カテゴリ:産業遺産・古の建造物( 119 )

曲家集落の冬支度

a0266125_01102264.jpg



a0266125_01113544.jpg




a0266125_01120171.jpg





a0266125_01123664.jpg





a0266125_01244249.jpg




a0266125_01125422.jpg







[PR]
by hokulele2 | 2015-12-04 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

白滝シリーズ 白滝駅前をふらふら~

a0266125_22315289.jpg

車を急停車して飛び出しましたー。
お散歩中のおばさんから今にも「どうしたの?」って声を掛けられそうだったので「こんにちは(^^♪」でお返し。
これ気になっていたんです。で、


確認。
a0266125_22320125.jpg



カラフルベンチが活躍中の白滝駅。奥の待合にもたくさんありました!
a0266125_22382510.jpg




白滝駅の周辺、このひと月前に一度通っていたのだけど、どうしても歩いてみたかったのです。で、夏休みで帰省中の娘とやって来たわけです。
a0266125_23011134.jpg



とりあえず現地に着いたら自由行動で、私は一人でふらふら~。
この地図けっこう高い位置にあるし、お目当ての建物はどれか見つけられなかったです。
a0266125_23062204.jpg




a0266125_23080373.jpg



一応カメラは持っているのですけど、今、ここを歩いているって事だけでも充分なのです。ひと月前、ここを車で通り、そして今度は歩いている!
来なければ来れなかった。なんか変な言葉になるけれど、それだけなのです。来たから、歩けた。ますます変になるけれど、それなのです。
親戚も友人もいない私とは何の所縁もないこの町、道を。これから先、私は2015年の夏に歩いた事をご縁があった土地として忘れない。
大袈裟なのですねー。でも近頃は特に思うのです。どこを歩いていても、この季節、この場所を忘れないからね…って。

a0266125_23072877.jpg





a0266125_23075339.jpg





a0266125_23082934.jpg



ほんの短い目抜き通りでした。駅の近くに美容院床屋さんが3軒もありました。タクシーは1台でしょう。駅前ハイヤー。
おやつ買いにまえもとさんに入りました。誰もいない店舗ですいませーんと叫んで、奥の部屋からはーいと出てきてくれる。
こういう感じが好きなんですよね。私がよく煙草を買う近所のお店(タバコ屋さん!)もそんなお店です。
ガラガラッと引き戸を開けてお店に入ると土間のほんの一部に煙草のケースがあって、茶の間と思われる部屋からおじさんが出てきてくれる。
たぶん、食事なんかもそこで済ましているのかな、きっと冬はコタツでしょう。
ふわっとそこのお宅の匂いが漂うのです。店舗ではなくおじさんの家の匂い。それがなんともキュッと胸を掴まれる温かさがあって
たまらないのです。

まえもとさんではキャラメルじゃなくてアーモンドチョコを買いました。
お店の方としばしお話。この町のこととか。まえもとさんはとっても立派な建物。数年前までコカコーラの立派なホーロー看板があったそう。
何人もの人がやって来ては売ってくれーと言ってくるのだけれど、売らなかったんだよねー。そしてらね、ある日突然盗まれちゃったのー。
えー!? ひどいですねー。そうなのよぉ、こんなことなら売っておけば良かったわぁ。
ひと月前気になっていた建物は、以前料亭だか割烹だったと教えてもらいました。呼び出し掛けていた娘も合流。
行ってみなさいなーと言われて近くにある立派なジオパーク交流センターも行ってみました。

a0266125_23081387.jpg




こいつ。ほんと白滝ネコは手強かったな。
スタンドから出てきたおっちゃんに軽く冷やかされて、楽しくなる♪
雨がポツポツ、かと思ったら日が差したり。白滝シリーズ、先を進みます。お腹減った…


a0266125_23082161.jpg




[PR]
by hokulele2 | 2015-10-27 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

母校

 先日の爆弾低気圧で各地に被害があったようです。川崎市の中学校の解体現場でも足場が倒れてけが人こそ出なかったもののご近所は一時停電になってしまったとか。
なんとなく気になってニュース映像を検索してみたら…母校でした(><) 足場倒壊の前に校舎解体にびっくりです。ま、そうだよなー

