カテゴリ:産業遺産・古の建造物( 127 )

行きたかった火まつり、ワイルドシティ☆赤平!

赤平のシンボルフラワーがルピナスとは知りませんでした!きっとカラフルな花が咲き乱れるのかなぁ。
まだまだ知らないことだらけの私です。写真は先月ちょこっと立ち寄った時のもの。ルピナスの赤ちゃん!
a0266125_20443511.jpg


石炭のまち、赤平
かつて22か所もあった炭鉱も平成6年住友赤平炭鉱を最後にすべて閉山されてしまったそうです。
ルピナスの後ろに日陰に写っているのは、北炭赤間炭鉱選炭工場跡。選炭って?ホッパーって?たぶんその役目を私が知ったのは去年の今頃です。
だって石炭ストーブが実際に火が入っているのを見たのも実はここ、赤平が初めてなんです。川崎育ちの私にはそれくらい石炭のことなんて縁遠いものでした。
a0266125_2212539.jpg





その赤平で先日、赤平火まつりが行われました~!と言っても、私は行ってません。行きたかった!
だってね、赤フン姿のメンズが松明持ってズリ山かけのぼり、大きな火文字を作るっていうじゃないですか!
赤フンフェチの私が行けないなんて・・・、残念。来年はぜったい行く!
この火まつり、昭和47年からあるんですって。このおまつり「炭都の火は消しちゃいけない」って若者たちが始めたお祭りなんだって。いいな、この地元を愛する気持ちって。赤フンはその頃からあるのかな?

去年の春から、少しずつ、炭鉱跡や資料館、いろんな産業遺産を巡ってきたけど、とっても印象深いのが赤平。
昨年秋に開催されたTANtanまつり2011。TANtanとは・・・赤平のコミュニティガイドクラブ。元炭鉱マン(とってもダンディ)がガイドとして活動されています。こちらの主催の素晴らしいイベントでした。旧住友赤平立坑公開、自走枠工場公開、斜坑口巡り、坑口浴場の公開もありました!とにかくガイドが素晴らしい。
石炭ストーブでお尻をあぶらせてもらったのも、この会場(笑)くべさせてもらいました!デレッキ、初めて触った!ガンガン鍋も食べた!
写真は、その時のもの。前ブログでも記事にしそびれたから、日の目を浴びてもらおう!
数年前まで灯されていた、ネオンを発見!灯っているところを見てみたかった!
a0266125_21314976.jpg



a0266125_213897.jpg



a0266125_2144546.jpg



a0266125_21464088.jpg



a0266125_21472591.jpg



a0266125_21472411.jpg



a0266125_21491815.jpg

この坑口浴場で、男たちは煤と汗を流したのでしょうね。
脱衣所であろう部屋はとっても広くて、スペース確保のアイデア吊るし籠も見ることが出来ました。
私の写真では表現することが出来ませんが、立坑内はとても立派な施設で今にも稼働しそうな雰囲気でしたよ。
夜には立坑のライトアップ!この頃はまだ、三脚も持ってなかったので、写すことが出来なかったのですが
しっかりと胸に焼き付いています。


そして、ここでは思いがけず素敵な写真展。
とっても雰囲気のある写真を撮られた、ステキ女性フォトグラファーと出逢えたのでした(*^^)v



また行きたいな、赤平。赤フンランナーのいるワイルドシティ♪
今度は山平のパン屋さんも行ってみたい!

a0266125_22123464.jpg





 
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-18 22:03 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(8)

釣り人たくさん、小樽北防波堤☆

a0266125_946472.jpg


日本で初めてのコンクリート製防波堤!100年以上経っても現役です。
釣り人がたくさん♪ もちろん小樽です。
この防波堤はとてもすごいんです。なのに、それを示す看板も見当たらなかった!


なかなか帰省しない親不孝な娘に会いに、母が川崎からやってきました(*^^)
約三年ぶりの再会♪ 話題のLCCジェットスターに乗ってきましたよ(笑)
トラブル、ありありです!でもなんとか、到着。
明日は小樽方面♪ またもやね~
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-12 23:50 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

キタキツネのカツオ君に炭鉱生活館で出逢う♪


あんた、いってらっしゃい
a0266125_2394378.jpg

子供たちはすっかり夢の中の時間。三番方で入坑の旦那を送り出します。



ここは夕張。炭鉱(やまの)生活館。石炭博物館のすぐ隣です。


少し前、本州から古い友人が北海道へ遊びにきてくれました。もう何度も訪れている北海道。その度に、あちこち一緒に巡ってきたけれど、今回は・・・。
私の目論見は、石狩で美味しいお寿司食べようじゃん!だったのですが、彼のリクエストはなんと夕張!
え~\(◎o◎)/!お寿司は???
ワタシ的には夕張は何度でも行きたいからいいんですけどね、まさか友人からリクエストされるとは。今やあまりいい話ではない事で知名度が上がった夕張。そこに行って、今の状況を見てみたいと。そうか~、びっくりしたけど嬉しいな。で、向かったのが石炭博物館だったのです。も~、時間かけること!さすが学者さん、メタセコイヤでどんだけ時間くったか(笑)まっくら探検まで、じっくりです。
とても感心してくれました。私もすごく嬉しかった。道外の人が、こんなに関心を持って夕張を訪れてくれる。
道民の私は、もっと勉強して、北海道の素晴らしいところ、頑張っているところ、あんなこんな歴史も訪ねてきてくれる友人たちに話せるようになりたいなって、いやならなくちゃって思いましたよ。


