銭函駅にて新幹線の想い出。

2月は北海道の冬まつりがあちこちで開催されます。
1月は正月明けでのんびりしたいだろうし、3月は春への期待が勝ってしまうし
2月、冬として一番過酷な時期にお祭で寒さと雪を楽しもうってことかな。

札幌雪まつりは今日で終わったけれど、小樽の雪あかりは今週の日曜日まで。
小樽の手前の銭函も雪あかりの会場のひとつです。去年は駅のホームで北斗星の雪像に出逢いました
今年は何の列車雪像が出来たかなーとはりきって出かけたものの・・・なかった(・・;)

a0266125_23115578.jpg




ホームにはかまくらと雪だるまがありました。せっかくカメラを持って来たのだからと駅とそのまわりをうろうろ。
あっという間に3時間です。一枚の写真を撮るのにえらい時間かかるのです、夜の場合。

この橋からの眺めが好きで、ここに来るたび足を止めてしまいます。川です。私にはうっとりする眺め。
この写真を撮り終えた時、友達から「今日の岩合さん、津軽だよー。見てよー」とLINEが来ました。うちBS見れないのー(T_T)
そう返信した瞬間、1匹の黒ノラ猫が私の足元を通り過ぎて行きました。岩合さん観れないけど、生ノラ。
前回夜にここに来た時も同じように橋から川の流れを見ていたら足元を黒ノラが通り過ぎていったのです。
この辺りも野良が住んでいるのかな。ちょっとお待ちを~と、クロちゃん追いかけたけど思いっきり逃げられました。
a0266125_23395620.jpg





ホームにはなかったけれど、駅前に北海道新幹線の雪像がありました。色はついていなかったけど、これはこれで作るの大変だったろうな。
けど私はこの場に及んでも、北海道新幹線には心惹かれないのです。実際に走っているところを見れば気持ちも変わるかな。
JR北海道は問題山積みだし、新幹線を走らせるのは本当に大丈夫?って思ってしまいます。
期待している人も多いだろうけど、私のように考えてる人もたくさんいるでしょ?
a0266125_165625.jpg




新幹線自体は大好きです。東北新幹線にはあのCMばりの想い出あるし、東海道新幹線で働いたこともあるし(^^♪
売り子さんです。2階建て新幹線が出来て間もない頃だったのかな。カフェテリア号とか言ってたかな。
景気の良い時代だったから、制服もホーム上でしか着ないコートや帽子、鞄までも1人ずつ与えられたっけ。
実際働くときはエプロン姿なのに!私は当時、カフェテリア号に乗れる特別チームに入れてもらえて、お辞儀ひとつも専属の先生の研修を受けた記憶があります。

自動ドアを開けたら一礼して淹れたてのコーヒー、お弁当にサンドイッチはいかがでしょうかぁ。
社員だけがまわれるグリーン車にも仲良くなった社員の子のお蔭で行ったり来たり。芸能人も結構いたな。
えー、ここでは書けないことも。仕事はバッチリ。たくさん売りました。人気だったのは伊勢の赤福(^^)

東京ー大阪の最終列車と始発が多かったかな。梅田に仮眠所があって、みんなでお風呂入って2段ベッドで仮眠とるけど、
お喋りしてたらほとんど寝ないで朝が来た!
岡山までは日帰りで往復。休憩中に急いでキビ団子買に走ったりしたなー。本当は休憩室から出るのは禁止だったけど。
一番印象に残っているのは、客車から客車へ移動するとき、ドアから眺める雪景色。白い山々。ほんの1分くらいのおサボり。
まさかあの時は、こーんなに毎日白い世界で暮らすとは夢にも思っていなかったから。
そして素敵な制服に帽子にコート。東京駅のバックヤードから地上に職員専用のエレベーターで上がり2列で行進です。ちょっと気分良かったな(^^♪

新幹線の形もあれから随分変わりました。こんな風に若い時の想い出を語ると、まるで三丁目の夕日みたい。
ついこの間のように感じられるけど、時代は本当に変わりました。



イベントがなくても見れるこの眺め。決してきれいじゃないでしょうけど、私の琴線にはバッチリ触れています。
a0266125_0455335.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2015-02-12 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/20877356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daidaiiro0414 at 2015-02-12 07:06
おはようございます。
銭函駅、今年は新幹線でしたか~
新幹線は便利だけど古い列車なくなるのは寂しいです。
思い出が色々と有る人も居るだろうと・・・
川ですか~人それぞれお気に入りの場所ってありますね。
何気ない感じですがそれが良いのかも!

