もんぽない、ちえぶん


夏になると、ビオレUとか妙に恋しくなったりします。
いつもは香りにこだわったり、むしろ天然素材の石鹸選んだり、ドラッグストアではなくささやかでせめてもの贅沢をするのがボディケア。
札幌でもオーガニックやら様々な国の、ブランドのボディコスメが手に入ります。さして高価ではなく。
それはフルーツだったり、酵素だったり、オイルにフレグランスにピーリング、保湿にテクスチャー(笑)
でもビオレUってすごいね。
あの香りは四半世紀前からインプットされていて、これに勝るものはないのかも。香り、匂いのインプットってそう簡単に消えないから。
若い頃、バイクにテントを積んでよくツーリングしてた頃の「香り・匂い」の記憶。
テントの前に設置してた蚊取り線香。革のグローブ。そしてビオレU。きっとビオレU持って旅先の銭湯や温泉に行ってたんだろうな。
あの香りを嗅ぐと鮮明にツーリング中の風呂上り記憶が蘇るもの。
あの感覚が恋しく、今夜はトラベル用のビオレUを使ってみました。
今じゃ蚊取り線香使うような場所で眠る事もなく、革の香りはグローブからカメラのストラップへ。
小さな子供もいないから、大好きだった浮き輪売り場のビニールの香りも嗅ぐことなくなったなぁ。





ビオレUで汗を流し、お昼寝から目を覚まして最初に向かった駅。
ひび割れはんぱない、もんぽない。


a0266125_23202814.jpg








a0266125_23205898.jpg






新築そっくりさんの智恵文駅。


a0266125_23223334.jpg





数年ほど前までジャガイモは、ほぼ智恵文産の男爵ばかり食べていました。ポテトチップスになれなかったお芋さん。


a0266125_23230367.jpg



[PR]
by hokulele2 | 2016-07-31 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/23050427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ランプ城にて 風呂上り、めぐみの雨と駅めぐり... >>