生活館では、主に炭鉱町の暮らしについての展示があります。けっこう楽しいです(^^♪
石炭博物館の入場券1200円でこちらも入れます。国内最大級の炭鉱ミュージアム、道民なら行かなきゃ!昔行ったなぁ~っていう人も、もう一度行かなきゃ!ちゃんとやってますから。バリバリはなくとも、まっくら探検はやってますから!キャップランプつけて坑道歩けますから!(しつこい笑)

a0266125_361510.jpg

黒ダイヤばやし、歌ってみたいな、踊ってみたいな♪


生活館の2階。北海道の野生動物のはく製コーナーがありました。
a0266125_3142495.jpg

むむむ!?なんか一部笑えるぞ(*^。^*)



a0266125_3284292.jpg



カツオ君(笑)
スタッフのおじさんがあわてて走ってきましたよ。どうも他のところにあった学生帽が誰かのいたずらでこちらに?
戻す前に写真撮らせてもらいました~。


是非、行ってね♪
バリバリじゃないけど、夕張石炭博物館と炭鉱生活館(しつこい)
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-07 23:50 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)

団長、ごめんなさいねぇ。モデルバーン!

ここ数日、札幌では謎の綿毛があっちこっちでふわふわ飛んでますね~。
ちょっとぉ、どっかで羊の毛刈りでもやってんの???なんて思ったりしたけど、それ、ポプラの綿毛ですね♪
とっても北海道チックで可愛い~。
でもうちの近所にポプラの木なんてあったっけ?どこからこんなに飛んでくるんだか・・・まさか、ここ?
まさかぁ!
北海道大学構内のモデルバーン。正式名称は「模範家畜房」手前の建物は放牛舎です。
a0266125_0361271.jpg

北大の北のはずれにあり、訪れた大学祭の時も時間が遅かったせいか人はほとんどいませんでした。
早い時間なら、建物の中に入れるので、今一度行ってみよう!いくつかの建物があって、どれも魅力的。
ただし、詳しい事は勉強不足なので、自分の足でもう一度訪れて、ここで紹介出来たらいいな。






a0266125_128411.jpg

あ~~~駅のポスター、この放牛舎は!?

a0266125_1274832.jpg


あらら、応援団長さんってこの方だったの?ロン毛のワイルドメンズは副団長とか???
どうも、組織図がわからん!でも気になる!
これは・・・
諜報員を送り込まねば・・・(*^。^*)
[PR]
by hokulele2 | 2012-06-27 23:50 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

アルテの春

a0266125_1382855.jpg

今年初のアルテピアッツァ美唄。
安田侃さんの作品が広大な敷地内に展示してある野外彫刻公園。
旧栄小学校の校舎も展示空間です。
この窓から写真を撮ったのは一体何度目だろう。あ、カメラは車の中。スマホでパチリ。

地方ではなかったけど、マンモス校に通った私は、教室が足りず木造校舎で授業を受けました。
美唄ではなく川崎市。素敵な想い出。
(このマンモスって言い方、今の若い人には通じるのか?)



a0266125_1284588.jpg

こちらの1階では幼稚園が健在です。いつか平日に訪れて、園児の歌声を聞きながら、安田さんの作品を堪能してみたいです。
こちらは昨年の春に訪れた時のもの。



a0266125_1332094.jpg

体育館の2階、丸窓から。

何度でも行きたい、アルテピアッツァ美唄です。
[PR]
by hokulele2 | 2012-05-20 00:10 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

ケチっちゃダメよ、防災費!

a0266125_153290.jpg

この立派な防火扉、どこのか分かる方、いますか~?
いたらお友達になりたいです♪




a0266125_13554100.jpg

赤絨毯の階段上ったら、きっと偉い人のお部屋があるんだろうな。




a0266125_1214486.jpg

ここまで出したら、分かるよね~。
防災への費用を見栄え以外に役目のない八角塔なんぞに流用しちゃってさ、結局火事に遭って全焼しちゃったの。
おかげでこんな立派な防火扉が出来たけど、時は流れて今は八角塔も復活よ♪
マンサードお屋根に北海道旗がはためく、あそこです~。
[PR]
by hokulele2 | 2012-05-10 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

岩見沢レールセンター

a0266125_0285347.jpg



2009年度グッドデザイン大賞を受賞、昨年は鉄道業界唯一の国際デザインコンペ、ブルネル賞をも受賞したのはJR北海道岩見沢駅。そのすぐ裏側に鎮座し、今もなお現役で活躍しているのが、岩見沢レールセンター(竣工1899年)かつては車両製造や修理の工場だった。現在はレールの検査、補修、加工が行われている現役の建物。

洗練された真新しい連絡歩道から眺められるのは、どんつきガラス越しに現れる重厚で古の空気を漂わせる煉瓦造りのレールセンターと昭和の香り漂う地上ホームでした。
[PR]
by hokulele2 | 2012-04-22 23:51 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)