こちらは母校ではないです。

a0266125_01115137.jpg





a0266125_01121732.jpg


こちらの体育館は何度見ても貫禄あるんですよねー。
a0266125_01135343.jpg



a0266125_01151139.jpg



どこかで何度か言ったかもしれないけれど、私は2つの小学校に通っていて両方の学校に木造校舎がありました。
最初に通った野川小学校の木造校舎はとても小ぶりな校舎で、私の教室はそこの2階。はっきり覚えています。
ドアが風にあおられてガラスが割れ、クラスメイトが怪我をしていました。机は2人でひとつの横長で、消しゴムのカスさえこっちに飛ばすな!と
陣地争いをするタイプのもの(笑)
次に通った宮崎小学校は図書室・保健室が木造校舎。こちらは少し大きく重厚な作りの建物でした。1階の保健室隣にはベッドがいくつか並んでいた
具合の悪くなった子のためのお部屋。なんとか室って名前があったような。
今ならあの部屋で寝こけていたいーと思うのだけど、当時の私はせいぜい違法な遊具の使い方をして捻挫した時くらいしか保健室に行ってないので
あの静かで妖精でも出て来そうな木造校舎のベッドで昼寝は未経験。2階は図書室で、こちらにはずいぶん通いたくさんの本を借りました。
その中でも日本の歴史シリーズみたいのは縄文時代から始まって近代まで何冊だったのか憑りつかれたように読みました。あとはモンゴメリの作品とか。
歴史シリーズは下校の時間やそろばん塾に通う道ですら歩きながらでも読む始末で、何度か電柱にぶつかりそうになったのを記憶してます。
野川小学校も宮崎小学校も、あの時すでに軽く創立オーバー100年。あ、この度校舎解体建替えとなった中学校は創立何年だかしりません。
文化祭とか体育祭に部活、楽しい想い出やらあの時代特有の思い出が詰まった校舎でしたが、
何より校歌をきちんと歌えない学校で、それだけはつまんねー学校だと卒業まで思い続けてましたねー。
最初に通った中学校のほうがワルい学校だったけど校歌はきちんと歌えた学校でした。
中学生とは思えない貫禄の応援団は、昨今の大学の応援団よりも凄みがありましたよ。みんなリーゼントか角刈りだった気がするけど。

昔話はいくらでも横道にそれて書き続けられますね。何度も同じことを語っていて、ボケ婆ちゃんのようです(^^♪



この階段をランドセルを背負った子供たちが上って行ったのでしょうね。教頭先生とかが階段の上で挨拶運動してたりね。再現小芝居とかしてみました。
a0266125_01152811.jpg



a0266125_01323426.jpg



[PR]
by hokulele2 | 2015-10-06 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

昭和女のいじらしさ

a0266125_01503743.jpg


いじらしい…なんて言葉が褒め言葉だったのは昭和時代。
そんな形容詞がつけられそうな女は今じゃ男にドン引きされてしまうし
そんな女に惹かれる男は、女を知らないよほどの無垢な人ぐらい。もしくはご年配(笑)らしいです。
えっと、でも私が男ならやはりそんないじらしい女性にぐらっとしてしまいそう。
ひさしぶりにそんな「いじらしい女」に出逢ったのがこの町。映画の中の話ですけどー。
倍賞千恵子演じる桐子。「駅 STATION」
高倉健に「樺太まで聞こえるかと思ったぜ」と呟かせた女(笑)
この映画、観たことあるようなないような…と思っていたけれど、「樺太…」の呟きで鮮明に思い出しました(^^ゞ
あ、増毛に行く前に軽く予習というか旅のボルテージを上げるために観ました♪
上砂川駅。烏丸せつ子の兄、根津甚八が逮捕されるシーン。現役だった頃の上砂川駅も貴重な映像でした。

a0266125_01495486.jpg



a0266125_01552466.jpg





a0266125_01500015.jpg


久しぶりの増毛をとても楽しんだ夏の日。ぜんぜん夏らしくない夏の日。8月なのにさぶかった。そんな日があるのも北海道らしい夏。
国稀酒造ではしゃいで、甘海老食べて納得して、丸一本間家でうっとりして。 
だからー。お泊りしたいんだって!こういう部屋で!! 泊めて下さーい!
a0266125_01501170.jpg


a0266125_02381243.jpg

朝バイキングはなくてもいいから泊めて下さーい。丸一本間家。
a0266125_01501617.jpg


こちらもお泊りしてみたかった!せめて中に入ってみたいな。
a0266125_01495006.jpg





[PR]
by hokulele2 | 2015-09-17 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

雨でも行ったさ、あかびら火まつり2015

あいにくの天気でしたが今年も行きました、あかびら火まつり2015!

