バス停までの道のり。

実家に帰省して来ました。
昨年は2月と4月に帰省。3月の終わりに古い実家は取り壊され、9月に新築されたのですがまだ一度も新しい実家に帰っていなかったので。
川崎の4月と言えば、北海道の初夏のような陽気。あー冷え切った体を温めてくるぞー!って思ってたのに・・・。
本当に寒かった。先週の金曜日の朝、札幌を発った時より昼の東京のほうが寒かったのです。小雨まじり。
2泊3日の滞在でしたが、暖かいと感じたのは土曜日の朝からお昼まで。

なんだか最近体が冷えて冷えてしかたないので、一番ポカポカした時の写真を帰省アルバムの最初に貼りたいと思います。


実家から最寄りの駅まではバスに乗ります。バス停までの道のりです。
右の歩道のように見えるところはドブ川にコンクリートのフタがしてある部分。歩くとボゴンボゴンと音がします。
a0266125_21421049.jpg





畑の向こうの保育園に鯉のぼり発見!今年初めて見た鯉のぼり(^^♪ だらーんとしてるけど。
a0266125_21421727.jpg





ユキナヤギが満開。
a0266125_2142256.jpg





ユキヤナギのお宅の縁側&お庭。こんな縁側のある家に住んでみたい!
a0266125_21442878.jpg





足元を見ると、可愛い青紫のお花。赤いのは落ちた椿の花。
a0266125_21443569.jpg





可愛いなーと呟いていると、道の向こうで雑草むしりしていたおばさんが、十二単って言うんだよって教えてくれました。
この青紫のお花の名前は十二単って言うのだそうです。きっとお庭いじる人なら知ってる名前なのかもな。
a0266125_21444385.jpg




どこでドブ川が道を渡っているのか不明なのだけど、この辺りからコンクリートのフタ歩道は反対側に続いています。
十二単が道端の雑草に交じって咲いている場所は見上げるとこんなふうです。とても好きな場所。
梅や椿、いろんな木が垣根になっています。
a0266125_21444880.jpg





垣根の向こうには秘密の花園みたいな秘密の畑。山吹のお花も小さな頃から大好きな花でした。これは八重です。
a0266125_21445322.jpg




私道なのかもしれないけれど、みんなこの道を通ってバス停に向います。
a0266125_2145186.jpg




街道を渡ってやっとバス停が!
a0266125_2145107.jpg





きっと40年前も20年前も、10年後もアスファルトとツツジ。
a0266125_21451871.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2014-04-23 23:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/19712127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daidaiiro0414 at 2014-04-24 07:25
山吹の季節ですね~綺麗な色大好きな花です。
行った事のない町並みを見るのがメッチャ楽しいです。
その場所その町に色んなドラマが有ったり思い出が
有ったりと思いを巡らせる、そんな普通の景色が大好きです。
また私の知らない町を見せて下さいね~
Commented by うさぎ at 2014-04-24 20:08 x
確かに20年前も、10年後も、その先も季節が来ると、
ツツジが咲く光景がそこにはあるかもしれません。
時間の経過とともに、その花を見る人は違っても。
年々歳々花相似、歳々年々人不同 という言葉を思い出した。
あの三弦橋もそう思ってましただけに、残念(-_-;)
Commented by hokulele2 at 2014-04-24 21:57
daidaiiroさん
山吹色、私も大好きです。子供の頃から、きれいな色だなって思っていました(^^♪
普通の景色、普段着の景色にこそドラマがありますね!
ブログ、非公開の個人日記にしようかと思ったこともありますが
daidaiiroさんのようなコメント頂くとこのままにしよーって思っちゃいます!
ザ・観光地や歴史を感じさせる場所も決して嫌いじゃないですけど、
私にしか拾えないもの写真に残せたら嬉しいし、
他の方のその人だけが拾い上げられるもの覗かせてもらうのが楽しみです!
Commented by hokulele2 at 2014-04-24 22:05
うさぎさん
年々歳々・・・。そうですね!
ツツジの花、以前はあまり好きじゃなかったのですよ。そういう花、いくつかあります。
年を重ねて、今まで気が付かなかった魅力を感じることが出来るようになったり
受け入れられるってものが増えたような気がします(^^♪
ツツジの花が、私の成長を待っていてくれたと思うと、余計に愛おしくなりますねー
消えて行く景色は切ないですね。形あるものが水に沈んでしまうというのは
切なさも余計に感じてしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 付け足された景色 雪たっぷりの春 >>