毛玉公園と町歩き

 鉄棒を握る手のひらが冷たくて、季節が進んでいることを確認する子供のころ。
吊りスカートの裾をブルマに押し込めて、ちょうちんブルマ風に仕立て足かけまわりなんかをするんです。
そうすると手のひらどころか膝の裏が冷たいし痛いし、ますます冬が近づいたことを実感。
ハイソックスの毛玉が気になりだすのもこの頃。母はこだわりがあったのか妙に念入りに手洗いするものだから
私のハイソックスは余計に毛玉が出来ていて嫌だった!靴下の素材が冬物になるとこれに悩まされる。
冬の風物詩的だなーなんて子供心に思ったもの…。


鼻の頭がツーンとし出す季節。初めて歩くこの町も、あと2時間ちょっとでお別れ。帰りの列車が来ちゃう!
先月も今月もすっかり引きこもり癖がついてしまっていて、唯一の遠出でやって来た。
行きたいところ、見たいもの、登ってみたいところも制覇して、満足満足。
楽しかったなぁと一日を振り返り、そろそろ日帰り旅も終わり…あぁこの気持ちって子供時代の夕方帰り道と似てる!
それにしても、長い時間列車に揺られてやって来て、車内販売がないと調子狂っちゃうのよ。
腹っ減らしの私がお昼も食べずにこの時間までずっと動いていて、食堂を探しながら歩いてる。
なかなか見つけられずに、いよいよスマホを取り出し検索した食堂は、横断歩道を渡ったところバスターミナルにあった!

a0266125_00522635.jpg


バスターミナルってトイレもあるし、食堂もあったりするからありがたいよ。
この日はさほど寒くなかったけれど、鍋焼きうどんを平らげてお腹がホッとする。
しかもバスターミナルのすぐ裏に、いい感じの銭湯発見♡


a0266125_23232374.jpg






温泉まで足を延ばすのも良いのだけど、町の銭湯ってのも良いんだよなぁ。
さも常連さんのように「こんばんはー」って暖簾をくぐり、本物の常連さんと番台の女将さんの世間話なんかに耳を傾けて。
籐の脱衣カゴをさかさまにして、トントン。
浴室に入るときも、こんばんはーって挨拶は忘れないで。当たり前のように洗い場に腰を下ろすと、番台の女将さんがすっ飛んできた!
へっ?
そこはぬるい湯しか出ないのよー(笑) それはそれは! 常連さんのフリしたって駄目ね、使っちゃダメな洗い場があるとは…^^;


a0266125_00530192.jpg



今まで旅先の銭湯ではよほど時間がある時にしか髪は洗わなかった。私の髪は長くて量も多くて乾かすのにやたら時間がかかっていたから。
でももう平気!髪型も旅仕様、短くしたから。お釜ドライヤーに頭突っ込めば30円でしっかり乾いてくれちゃう(^^♪
ああ、湯上りが本当に気持ちいい。

駅まで歩きながら、この何日か前に出逢った一句を思い出しました。

シーソーの向かひに冬の空乗せて

いつまでたっても、おばさんになっても、この先ばあさんになっても、こんな風にぶらぶら旅しても許されるかな。
変なおばさん!と思ってくれて良いからさー。おじさんになりたかったなー^^;





[PR]
by hokulele2 | 2015-11-16 00:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/21839179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lenslife at 2015-11-16 20:18
hokulele2ちゃんは、本当に一人旅上手だねぇ~。
旅先で街の銭湯入るなんて、なかなか私には真似できないよ。
それにホントに年が離れているとは思えないほど、子供の頃の
「ちょうちんブルマで鉄棒」は同感しているよ!?
もっとも私は鉄棒が苦手だったから、「ちょうちんブルマでゴム飛び」の方が思い出多いかも。w
銭湯の情景も私の子どもの頃の記憶そのままだよ。

「シーソーの向かひに冬の空乗せて」実に素敵な一句です。
Commented by hokulele2 at 2015-11-16 21:17
ゆんぐちゃん
ひとーり上手と呼ばないで~♪
また一緒にタイル絵の素晴らしいあの銭湯、一緒にいこうよ(^^♪
ゴム飛びもやった!ちょうちんブルマ作戦で。
鉄棒は足かけまわりやグライダーなど大技は得意だったのに
基本のきほん、逆上がりがめっちゃ苦手でした^^;
私が子供の頃に通っていた銭湯は、トイレはもちろん和式でボットン。ペーパーの代わりに新聞紙が置いてあったよ笑
シーソーの句、いいでしょ。荻原裕幸さんて方の句です。
Commented by ベチ at 2015-11-16 21:59 x
旅先で銭湯かぁ、ツウだね。考えてもみなかった、いつも温泉を探してました。
てか、最後に浸かったのは五十年くらい前かなー。コロッケが七円でお好み焼きが十五円の頃w。
ちっちゃい頃の思い出をあたため続けるって素敵ですね♪
それをふとした時や場所、季節や匂いで蘇せるのは、とっても豊かな事なんだなと思います。呼び出し電話を持たされたり忙しく懸命に仕事をこなしているひとへのご褒美の旅なんですね。
変なおばさんwから変なおじさんへのハードルは高いぞよ(笑)
ぎっこんばったん、懐かしい♪。座ってブランコに乗るといつも酔ってたっけ(恥)。
Commented by hokulele2 at 2015-11-18 02:02
ベチさん
コロッケ7円って(*_*;半世紀前ですかぁ~
とか言いつつ、私も銭湯に通ってたのはうんと小さな頃、40年前くらいだった笑
社会人になってからは車にお風呂道具積んで、仕事から帰ると銭湯ジプシーやってましたね♪
銭湯は良いですよ。その土地の生活を感じられるのが好きです。
北海道もだいぶ減ってきているみたいだけれど、日本全国素晴らしい銭湯がまだたくさんありますねー
銭湯すたれば人情廃るですよ(^^♪
小さな頃の思い出に縛られてる、抜け出せないって思っていたけれど、豊かなんて言われると嬉しいな
これからも変なおばさんで、楽しんでいきます!
ブランコは立ち漕ぎすれば酔いませんよね☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 指定席 カラフルベンチに >>