隣町のロマン座さんで雨が上がるのを祈りますが、ますます降りは激しくなるばかり。
そんな中でも赤ふんランナーたちは松明もって走っていると!
私も傘をさしてお迎えしました♪

たくさん写真撮ったんですよー。カメラにカッパ着させて。
気がつくと、傘は放り投げていました(笑)私もびしょ濡れ!気持ちだけは熱くカメラマン気取り^^;
まともな写真なんて一枚もないけど、走り終えた後の1枚を記念に。
自分の傘はぶん投げていたはずなのに、気がつくと頭上には傘が。お優しい紳士がいつの間にか私に傘をさしてくれていました…。
赤ふんランナーたちは、ブルブル震えてます。雨に打たれて冷えてしまったのでしょう。
声を掛けると、あざーす!って。ほんとお疲れ様でした。また来年もその勇姿を見せて下さいね(^^♪


a0266125_01045370.jpg





[PR]
by hokulele2 | 2015-07-27 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

避暑

北海道も少しは夏らしい暑さがやって来たので、反対の季節の記録。

※記事をアップした後自分で見返してみて、後悔。
ごちゃごちゃした写真ばかりだなぁ〜と恥ずかしくなりました(^^;;


a0266125_23115184.jpg





a0266125_01083690.jpg




a0266125_01084086.jpg





a0266125_01085934.jpg





a0266125_01091587.jpg




a0266125_01084675.jpg




a0266125_01162108.jpg





a0266125_01090325.jpg

先日、旧鉱山の資料を保管展示されている施設を訪問しました。
幼い頃にその地に住んでいたというお年寄りも見学に来ていて、保存会の方に一生懸命訴えている話が耳に入ってきました。
話しの内容はタコ部屋の事です。幼い頃に見た恐怖の思い出は、長い年月に真実がぼやけたり誇張されているかもしれません。
何が真実で何が虚構なのか、正直わかりません。いつ始まって、いつ終わったのか。私の見る遺構には関係があるのか、まったく関係ないのか。
少なくとも、このお婆ちゃんは何十年も経ってからこの地を訪れて、誰かにその話を聞いて欲しかったのです。
そんなお年寄りが、北海道にはまだいると思います。
どこかの大学の歴史を研究する偉い先生の話の前に、話したがっているお年寄りがいれば、その方たちの話をうん、うん、そうだったんだねーって聞いてみたい。
そんな気持ちになりました…。



[PR]
by hokulele2 | 2015-07-21 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

喜びも悲しみも…幾年月

観てしまったのです。とうとうあの映画を…。


まだ先月の北紀行の続きです。
抜海駅から稚内駅に戻った後、うーんやっぱりあそこに行こうとバスに乗りました。
終点近くの空き地をパチリ。
a0266125_14071929.jpg

また今年も。今年はもう日暮れ間近で、水族館は閉館しています。
a0266125_14072603.jpg

長年灯台のある風景はいいなぁと思っていたけれど、こののっぽ灯台はちょっと雰囲気が違います。でも、なぜか好き。
日本で2番目に背の高い灯台です。初代は現レーダーサイトになっている丘の上に立っていました。
これは2代目。ここに立つときに、この高さをを出したようです。
最近見ちゃったのですよ、「喜びも悲しみも幾年月」灯台守のある家族のお話。昭和32年の映画です。
いやはやもう、私の興味はどこまでエスカレートしていくのでしょう。でも見てよかった(^^♪
初代の稚内灯台もロケ地になっていたそうですけど、どのシーンかは分かりませんでした。
灯台職員の家族は全国各地の灯台を転勤して暮らすのですね。僻地での暮らしを転々と、映画とは言えご苦労とドラマがあったに違いありません。
北海道では石狩灯台での暮らしが長く描かれていました。映画の最後は小樽の日和山灯台で終わります。
この映画は福島県塩屋崎灯台の職員の手記が元になって作られたものらしいです。
塩屋崎灯台は美空ひばりの「みだれ髪」という歌の舞台で、私の生まれ故郷の福島県いわきです。
あの灯台にも灯台守の方々のご苦労があったのだな…。北海道の積丹岬にある念仏トンネルは灯台守の家族が
崖の波打ち際を歩いていて波にさらわれた事から、土地の人や灯台守の方々が手掘りでトンネルを作ったと聞きました。そんなことも思い出した「喜びも悲しみも幾年月」です。
私、まだまだ知らない事だらけです。
でもカメラを向けるときにドラマを感じられるもの、またひとつ増えました(^^♪
特に北海道は、その道も橋も鉄路もさまざまな人たちの血と汗と命によって作られたものであるってことを忘れちゃならないなーと。
産業遺産、世界遺産、その前に、まずは地元の人間がその歴史を認識しないと。
外からの指摘に言い返すことが出来るほどの反論の真実の材料は揃っているのでしょうか?


