旅の重さ




a0266125_01311165.jpg


時間はずるずると過ぎて行き、今年もあと少し…。笑って年を越せるのでしょうか。
今年後半は、古い映画をたくさん観ました。そんな時間があるのならば、やるべき事を先にやってしまえばいいのに。
高橋洋子主演の「旅の重さ」もそのひとつ。
16歳の少女が本物の旅をしている姿に、45歳の私の人生とを重ねてしまいました。
旅と旅行、辞書で調べたら同じ意味なのかな。
私はいつも旅したい旅したいって思っています。イコール、逃げ出したい。が、今の心境。
旅行は帰りの行程が決まっているもの。旅はいつ帰るかわからない、もうここへは帰らないかもしれないって意味。
今夜は私の中でそう意味づけしてみます。

1週間前に決めた、旅。でしたが、旅行となりました。
泊まった宿の部屋。窓を開けるとこんな景色。
夜は列車の音が聞こえると何度も慌てて窓を開けていたので、あぶなく障子に穴を開けるところでした。
朝、宿の近くを散歩して帰ってきたら、来た!列車。
女将さんの作る土地の料理、温泉に浸かりながら短い汽笛と夜汽車の通り過ぎる音(夜はマッチ箱1両列車)
知ってしまうと、また味わってしまいたくなる旅の重さ。

きっと一生こんな感じ。今日まで、そして明日からも♪








[PR]
by hokulele2 | 2015-12-06 02:10 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/21899349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mink330 at 2015-12-06 17:00
うらやましい! 自由に一人旅を楽しめるなんて・・・
いいなぁ~
写真も、文章も・・・

Commented by hokulele2 at 2015-12-06 23:03
minkさん
今回は現地集合で案内人が同行してくれた旅行でした。
ですので効率良くあちこち移動出来ましたが、立寄りたい景色に出逢っても
なかなか言い出せず…
この辺りはまた訪れてみたいです(^^♪
Commented by 観るだけ美術部長 at 2015-12-09 21:35 x
観るだけ美術部長です(^^♪
旅ね。もうしばらくしていないなぁ。もしかしたら、もう一生できないかもしれないです。
そう考えると、めぐんこ部員が羨ましいです。宿の窓から、こんな景色って・・。
ここ、どこです?あ、知らないほうがいいかもね。そう偶然の出会いも、旅の醍醐味ですね。
Commented by hokulele2 at 2015-12-13 18:32
部長!
ここは湯野上温泉というところですよ(^^)
会津鉄道の線路際にもたくさん小さな宿が並んでいます。
東北もこの辺りは北海道から最も行きにくいエリアかもですね。
福島空港は全然便数ないし。私は羽田まで行き東北新幹線で那須塩原まで。
あとは車で巡りました。土日の強行旅です。
私も子供が巣立ったんでこうやって自由に楽しめるのですよ。
部長もそのうちそんな日が嫌でもやって来ますよ(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 100歳おめでとう、遠軽駅 軒下 >>