カテゴリ:産業遺産・古の建造物( 129 )

北大植物園、本当の目的はコレ!

トークde撮影会は楽しいですね~♪ なんでこう女同士のお出かけは、お喋り止まらないんだろ。
待ち合わせてから、別れるまで、途切れることなくトーク、トーク(^^♪ 

でも今回、北大植物館をターゲットにした理由は、実はお花やトンボじゃないんですね~
ここに行きたかったのです、ここ。
a0266125_1481135.jpg

現役では日本最古の博物館です!ここに来たかったのです(^^♪
a0266125_1534131.jpg

a0266125_031814.jpg

a0266125_035179.jpg

a0266125_04695.jpg


そもそもこの植物園は札幌農学校(現北海道大学)の教頭だったクラーク博士が、植物の教育には植物園が必要だぞ!と開拓使物申したことに始まります。開拓使は道庁の西側原生林を牧羊場とし、明治15年に博物館を建てたんです!この植物園は日本で2番目に古い!その2年後に札幌農学校に移管されたらしいのですが、確かに博物館内もレトロ!
ガラスケースもすごく雰囲気あったのに、ターゲットにしていたクマちゃんの写真すら、ちゃんと撮るの忘れた!暑さにやられていたみたい。ショボン(p_-)

ちなみに日本最古の植物園は東京の小石川植物園。正式名称、東京大学大学院理学系研究科附属植物園です。
花菖蒲が有名なところ。旧東京医学校本館が移築されているんだけど、これは東京大学医学部の前身なんだよね。北海道大学の前身、札幌農学校みたいなものか~。学生時代、東大医学部標本室には入った事あるけど、あれはすごいところだった!






ステキ硝子ケースのクマちゃんは軽くスルーしてしまいましたが、この子に逢えました! 感激☆
a0266125_0374117.jpg

レトロガラス越しに写すのは本当に難しかったけど、この子はあのタロです!南極観測で大活躍した樺太犬のタロ。とってもかわいい顔。
ジロはいません。上野の国立科学博物館ではく製が展示されています。兄弟一緒にしてあげたい気がします。ジロは南極で病死しましたが、タロは無事に役目を終え日本に帰国、その後はここ北大植物園で余生を過ごしたそうです。まったく知らなかった~\(◎o◎)/!
逢えて良かったよ、タロ。また逢いにくるからね♪





そして・・・ライマンコレクション☆
a0266125_184965.jpg

鉱石の事は詳しくわかりませんが、明治5年開拓使に招かれて来日した地質学者ライマンさんが日本、北海道における重要人物だってことは、少しだけ勉強済です。ライマンさんが採集した鉱石約4千点がこの北大植物園に所蔵されているらしいですよ。

そして
これは・・・めぐんこコレクション☆Drスミカワにてめぐんこさんの胆嚢から胆脈を発見されました(*^。^*)
めぐんこハウス所蔵。記念、記念~♪
a0266125_147487.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-08-22 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

扉の向こうで・・・

a0266125_1211328.jpg

原爆の日、終戦記念日、お盆。
この時期だけじゃなく、忘れてはならない事ですが、戦争についてやっぱり毎年考えるきっかけとなる8月。
日本だけでなく、世界的にもとっても重要な電文が中継された施設です。北海道もこんなに関わっているなんて。
赤レンガ通信所。稚内。



そろそろオリンピックも終わりかな。なでしこ戦、早起きして観ましたよ~。でも男子は見れなかった!起きれなかった!
日韓戦、熱くなるのはわかります。オリンピックのナショナリズムならいいじゃない! でも、よきライバルでいて欲しいな。もう少し私たち日本人も北海道民も、過去に目を向ければ、何か違った方向に向かえるのでは。答えが見つからなくても、建設的になれるのでは・・・。


なでしこ戦を見てのちょっと寝不足気味の朝、家を出ると、向かいのマンションから正統派モヒカンも若者が出てきた!
いるんだ~今でも(^^♪ なんか嬉しかった(笑) 仲間が数人いたけど車に荷物詰め込んで、きっとRSRに行くのね~。今日は晴れて良かったね~。平和だ、平和。






[PR]
by hokulele2 | 2012-08-11 11:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)

