カテゴリ:産業遺産・古の建造物( 114 )

もはや懐かしむ冬探索

この冬は本当にあっけなかった。少なくとも札幌は。北海道の冬は16回目?こんなの初めてかな。
もうどうやっても冬は終わりに近づいています。この後雪が降ったとしても、気温は高く着々と春へ。
一度もスノーシュー履かずに終わる冬。まだ季節のはじまりの頃の探索写真を見ながら、名残惜しんでいます。


a0266125_9415664.jpg





a0266125_948221.jpg





a0266125_9484130.jpg





a0266125_9492367.jpg





a0266125_950062.jpg





a0266125_9501746.jpg





a0266125_9514253.jpg





a0266125_9575995.jpg





不法投棄はダメ!
でもこんなテレビなんか懐かしいなーとパチリ。
a0266125_9551178.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-03-07 09:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

再掲☆幾年経っても色褪せず、三笠市民会館緞帳の保存を!

少しの間、こちらの記事をトップページにしておこうと思います。私の友人のブログも見て下さい(^^♪

2015年1月現在、この市民会館の緞帳が廃棄の危機に立たされています。
私たちがこの産業遺産の存在を知らないまま廃棄されるのはとても残念なことです。
近代日本の発展を支えて来た北海道民の築き・背景をこれから学ぼうとしている子供たちにも
ジオパークで「石炭が紡ぐ大地と人々の物語」とテーマを掲げている三笠市にとっても
大きな損失となるでしょう。


北海道三笠市の市民会館の緞帳が同館改修工事に伴い廃棄されようとしています。
横約16メートル縦約7メートルの大きな緞帳です。保存するにはそれなりの場所や費用が必要です。
市民の方々の負担にはならぬよう、この立派な緞帳を三笠市の今後のプラスとしての財産として活用し残しては行けないでしょうか。

私も市役所へ保存を希望する旨を一度お伝えしました。まずはこの緞帳の存在をたくさんの方々に知って欲しいです。
絵画や写真がアートであったり記録であったりするけれど、緞帳というものは舞台の幕という役割を担いつつのそれだと思います。
たくさんの観客の笑いや涙、想いも染みついています。
45年もの間活躍してきたのだから、この先10年20年と残せば残すほどその価値は増していくでしょう。
どうか三笠市のご担当の方、たくさんの意見アイデアを募って、保存への道を探ってはもらえませんでしょうか。


****以下は2012年11月に訪問した時の投稿です***





先日、前々から訪れたかった場所に行ってきました。三笠市民会館。
ホールの緞帳が、とても素晴らしいものだと知り、是非この目で確かめたかったのです。
 
こちらの情報は、とっても研究熱心で炭鉱関連の情報盛り沢山のブログ空色コールマインさんから戴きました。
Jさん、行ってきましたよ~(^^♪


あらかじめ、お電話で見学させて頂けるか確認しました。快いお返事、ドキドキしちゃいますね~。
a0266125_18211865.jpg







すごい迫力です。鮮やかです。ご丁寧に照明も点けて下さり、写真も撮ることができました。
a0266125_1823669.jpg




担当の方にとても詳しく説明をしてもらいました。大変豪華な装飾です。相当な費用をかけての制作だったのでしょう。
しかも、こちらの三笠市民会館の落成式は・・・昭和45年1月!なんと私の生まれ月ではありませんか!? そういうの気になるんですよね(*^^)v
実はこの事もあって、この緞帳を見てみたかったのです!自分と同じ年月を過ごしてきた緞帳。42年間、三笠市民の暮らしに、彩りを与えて来たのでしょう。

私の写真では、なかなか表現は難しいのですが、三笠の様々な魅力や歴史を鮮やかに表現しています。
中央にはピックを持って炭壁に向かっている採炭夫の姿が・・・。このような姿は、この時点ですでに炭鉱のイメージ画になっていたのでしょうか。
実際はもう少し近代化されていたのかもしれません。
ズリ山に立坑櫓・・・遥か見渡す山々、舞う女性に、ギター抱えてキメる人(笑)


この緞帳の貴重である理由に、この2社の名前が同時に記されていることではないでしょうか。
a0266125_18435842.jpg



a0266125_1844461.jpg





a0266125_18442982.jpg



a0266125_18451411.jpg



この緞帳だけでなく、こちらのホールはとっても味わい深いですね。赤い椅子に白いカバー。木の肘掛。
昭和よもやま話に盛り上がり、担当の方とも、ずいぶん話し込んじゃいました(笑)←いっつもこう(^^♪
三笠出身の私の知り合いは、子供の頃ここで東映マンガまつりを観たそうです☆
a0266125_18514746.jpg



a0266125_18524020.jpg



a0266125_18522075.jpg





a0266125_19105522.jpg




a0266125_1921935.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-03-01 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)

