純の甘ったれ!布部駅(^^♪

a0266125_2255839.jpg


電気のスイッチどこですかー?
純坊、電気なんかねえよ。このうちにはね、電気ははいってなーいの。
電気がないー!?
電気がなかったら暮らせませんよー!
そんなことないっすよー♪
夜になったらどーするのー!
夜になったら寝るんです♪
寝るったって、ご飯とか、勉強とかー!
ランプがありますよ、いぃーもんですよー♪
ご飯やなんかはどうやって作るのー!
薪で炊くんです♪
テレビはどうするのー!
テレビは置きません♪
あたーっ(>_<)
けどー、冷蔵庫はっ!
そんなもんなまじ冷蔵庫よりおっぽいといたほうがよっぽど冷えますよ・・・♪



a0266125_2355491.jpg

ここは・・・ドラマ「北の国から」第一話で五郎と純と蛍が降り立った駅・・・。 ってなことは全然知らずに先日の駅めぐりで立ち寄りました(^^♪
根室本線 布部駅。
「北の国から」はスペシャルしかじっくり見たことなかったんで(^^ゞ あ、スペシャルの「帰郷」は大好きで何度も見てます。
でも「電気がなかったら暮らせませんよ!」純のセリフは知ってますよー。なんとなくは見てるんですね。
純のお蔭で、北海道民は都会っ子→ひ弱ってイメージが強いかもしれないけど、今ではどうでしょうねー
気温は違えど、都会の子は薄着で真冬も外で遊ぶし、公共交通手段をよく使うから足腰も強くタフで元気です。(道産子よりは)
ちび道産子よ、車ばっかり乗ってねえで、足で歩けや!春になったら、とっととスキーウエア脱げや!
ちょっとくらいの暑さでバテるな、真冬ストーブの前、半袖でアイス喰ってんじゃねえぞ、オラ!
うちの子はたくましく育てましたので、真冬のミニスカ短パンもどんと来いでした(^_^;)


a0266125_23125397.jpg






ありがたいですねー、ワンマンカーの乗り方説明がありました(^v^)
a0266125_2372628.jpg






a0266125_2373737.jpg






雨がひどくてほんの合間に撮りましたので、肝心な駅舎外観の写真はありません。少しだけお話したご婦人の乗る列車がやって来ました。隣駅の富良野まで行くそうです。
a0266125_23144770.jpg






一生懸命セリフを拾いました(笑) 暇な人ねー、
[PR]
by hokulele2 | 2013-11-27 22:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/19058818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-11-27 23:17
あははっ^^;
私の子供の頃は、ゲームも無かったから、
冬でも外で遊ぶのが当たり前だったし、学校まで2,30分歩いてた。
今は、外で遊ぶ子はあまりいないし、学校まで送り迎えつきの子もいますものね~。
そうそう高校の時、スカート下にタイツ等は真冬でも履かなかった。
今思えば、体に悪いことしてたなぁ~^^;
Commented by hokulele2 at 2013-11-27 23:24
surigonちゃん
そうそう、今の子は歩かないのねー、今の大人も!
ちょっと天気が崩れたり重い荷物があったりするとすぐに送迎よー
しかも高校生も送ってもらったりしてんのよ、ダメだこりゃって感じでしょ。
あ、女の子は毛糸のパンツ履かなきゃ。
港の写真、素敵ねー(^^♪
Commented by JKH at 2013-11-28 18:24 x
おら、歩くど。
坐骨神経痛だし足指骨折だけど 歩くど。
布部駅と山部駅はよく行くど。
Commented by hokulele2 at 2013-11-28 21:17
JKHさん
歩きますね(^^)
歩くといろんなものに出逢えて楽しいです。心も体も健康的になるね♪
足指、大丈夫ですかー? 痛そうだ(^o^;)
Commented by 観るだけ美術部長 at 2013-11-28 22:00 x
観るだけ美術部長です。ご苦労さまです。
ストーブの前でアイスですか、北海道民の定番ですけど(笑)。
電機のない生活って、たいへんだよ。停電とかになったら、ほんと
慌てるもの。暖房も電気スイッチが入らないから使えないしさ。
うちの子どもも、軟弱に育ててしまっているけど、ある意味
仕方のない時代なのかも知れないです。最近歩いてないわ。
Commented by hokulele2 at 2013-11-29 01:12
部長!
私も大好き、ストーブの前でアイス(^^♪
ほんと、昨年?の大停電の時は大変だったと思います。
ジュニア君、パパと一緒に歩いてー
大丈夫、部長の息子さんだもの、ワンパクでもいい・・・たくましく育ってほしい・・・(^v^)
Commented by yu-ra at 2013-12-01 17:40 x
ムスメもマフラーも手袋もしないで学校へ行ってしまう^^;
吹雪だろうがスカートの下は素足。

ストーブ前でアイス食べられるような室温だったら、暑い暑いと窓を開けてたりしてあわててストーブ消すから開けるな!と叫んだり。
うちから駅は3キロくらい離れてるんですが、バスを30分待つくらいなら歩くと行ってさっさと行ってしまうし。

でも考えたら自分がそう仕向けてしまっていたみたい。
雨や雪でわざわざ迎えに行くことはないし(他の生徒をはねそうで怖い)、荷物が30キロの筋トレでもがんばれーで済ませるし。持てない大きさの荷物とか、暗くなった時しか送り迎えはしませんでした。

そうそう、北海道の冷蔵庫は食べ物を凍らせないために食品を入れるものと教わりました^^
子供の頃、家が安普請で茶の間以外は外気温と変わらなくなるので、朝目覚めたら飲みきらなかった珈琲がカップの中で凍ってたりしてました。
子供の頃の思い出とか記憶って面白い。わたしも同じように思い出して綴りたいです。
Commented by hokulele2 at 2013-12-01 23:04
yu-raさん
yu-raさんのお嬢さんもたくましいですね(^^♪
重い荷物を背負っての登下校が体を強くするって私も思っていましたよ。
うちの子の父親の子供の頃の話はとっても楽しいです。今よりも豊かな感じ。
そんな頃の北海道を見てみたかったです。もちろん今の北海道も好きですけど。
ぜひ、yu-raさんも子供の頃の話も聞かせて下さいね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 雨の日曜日、製材所にて。 ラジオ深夜便に乗せ、炭山郵便局 >>