011.jpg



お休みでも、来てよかった中島廉売。でも今度は、お店開いてる時に来なくては!
[PR]
by hokulele2 | 2012-11-15 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(6)

上京物語☆赤灯台の妄想昭和ストーリー



俺、東京に行こうと思ってるんだ。


なんだよ、スカイツリーか?


違う、東京で仕事しようと思ってるんだ


なんだよ、つてでもあるのかよ


いや、知り合いもいない。ただ東京の街で、俺ってやつを試してみたいんだ


まぢかよ!? めぐみはどうすんだよ!その事、話したのかよ!


いや、まだだ。アイツには幸せになって欲しいんだ。俺の事は忘れて欲しい・・・。



           


遠くから、港風に乗って若者二人の会話が聞こえてきました。
思わずカメラを向けると、赤灯台の下、微妙な距離を置いて、深刻そうに話す少年2人。

a0266125_19365354.jpg

修二のバカ!
誰があんたの事忘れるもんですか。待ってる。いつか迎えに来るのを、私待ってるから!


(笑)



[PR]
by hokulele2 | 2012-11-12 19:57 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(4)

港町、ボンのいた店へ

週末は、のんびり近場で過ごすはずでした。
しかし何が私をそうさせたのか、何の虫が私の中で騒ぎ始めたのか・・・。気が付くと、夜行バスに飛び乗り、函館へ。
(本当にそんな感じでした。急に思い立って。残り1席を発車1時間前に購入)


もちろん地図もガイドブックも持たないし。スマホはバッテリーなくなっちゃうから、使うのは最小限。
決めていたのは、市電の1日乗車券買って、乗りまくっちゃうぞ!と、阿佐利のコロッケ買うこと。あと、やっぱりニャンコ。

それから・・・居心地の良いお店を見つけること。

情報源はいろいろあるのですけどね、さらに自分が鼻を利かせて、ピンと来なければ絶対に入らない。
昭和喫茶が大好きだから、あちこち巡った好きな町にそれぞれ好きなお店を決めています。
ピークハンターみたいな行動は、私の趣味ではありません。かわいくない性格だけど。
そして、まずほとんど店内では写真は撮りません。ブログに残してある店は、本当に特別に気に入ったお店のみ。想い出忘備録ですから(^^♪



そして、函館の町では最強のお店に出逢いました。
a0266125_13740.jpg






日曜日3時過ぎに入って、ヨシ!って思えるお店は、ご近所さんの常連さんが数人、テレビで競馬を見ている、そんな光景が待っているところ。
もちろん、このお店でも。
だいたい、私もカメラ持って町歩き、そろそろコーヒー飲みたいなって時間がこの頃なんだよね。
a0266125_134939.jpg





このお店のすべてが愛おしいです。ひと目惚れってやつですか。
この類のお店は男性の顔をしたお店と女性の顔を持ったお店があるけれど、こちらは男前なお店。
マスターは、愛想ふりまくようなタイプじゃありません。それがまた、私は惹かれちゃうんですね。余計に迫りたくなる。
a0266125_134863.jpg





4年前に天国へ旅立った、黒猫ボン。18年生きた長生きさんね。
ちょうどお盆の8月15日に生後3か月くらいでこちらに現れたらしいのです。だから、ボン。
この時だけは、マスターも笑顔で話してくれました。キュン♪ (←胸のときめきを表す昭和の擬音語です)
a0266125_142236.jpg





店名は出しません。きっとどこかで紹介されているはずだけど。
函館、松風町。70年以上の歴史を持ち、寡黙な2代目マスター。冷えた身体を芯から温めてくれるコーヒーを出してくれるお店。
スプーンの上に角砂糖ひとつ。また必ず行く。
a0266125_143514.jpg



☆妹が、この記事読みませんように!お母さんに言いつけないでね~。またお姉ちゃん、フラフラしてるよ~って。
[PR]
by hokulele2 | 2012-11-05 23:55 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(8)

旅館だった!? 末次商会☆望郷編

あのチャタレイ夫人の恋人を訳して、裁判にかけられた伊藤整さん。
こんな素敵な詩も書いているのですね。こんなに澄み切った空の下でさえ、切なくも望郷を感じます。
a0266125_053585.jpg






そんなセンチメンタルな気持ちはすぐ消え、五月晴れのとある秋の日、向かったのはここ。
a0266125_056662.jpg






じゃなくて、お隣の末次商会さん。函館本線小沢駅すぐそば。そう、トンネル餅買いに行ったのね~(^^♪
a0266125_058499.jpg






こちらの店舗で直接買ったのは、4回目くらい?この日は初めてお目にかかる3代目?の方からお話聞かせて頂きました(*^^)v
a0266125_0595550.jpg






こちらの方、筋金入りの鉄さん。店内に飾ってあるSLの写真を撮ったのも、この方。シビレる~♪ でもそっち方面のお話は、同行者の友人にお任せして・・・
私が気になったのはこれ!
a0266125_132124.jpg

ちょっと!寅さんじゃないですか!? しかも末次旅館って・・・。
自慢じゃないけど、私は映画「男はつらいよ」は全作観ているのですよ!寅さんは人生の師匠なんだから笑



お話聞いたところ、これは昭和45年封切の「男はつらいよ☆望郷編」だそうで、この末次商店さんを旅館に見立ててロケをなさったそうな♪
そっか~、第5作。また観なくっちゃ!お、昭和45年と言えば、私の生まれ年☆
しかも調べてみたら、札幌の病院に入院した親分を見舞いに寅と舎弟が北海道にやってきて、機関士である親分の息子を追って、この小沢に辿り着く、そんな内容らしいです。
も~、私はすっかり忘れてる。小樽を発ったD51を、タクシーで小沢まで追いかけるって・・・想像しただけで笑えるし、D51の走る姿も見てみたい!