試験湛水を終えて

a0266125_11444391.jpg


昨年シューパロダムの完成により水に沈んだ三弦橋。
試験湛水が始まりサーチャージで深く深くダムの底に潜った後、徐々に水位を下げ三弦橋はまた姿を現してくれたのでした。
これは最低水位となる日の数日前の先月下旬の写真です。ダムは完成後一度水を最大量満たしてから最低水位まで放流して安全性をチェックするのですね。

この日はお天気も良く風も強くなくてたくさんの人が集まってきていました。なんと出店も出てました!
管理棟では貴重な写真も展示されてるし暖かくてきれいなおトイレも借りられるしありがたいです。


a0266125_15553273.jpg


この数日前、連なった美しい三角トラスが湖面に映る素敵な動画がどうしんウェブで見ることが出来ます。
息を飲むほどの美しい姿です。


それにしてもシューパロダムというのは巨大だなと改めての感想。いろんな事を考えてしまいます。


a0266125_11315013.jpg


静かな冬景色のなか、氷の砕ける音がシャランシャランと聞こえてきました。
とても印象に残る光景で、いつになくこれはどうしてもモノクロで残しておきたい景色と思っていました。

a0266125_15101655.jpg




シューパロダムの完成で、三弦橋だけでなくいくつかの橋も水に沈み、新たに掛けられた橋もあります。


a0266125_11351710.jpg





a0266125_155577.jpg






a0266125_1615797.jpg






a0266125_2265058.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-02-14 23:55 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback

駅前ビル

ヒッピーさんのブログ見て思い出しました!私もこの駅前ビルに吸い込まれたことあるのだなー。

外観がとてもカッコよくて、つい中に足を踏み入れたのだけどホテルはすでに廃業していました。残念。
照明に明かりが灯るところも見てみたかったし、泊まってもみたかったな。

a0266125_14461432.jpg





a0266125_1448621.jpg





a0266125_14482927.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-02-08 14:50 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

蒼く散ったフォトグラフ


光と影の中で 腕を組んでいる・・・ 蒼いフォトグラフ


聖子がすごく好きだったわけじゃないけれど、この曲は昔から好きで時々聴いている。
「青が散る」ってドラマの主題歌で好きだったような、石黒賢のテニスウエア姿が好きだったし、川上麻衣子はピチピチしてたし。
原作が宮本輝さんで、彼の作品は何冊か読んだけどやっぱりいいなあと思うし。

それより光と影が腕を組むような写真ってどんなものなのか、抽象的な表現だけれど、それは素晴らしい写真に違いないってずっとずっと思ってた。
いろんな写真を想像してみたし、探してもみた。なかなか出逢えなかった。

でも今日、「蒼いフォトグラフ」を何度も聴いてみて気がついてしまった。
ちゃんと「中で」って言ってるじゃん!「光と影が差している中で、あなたと私が腕を組んでいる写真」
そういうことかぁ。
なんも難しい話ではなかったのね。私が勝手に何年も勘違いしていただけか・・・(T_T) 「蒼いフォトグラフ」探しの夢はあっけなく散る。

この説明で流れが理解出来る方がいるかどうかは分からないけれど私にとってはとてもショック。
ひとつ目標を失ってしまったような気持ちなので幼稚だとは思うけれど日記に書いておこう。
早とちりを治す!これも、今年の目標に入れたいと思う・・・


まったく関係ありませんが
写真はシューパロダムがサーチャージを迎えた数日後の様子。夕陽がきれいでした。
水位はどんどん下がり年末の時点では三弦橋の上弦が顔を出すまで後8mだそうです。

a0266125_224734.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-01-03 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(10)

三笠市民会館の緞帳。45年の年月を経て

a0266125_0485691.jpg



こちらは、三笠市民会館の大ホールです。豪華な緞帳が目を引きます。
昭和45年1月に落成式が行われた三笠市民会館、45年の年月を経て只今大規模改修工事中です。
この緞帳も制作されてから同じだけの年月が経っておりますが、その豪華さ三笠市の歴史・自然・人々の暮らしを今でも鮮やかに表現しています。
素晴らしい産業遺産のひとつです。写真は2年前のもの。その時の感動はこちら
この緞帳が今、改修工事に伴い新しいものに更新されると市議会で上がっているそうです。
三笠市議会、第4回定例会一般質問。「市民会館の活用と緞帳について」
経年による痛みによりクリーニングが難しいとのこと、それではこの緞帳はどのような扱いになるのでしょうか。
まさか廃棄ということにはならないとは思いますが、たくさんの人に見てもらってこその産業遺産です。
市民の方々が安全に快適に利用できる改修工事には賛成ですが、この緞帳の価値をもっと広めていく事にも力を注いで欲しい。
更新する予算があるならそちらを保存の費用に充てて頂けたらと願います。