新幹線!今は伊吹山が真っ白で雪国気分を味わえますね~
社会人になって良く東海道新幹線にはお世話になってますよ。
最近ではアテンダントの方だけでなく、運転手や車掌さんも女性の方が多く活躍されていますね。

因みに、おっちゃんは明日も東京へ出張。
女性の乗務員に見とれながら新幹線で行って来ます(笑)
Commented by surigon at 2015-02-12 07:45
今年も銭函に行かれたのですね。何日に??
銭函は駅前意外は6~8日しかやってなかったみたいです。
連絡貰えれば、ガイドブック情報くらいならお伝え出来たのに^^;
あの辺りは休憩できる場所が無いから3時間歩いたら、冷えたでしょう?
風邪はひきませんでしたか?

新幹線で売り子さんしてたの!?初耳~~。
めぐんこさんなら、たくさん売ったのでしょうね(^m^)
北海道新幹線は私も疑問です。
今でも遅れや運休が多いのに、冬なんか走れるのかい??
Commented by ベチ at 2015-02-12 21:56 x
おねーさ~ん、冷凍みかんひとつね♪w。
めぐんこさんの頃にはもう無かったかな。赤い網タイツwのようなもんに入って売られてたやつで結構な値段だったような記憶が・・・
素敵な経験をされているんですね、いろんな話を娘さんにキャッキャ言いながら伝えれるって、何かいいなぁ。思い出は宝物ですね。

銭函のホーム、いい写真ですね。
そこに人が佇んでいる様な・・・、家族じゃなく、お二人でもなく、やはりここは一人かなぁ。
そして灯りの下の足跡・・、視る者に想像させるとっても好きな写真です。

三笠、昨日行ったら休館日だった。(爆)
Commented by hokulele2 at 2015-02-15 17:27
daidaiiroさん
出張お疲れ様です(^^♪ アテンダント!そう呼ばれるのですよね、今は。
楽しいバイトでしたねー、あれは。お給料もなかなか良かったのですよ。
銭函という所はですね、想い出の町でもあるのですよ♪
もう10年以上前にこの辺りを夫と歩いた時に、北海道らしくない何かを感じたのですね。
本州出身の人間はつい、北海道に馴染んだといっても故郷に近いものを探してしまうんです。
具体的に何がどうでとは説明出来ないのですが、そんな場所をいくつか密かにお気に入りの場所としています。
Commented by hokulele2 at 2015-02-15 17:36
surigonちゃん
行ったのは先週の土曜日です。7日かな。
豊足神社にも足を延ばす予定でしたが、ホームに雪像なくて気持ちも萎えちゃって。
寒くない夜だったからね、全然冷えなかったよ。
3時間、夜にカメラ持って出かけると、いつの間にかそのくらい時間経っちゃうのねー
売り子さん、結構頑張ったと思うよ。ポットのコーヒーがあっという間になくなって
新しいの取りに戻った記憶があるから。
新幹線、不安だよね…。
在来線のこともちゃんと考えて!もうほんとにお願いしますっ!
Commented by hokulele2 at 2015-02-15 18:03
ベチさん
冷凍ミカンはですねぇ、新幹線では売ってなかった気がします(^^;)
子供の頃によく利用した特急ひたちでは売ってたかな。見た記憶がありますけど、私、当時は嫌いでしたので。
車内販売っていうのは、旅気分も盛り上がりますしねー。
新幹線ですと特に温かいコーヒーや冷えたビールなんかは出張帰りのサラリーマンが喜んで買ってくれました。
スーパー宗谷やオホーツクでの車内販売がなくなるのはとても残念です。
特急に乗る時は車内販売で何か買うのも楽しみでしたから。
乗客も少しはそこでお金落とさないと!

運賃払って列車の乗り込み、ホームに降り立つとき、跨線橋からと
当たり前に見られる光景って一番の鉄道写真だと思いませんか?
私はなかなかうまく撮れませんが、気持ちは乗りますね(^^♪
足跡、そこに惹かれて撮った一枚でした!

三笠、行かれたのですね!ちゃんと公開してほしいです。
Commented by 観るだけ美術部長 at 2015-02-17 22:08 x
観るだけ美術部長です。
アテンダント(?)の話、とっても興味深かったです。
そうですか、そういう仕事も、いまとなっては、一度は
やってみたかったな。赤福ね、おれも買いそう(笑)。
オホーツク号でかにめしを食べるの、好きなんだけどな。
新幹線ですか、きっとめぐんこ部員は、開業しても
どこか複雑な気持ちで見ているような気がします。
Commented by hokulele2 at 2015-02-20 02:13
部長!
売り子さんですねー
男性の売り子さんはいなかったけど、マネージャーみたいな方が一緒に乗ってたな。
因縁つけてきた客の対応で途中の駅で降ろされたマネージャー。窓からあーあって見送ったの覚えてます。
とっても可哀想な顔で動き出す新幹線を見送ってました。
北海道に新幹線が走ることのメリットをいろいろ考えてみたけれど、
やはりどうしても…不安な事のほうが多いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 試験湛水を終えて 駅前ビル >>