これは2代目のトンネル餅の包装紙。トンネルふたつ♪♪ 
a0266125_1151023.jpg



こっちは、現在の。トンネルひとつ♪ TONNERU MOCHI☆ 中身は写真撮る前に食べちゃった(^・^)
a0266125_1463050.jpg

寅さんもトンネル餅食べたのね~(T_T)感激。




小沢駅は、私が初めて一日散歩きっぷで日帰り鉄道さんぽをした想い出の駅。
跨線橋はSL時代のままで残っているし、とーっても味わい深い「よい旅を」の雷電海岸の絵が飾られています。
今回は車だったけど、また鉄道できたいな。写真ももっと撮りたいし!



   俺は旅人だからな、風の吹くまま気の向くまま。歩きながら考えるさ。


買っちゃった・・・ヽ(^o^)丿 
a0266125_1303622.jpg




私は二十歳そこそこにして寅さんを全作制覇しました!暴走族みたいにうるさいスーパートラップのマフラーつけた単車に乗り、ロン毛のヘビメタ兄さんがバイトしていたレンタルビデオ屋さんに通い詰めて見きったのです。
とんでもなく、オモロイ光景が繰り広げられていたあの時代。最近、そんな昔のことばかり思い出すのは年のせいでしょうかぁ(笑)
寅さんファンの人いたら、お友達になって下さい♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-10-22 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(8)

追悼エマニエル夫人☆SAKAワールドその3 

とても悲しいニュースが飛び込んできました。
あのエマニエル夫人を演じた女優のシルビア・クリステルさんが亡くなられたのです。
哀悼の意を込めて、SAKA記事を・・・。
a0266125_22153157.jpg



「エマニエル夫人」は1974年に公開された官能映画。私はだいーぶ後になってこの映画を観ましたけど、あのエマニエルチェアー、欲しくなった覚えが(笑)
シルビアさんは、その後「続・エマニエル夫人」、「エマニュエル」(←どう違うの?)、そして「チャタレイ夫人の恋人」などの映画に主演したらしいです。
チャタレイ夫人の恋人と言えば、小樽の塩谷が生んだ詩人伊藤整さんが日本語に訳し、わいせつ物頒布罪に問われたあのチャタレー事件の元の原作ですわ。
小樽冬の一大イベント「雪あかりの路」の由来となったのは伊藤整さんの詩集「雪明かりの路」です。
こう無理やり書き連ねてみると、エマニエル夫人と小樽が繋がっているようで、不思議。




こちらもSAKAで出逢った、ピンときたもの。ボンバイエ!ルチャマスクです。
ルチャマスクとはルチャリブレと呼ばれるメキシコプロレスに用いられる布製の覆面です(^^♪ あーんSAKAマークが。
a0266125_22153589.jpg




このSAKAマスク(リングネームは未確認!)を作られたのは札幌生まれのルチャマスク作家の熊谷大介さん。
是非、お逢いしてみたい!
彼の作品に初めて出会ったのは今年の夏。  北海道ツラの皮 私はレイ大倉山が一番好き♪



ここにもいた!これ被ってるの、由美かおるっぽくないですかぁ? ピンクの唇が色っぽい。お銀・・・。
a0266125_2216670.jpg





こっちのは、おでこに坂ビスケット!でしょ? めっちゃ可愛い♪ 私もこれ欲しくなった。
a0266125_2216349.jpg





こっちにも・・・って、すんげーびっくりしたよ。日本髪のスタッフさんかと^m^
a0266125_22163398.jpg






a0266125_22164451.jpg






こちらの方々は、みなさんアサッテの方向みつめているようです。
a0266125_22171319.jpg







a0266125_22172274.jpg







a0266125_22175966.jpg







ねぇ、エマニエル。
満たされるってそう心地よいことじゃないのかもよ。いくら満たされたって、いつかは新たな渇きを覚える。
だから、完璧には満足出来ないくらいのほうが、本当の意味で満たされる。
私は14番目の月がいちばん好きさ(*^^)v
a0266125_23304120.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-10-18 23:35 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(9)

私の胸キュンここにあり(笑)☆SAKAワールド その2

なにも語る事はありません!ただただ、私の胸がキュンキュンいったモノたちを載せるだけ。


a0266125_1562327.jpg






a0266125_1563361.jpg






a0266125_1563899.jpg






a0266125_1564596.jpg






a0266125_1565246.jpg






a0266125_1565875.jpg






a0266125_157436.jpg






a0266125_1571153.jpg






a0266125_1572273.jpg






a0266125_1573177.jpg






a0266125_157391.jpg





 SEXY NIGHT 気まぐれな 恋もたまにはいいんじゃない♪ 顔はやめなよ、ボディ、ボディ(笑)



a0266125_1574929.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-10-05 00:00 | 昭和ラブ | Trackback | Comments(7)