巻上げられたっきりシャッター☆

a0266125_040353.jpg

どうみても、これはもう巻き上げられたっきり、降ろして使うことは出来なさそうなシャッター。
こちらの建物は、夕張鹿ノ谷にある北炭北海道支店石炭分析室。その入口。
撮影した時は、ガラスも割れて、ちょっと廃な建物となっていました(実際にはお隣さんが使ってた?)
最近になって、どうやら有効に使われる事となり今後もしばらくは現役の建物として活躍、解体されずに残って行くそうです。
私の尊敬するブロガーP&Jさんのブログ空色コールマイン情報です!


a0266125_056913.jpg

とっても可愛くて、一目ぼれ♪ 歯車って、キュンキュンしちゃう。
はたして、これは残っているかな~。ないかなぁ~。
[PR]
by hokulele2 | 2012-08-06 00:27 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

丸窓シリーズ☆その2

 
どこかの社宅だったような・・・。2軒並んで建ってるこの住宅、丸窓の他に踊り場と思われる縦長の窓もとっても可愛い。思いっきりキュンキュンする住宅でした!
a0266125_2193595.jpg





どこだったかなぁ・・・。たしか、お気に入りのあのお店のある街だったかな。
a0266125_2195560.jpg





そろそろ私も、バカンスの準備しなくっちゃ♪ まもなく出発~!
[PR]
by hokulele2 | 2012-08-01 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(5)

覗いてみたら

お友達に連れられて
緑の隙間を覗いてみたら
a0266125_1452365.jpg








こんなに素敵な秘密の小屋がありました
a0266125_1451677.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-07-27 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

竣工100周年!小樽旧寿原邸☆

今年で竣工100周年の小樽 旧寿原邸です!
私が春に訪れた時は、お掃除まっただ中でした。あれから、どんなになったかな。
作業の最中にも関わらず、たくさん説明して下さってありがとうございます。
三階建て?と思いたくなる構造だけど、平屋なのだそう。和のゾーンに洋のゾーン。本当に魅力的な建物です。
私は野暮用で行けませんが、8月4日にはイベントがあるそうです。とっても行きたかった!残念。
旧寿原邸ガーデンフェスタいつもは静かな佇まいですが、きっとこの日は賑やかになるのでしょうね~。

台所も覗かせてもらいました。食器棚!とっても古いのに近代的!
a0266125_105741.jpg


冷蔵庫!大きな氷、入れとくんだね。大正元年に建てられてから、数回の改築増築があったみたい。
いつの時代のものかな。
a0266125_111587.jpg


御勝手口には燃料庫!わざわざ開けて写真撮らせてくれました。ありがとうございます♪
a0266125_113864.jpg


和室もお座敷も素敵な数寄屋造り!でも、この応接間とそこから繋がる中庭。ここは最高ゴージャス☆
a0266125_115753.jpg


ここを訪れたのは、水天宮のお祭りの翌日。いたるところで花飾りが残っていました。
a0266125_16835.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-07-24 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)

丸窓シリーズ☆その1

小樽、水天宮すぐそばの旧寿原邸。
大正元年、「小豆将軍」高橋直治が建てました。どうやら、映画 Love Letterのロケ地にもなってたそうな。
ガラス越し、外からはこんな感じの丸窓。中から見ても、なお素敵な表情。
a0266125_23411211.jpg

a0266125_23413948.jpg

旧寿原邸。10月8日までの土日のみの開館なので、また行かなくちゃ。

まだまだ片づけの最中、快く細部まで見学させて下さいました。
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-23 23:42 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

Don't cry baby~政孝とリタの愛のメモリーin余市蒸溜所

a0266125_23582544.jpg
 
私がニッカウヰスキー余市蒸溜所で、楽しみにしているところ。
アップルワインの試飲だけじゃないですよ、それは日本のウイスキーの父竹鶴政孝とその妻リタの愛の軌跡を感じること♪

広島の造り酒屋に生まれた政孝は洋酒に興味を持ち、日本の洋酒メーカーを経てスコットランドへ旅立ちます。困難の連続の中、出逢ったのがリタ。
リタは夢に燃える政孝に惹かれ、政孝は優しく励ましてくれるリタを愛し始め、ゴールイン♪
リタは故郷を離れ、政孝と日本に向かったとさ、めでたしめでたし。