a0266125_14080476.jpg



去年出逢ったのはうらら丸。とってもかわいいなぁと思って探してみたけれど見つからず。かわりにちはる丸。
a0266125_14082402.jpg

わらわらと夕陽目当ての人々が集まって来ました。
ノシャップカラーなのかな。これって。
a0266125_14081935.jpg

a0266125_14081330.jpg
夕陽を見る人たちはイルカのオブジェのあるところに集まっています。私は灯台のそばで海を眺めています。
夕陽を眺めるなんて、ご無沙汰。どっぷり暮れたころに職場を出る日が続いていましたから。
コンクリートの段差に腰かけて足ぶらぶら、ボケーッと水平線を眺めます。徐々に私の周りにも人が集まって来ました。
車で勢いよく駆けつけてきた男性ひとり、波打ち際で水遊びし出すおばさん(可愛らしかった)、みんな思い思いで夕陽を待ちますが…黒い雲が出てきて残念でした。


冷えた身体を温めてくれたのは、鍋焼きうどん。この日2度目のこのお店。
何度目かな、このお店。私と同い年の45歳。毎回、初めて来たんですよーってフリして入るけど
結局自分からバラしちゃう。
必ずいらっしゃる常連さんの女性。無口でカウンターで1人。マスターに話しかけられるとひと言ふた事。
一度も会話を交わした事ないのだけれど、また彼女がいてくれたと思うとホッとしてしまう。
特にお気に入りのお店はなかなか写真とる気になれません。少し気恥ずかしくて。この写真も出てからコソッと。
a0266125_16432978.jpg



[PR]
by hokulele2 | 2015-07-12 16:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

お疲れ様、45年間ありがとう。三笠市民会館の緞帳がお引越し

a0266125_00472879.jpg


三笠市民会館の緞帳がついに新しいものへと掛けかえられました。そして45歳の緞帳は廃棄の危機を乗り越え無事に移設されたそうです。
本当に良かったです(^^♪ お引越し先は三笠市萱野の農業倉庫。数日前にはこの緞帳の原画も見つかったとのこと。市にメールや電話で保存を訴えてくれた方、SNSで緞帳の存在を拡散してくれた方、実際に市民会館へ見学に行ってその価値を理解してくれた方。みなさんのアクションのお蔭で、廃棄の危機を免れたのだと思います。移設先にも行ってみたいですね。45年間、本当にお疲れ様でした。新しい場所でまたたくさんの人々に三笠市の歴史を語って下さいね。


a0266125_00473338.jpg


a0266125_00515243.jpg



a0266125_00514705.jpg





a0266125_00473775.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-06-11 23:55 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

春一番はハァハァ探索

うーん、4月だったと思うけど。春の始めの探索会でした。なんとなくメンバーが決まってきたかな。
馴染の人たちとの探索は気楽で楽しい(^^♪ 単独はダメだし2人では心細く、この時は5人?このくらいが気楽。
今年は雪解けも早く、歩きやすかったですね。シーズン初めの山歩きで私も他の人たちもハァハァ言っちゃって。
体力落ちてますねー

昨年はダニの恐怖を知ったので、草がボーボーになる前にと思っていたけれど・・・遅かった(>_<)


a0266125_12342489.jpg





a0266125_1312013.jpg





a0266125_12403086.jpg





a0266125_1234483.jpg





a0266125_12353271.jpg





a0266125_12355233.jpg





a0266125_1236823.jpg





a0266125_12441017.jpg





a0266125_12514689.jpg





a0266125_1252563.jpg





a0266125_12523235.jpg





a0266125_1341530.jpg





a0266125_12534160.jpg





おまけ。
住宅地のすぐ隣にそびえ立つ。川炭コークス釜だなんて!
a0266125_1362348.jpg





なんとなく恐くて渡りませんでした。
a0266125_13105977.jpg




こちらも軍用橋なんだそう。
a0266125_13112453.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-06-07 21:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

畳でごろごろ、大人遠足(^^♪

GW前半は大人遠足に行ってきました(^^♪
いつもより少し先まで、小樽のです。年に数回は訪れるエリアですが、遠足だとまた楽し♪

久しぶりの鰊御殿。この遠足で一番楽しかった時間。
お2階から。
a0266125_123578.jpg




a0266125_1451796.jpg




a0266125_1453472.jpg





他のお客さんがいなくなって、私たちだけで占有。たたみ!本当に気持ちよかったです、ごろごろ。
最近は和室なんていらないって人が年齢に関係なく多いそうだけど、私は畳好き。
許してもらえるならば、ここで1泊したかったです。愛情込めて撮った一枚^^;
a0266125_1304455.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-05-13 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)