白龍胎内めぐり☆その1

本州から登山経験豊富な友人が遊びに来たので、迷わずここへ誘いました。
小樽の端っこ、祝津の水族館を越えホテルノイシュロスを越えて、目的の場所へ向かいます。

私がとっても行きたかった場所、白龍胎内めぐりです(^^♪ 
北海道のクライミングのメッカのすぐそばに少しだけお邪魔させて頂きました。(私らはクライミングではありません)
きっかけは「どさんこ秘湯ファンさん」のブログです。白龍胎内巡りその① と その② その③  
私、どさんこ秘湯ファンさんのブログのファンなんです!軽く体を動かした後の温泉って最高です。
そしてこの記事読んでぶっ飛びました!! これは行かなくちゃ。でもさすがにひとりじゃ心許ない。
で、ちょうどいいタイミングで頼もしい友人が来道したのでラッキーでした☆

いろんな方の体験記を検索しました。それでもルートが想像出来ません。
これは私が挑戦してヤマレコ風にかっこよくレポートすれば、誰かの役に立つなーなんて大それた事を考えたのだけど(^^ゞ
時間が経ちすぎてすでに記憶が曖昧。
しかもなーんか私の写真が・・・どんより。残念な感じ。ぜんぶiPhoneでよかったじゃんか。
一応日付とお天気だけは間違いありません(^^ゞ

2014年7月5日 晴れ

ホテルノイシュロスを越え、小樽海岸自然探勝路に入りました。
少し登って現れたのが、白龍大權現墓台です。
a0266125_1243998.jpg




こんな景色を眺めています。
a0266125_1252135.jpg





草ボーボーの木道から少し進むといよいよ白龍胎内巡りの入り口。この鳥居をくぐって進みます。
a0266125_0221990.jpg





傾斜のあるルートをどんどん下って行きます。アジサイ?たくさん。これが全部咲いたらすごくメルヘンだなーなんて思ってパチリしました。
a0266125_0241766.jpg





どんどん下ってしまってどうなるの?って思っていた所で木漏れ日の向こうにそびえたつ大黒岩に気がつきます。
a0266125_0333840.jpg




前調べでは、大黒岩と不動岩の間のガレ場を登るはず。わかりにくいが直登する!はず。
確かに巨塔岩がふたつ。そして想像以上のガレ場。一体どこ登れっていうのか・・・。ここでつくづくこの友人と来て良かったと思いました。
ルートを探してくれています。私はよっこいしょと座って休憩。こりゃ危ないなーと思いカメラをリュックにしまった矢先・・・。
ゴロンゴロンゴロン。落石が!私と友人の間を石が落ちていきました。実際は音だけ聞いて石そのものは見ていません。
ほんと不謹慎なのだけど、友人がへまして転がって行ったのかと一瞬思って思わず笑ってしまいました。
気をつけねばならないなー、ここはやたらめったら人には勧められないなーとか真剣に思っていたのだけど
なんか笑いが込み上げる。こやつとはいろんな所へ一緒に行ったしケンカもしたけれど、ジジババになっても
こうやって一緒に笑いながら(笑っていたのは私だけ)冒険出来るってのが嬉しいななんてしみじみ。

そんなこんなでここではこの1枚だけ。そろそろiPhoneの出番。
a0266125_0575569.jpg


もちろんこの岩たちは落石ではありません。高い山をいくつも登っている友人から落石の話を聞きました。

つづく。


☆お返事が遅れてしまって申し訳ないので、コメント欄は閉じておきます。
[PR]
by hokulele2 | 2014-08-19 23:50 | 山・海・川・湖・森! | Trackback
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/20109402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白龍胎内めぐり☆その2 想い出のおすそ分け >>