OTIS!東北以北最古のエレベーターに乗りました(^^♪

函館に行ったら市電に乗ってあっちこっち。
車でも函館に行ったことはあるけれど、公共交通機関を使って町を歩いたほうが楽しいような気がします。
限られた場所にしか行けないので時にはバスに乗ることもあります。

a0266125_2043799.jpg

この写真の中央奥の建物は丸井今井呉服店函館支店?だった建物。
ここに東北以北最古のエレベーターがありました。スタッフに申し出ると見学させてもらえます(^^♪

大正時代に建てられた鉄筋コンクリート建築3階の建物は昭和に入り増築されて5階建てとなり初代のエレベーターが設置。
しかしその数年後大火により内部が全焼。けれど数年後に建物もエレベーターも再建。
a0266125_20573275.jpg



ここまで書いてこんがらがりそうになってるけど、まだ続きがあって・・・
今から数年前に耐震等の大改修があり5階建ての建物は3階建てとなって現在に至ります。(数年数年って何年だか・・・^^;)

※エレベーターに乗せて頂いてる時にスタッフの方から聞いた解説です。 興奮気味だったので、記憶が曖昧・・・。

建物が5階建てから3階建てに変わる時、このエレベーターの保存については議論がなされたそうです。
とにかく維持費がかかると。確かこの建物の他のエレベーターは月1回の定期点検だけれどもこちらは週1回だったかな。
現在は手動式のエレベーターがある部分だけ5階建ての塔のような作りになってます。
残したんですね。壊してしまっては、もう2度と同じものは作れませんからねぇと。



a0266125_20495392.jpg

蛇腹式の内扉がステキ。幼い頃乗ったことのある日本橋高島屋のエレベーターにもこんな蛇腹式の扉がありました♪
昇降の操作はレバーにて。UとDのみで。各階床面ちょうどに止めるにはちょっとしたテクが必要。



3階建て→5階建て→大火→5階建て→3階建て(エレベーター部分だけ5階建て) おそらくこのような歴史を辿っています(曖昧でスイマセン!)
丸井今井百貨店→水道局→函館市民交流まちづくりセンター

a0266125_112127.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-04-06 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/21089237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mink330 at 2015-04-06 09:40
函館、何度か行ってますが、ここは知りませんでした。
また行きたくなりました。

Commented by surigon at 2015-04-06 11:38
こんな素敵なエレベーターが健在なのですね!
函館はゆっくり見て回ったことが無いから、知らない所ばかり~。
今度行くことがあったら、絶対にここに行きたいです。
Commented by 観るだけ美術部長 at 2015-04-07 09:14 x
観るだけ美術部長です♪
こちらのエレベーター、観てみたかったのです。
旧丸井今井百貨店に古いエレベーターがあるのはもちろん
知っていたのですが、見せてくださいとお願いする勇気も
なく、これまで観たことがありませんでした。蛇腹式の
開閉ドア、雰囲気あるなー!ヨーロッパの古いホテルで
かつて観たことがあります。そんな雰囲気。今度行って
実際に観てみたいです。
Commented by hokulele2 at 2015-04-11 15:32
数年前…の連呼で詳しい事を書けずにすいません^^;
今は観光スポットのひとつとなっていて、たくさんの人が見に行っているようです。
まちづくりセンターのスタッフに声を掛ければ、丁寧な解説付きで乗らせて頂くことができますよー
ぜひ♪
Commented by ポンママ at 2015-04-17 09:16 x
これは素敵ですね!通ったことはあるけれどあまり記憶にありませんでした。街中にあまり行かなかったからですね。函館、あったかくなったらいってみたくなりました。今度は市電に乗りますね〜
Commented by hokulele2 at 2015-04-20 00:38
ポンママさん
是非行ってみてください(^^)
エレベーターだけでなく、このセンターではいろんな町歩き情報が得られますよ!
市電も楽しいです。札幌にもあるのですけどね、なかなか乗るチャンスないですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 三笠市民会館の緞帳、その後。も... サル温泉! >>