市議会の仕組みを私はよく分からないのですが、定例会の審査予定の会期が12月11日から18日となっています。
この間に結論が出るのでしょうか。外部からの意見ではありますが、私は市役所にメールで気持ちをお伝えしました。

私的な思い出日記の当ブログですが、三笠市にはこのような素晴らしい産業遺産が存在するということを
ブログ訪問者の方々に知って頂きたく記事にいたしました。
[PR]
by hokulele2 | 2014-12-15 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)

変電所

a0266125_23565399.jpg

a0266125_23571198.jpg

a0266125_23572687.jpg

a0266125_23574766.jpg







a0266125_23583499.jpg

a0266125_23585030.jpg

a0266125_2359240.jpg







a0266125_23593747.jpg

a0266125_23595043.jpg

a0266125_0014100.jpg





a0266125_0591339.jpg

a0266125_0592979.jpg







a0266125_004817.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-12-10 23:55 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

ロマン座と赤いファミリア

これが~銀座のカンカン娘~(ご一緒にどうぞ♪)これが~銀座のカンカン娘♪♪♪
アコーディオンとギターを従えて若者が歌ってます。勇さんは赤いファミリアから降りなかったけれど。

ロマン座という名前がつく前、上歌鉱会館。幸福の黄色いハンカチの1シーン。
ついこの間、ここでそんな話をしたばかり。

a0266125_255543.jpg




お向かいさんもちゃんと映ってた。夕べ繰り返して何度も見ちゃったから。
a0266125_2562264.jpg


ロマン座さんは今年の通常営業を終えましたが、まだまだ行くよ!雪のロマン座さん、待っててね☆
[PR]
by hokulele2 | 2014-11-20 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

吠えられて。

こちらは南美唄にある旧三井美唄旧互楽館。封切りの映画館だったのだそうです。とても立派な建物。
「封切り」とかって今はあまり使われない言葉なのかな。「ロードショー」って言葉も金曜ロードショーでしか使わないかも。
a0266125_148363.jpg



その昔、幼い頃、母はよく私を映画に連れて行ってくれました。渋谷が多かったかな。
うっすらとしか覚えていないけれど、ロビーにはガラスケースの売店。モナカのアイスを食べたり。
今のように各回入れ替え制の指定席じゃないから立ち見で見たことも。どうしても座って観たかったら、前の回の終わり頃に立ち見で入場して、
次の回の始まる前に席を確保する!なんとなく結末分かっちゃってるから、途中から残念な気分になったりね。
片桐はいりさんの「もぎりよ今夜も有難う」というエッセイを読んでます。毎朝通勤時に少しずつ。
はいりさんって映画館でもぎりをやってたのね。それも銀座文化。今はシネスイッチ銀座1か2。
もぎりよ・・・は映画の話と言うか映画館にまつわるエッセイで、すごく興味深いのです。
どこだかには未だに客席の暖房が石油ストーブの映画館があるだとか、山形の酒田にはとんでもなくゴージャスな
世界一の映画館がかつてあったとか。もぎり時代の今だから言える話も出血大サービスで暴露してて本当に面白いエッセイ。
昔は映画に行くのは一大イベントだったけど、レンタルビデオが登場しDVDになって、私は今ひと月千円で動画配信サービスを利用しちゃってる。
もちろん劇場にも足を運ぶのでキノさんにもシネマフロンティアにも行くけどね。
中学生の頃は封切りから少し経った作品3本500円で観たりしたな。古い小さな映画館、三軒茶屋。
そのお向かいだか隣には成人映画館があって入りづらかった記憶が。

銀座文化は当時(80年代)でも暖房が石炭だったらしいです。片桐はいりさんの証言。びっくりだわー
炭鉱町の大きな映画館。ここももちろん暖房は石炭でしょうけど、80年代の東京でかぁ。



おばあちゃんが互楽館を越えて歩いて行きました。彼女はここで映画を見たのかな・・・聞きたかったけどタイミングを逃してしまったので、代わりに慌てて1枚パチリ。
a0266125_231222.jpg




そしたらワンコに吠えられた(^^♪
a0266125_24742.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-11-19 23:55 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

私信、母はここにいました(^^♪

土曜日のママはね、ここでお友達をピックアップしてね、
a0266125_123285.jpg





そのあと、ここであなたからの電話をとったのよ。
a0266125_151679.jpg




「今、どこ?」

「今、草かき分けてるー!」

土曜日の午前中、上京した娘から電話が来た。ちょうど2枚目の写真の場所で。
熊笹に囲まれながらしばし娘とお喋りしました。
なんなのよー、草かき分けてるって!と、後の電話で軽く怒られたような・・・

めぐみさん、こんなとこであなたと電話してたのよー♪ こんな週末を過ごしてますー
時々私のブログをチェックしてくれてるらしいので(^^♪ 
[PR]
by hokulele2 | 2014-11-12 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)