って、こんな感じだけど、リタにとってそれはそれは覚悟と深い愛情がなければ、政孝について日本には渡れなかったはず。
政孝の、ウイスキーに対する情熱はとても熱かったでしょけど、リタの支えがなければ、成功はしなかったでしょうね。 
私はリタを日本のウイスキーの母と呼びたい!
a0266125_046369.jpg



愛情溢れるこの2人。私の大好きな曲に仲間入りさせてあげたい(^^♪

ジョンとヨーコ、太郎と敏子 ボニー&クライド
お龍と龍馬 優作と美由紀 あたるとラム 

三浦綾子さんと夫の光世さんも入れたいな
もちろん私だって、入ってみたいわ
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-23 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(0)

日本でここだけ!石炭直火蒸溜、余市蒸溜所☆

a0266125_22594498.jpg

石炭ストーブでもなく、機関車でもなく、意外な所で石炭に出逢いました。
ここはニッカの余市蒸溜所。


モルトウイスキーが出来るまで。
精麦→乾燥→糖化→発酵→蒸溜→熟成!ちゃんと、おべんきょして来ました(*^^)v
この「蒸溜」の工程を伝統的な石炭直火焚き蒸溜で行っているそうなのです。
本場スコットランドでも今では稀で、もちろん日本では余市蒸溜所ここだけです。




a0266125_2384918.jpg

若いお兄ちゃん(おっと失礼、石炭の量を寸分狂わずくべられるプロ!)が、作業をしていました。
2年前に来た時は、ここが稼働していなかったので、今回は見れて感激☆




a0266125_23135845.jpg

ポットスチルと呼ばれる蒸溜窯には、しめ縄が。日本酒と同じだね。




a0266125_23163136.jpg

髭のおじさん、キング・オブ・ブレンダ―ズ!
ススキノのおじさんは、私と同い年。私が産まれた年から交差点で夜の街を眺め続けていま~す!
結構、歴史ありか(*^_^*)


ニッカ 余市蒸溜所。
本当に、見どころたくさん。
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-22 23:24 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)

ショッカー現る?

a0266125_16363597.jpg

ここは、小樽。運河。マイスターおすすめの北運河。


a0266125_16381184.jpg

北海製罐さんの第三倉庫。大正10年ごろからある鉄筋コンクリート造りの建物。

日本でこんなコンクリートの建物が出来たのは、ここ、この第三倉庫が初めてらしい。
その後、関東大震災が起きて、それからは鉄筋コンクリートのビルが流行り始めた。
当時はロシア人が沖から眺めて、大きな戦艦と間違えたそうな・・・

あ、これ、盗み聞き情報(笑) 写真撮ってたら人力車がお客さん乗せてやってきて説明してたから
そーっと、近寄って、盗み聞き(*^^)v
昔手宮に住んでいた友達に言わせると、あの不気味な建物ぉ~?ってことらしいけど(笑)
隣の製罐のお昼のサイレンが、私ならちょっと恐い。子供の頃、小名浜の漁協から聞こえるサイレンに怯えていました。



先日、炭鉱の記憶マネジメントセンターで見せていただいた絵本。せきたんこちゃん、めんこい!
a0266125_1648408.jpg


アマゾンでも買えないぞ~、どうせなら、あそこ行っちゃえ!
って、またまた小樽に行ったけど…なかった(-"-)
義経号はいないけどさ、しづか号ならいるのにね~。

a0266125_1650579.jpg

しづか号の後ろのい1号の網棚。もちろん☆たくさん♪

せきたんこちゃん、買えなかったからこんなのを想い出に。ここでしか売ってないでしょ?
しづか号キャンドル♪ 小樽市総合博物館。交通記念館ね。
a0266125_16584733.jpg




え?
第三倉庫って、ショッカーのアジトだったの?
その第三倉庫で今夜何かが起こるらしい???
行かなきゃ、行かなくちゃ。何が起こるか見届けなきゃ。恐くても泣いたりしない!

でも・・・、私・・・、
今朝、プチぎっくり腰やっちゃったのです~(>_<)
コルセットでもしながら、行くべきか、行かざるべきか・・・。
[PR]
by hokulele2 | 2012-07-21 17:08 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(4)