婆ちゃん、あんがと。無事着きましたー、新むつ旅館(^^♪

青森旅行の続きです(^^♪ 
大きな台風が日本列島を襲い、たくさんの方が被害に遭ったようですね。今日、ほんの少しの時間ですが千歳では雪が降りました。
とても寒いのに停電の地域もあるようで、早い復旧を祈ります。
この日も台風16号が北上して北東北に迫っていました。


弘前から奥羽本線に乗り、青森駅に戻ってきました。次は青い森鉄道に乗り換え八戸へ。
a0266125_21221231.jpg





1時間半ほどで八戸駅です。ここから八戸線。うみねこレールって愛称。かーわいーなー。
青い森鉄道降りたらすぐに乗り継ぎだよ!急いで階段登ると・・・、ガーン!! 台風の影響で八戸線、止まってるって。運休です(*_*)
娘が宿に電話しに行ってます。バスで町まで来ればタクシー代1000円くらいで行けるかもだって。
仕方ないよねー。こんなことなきゃ八戸でバスに乗るなんてこともないのだしね。バスターミナルに出てみます。
休憩中の運転手さんに宿の場所を伝えて乗るべきバスを教えてもらいます。乗り場に行ってみると、すでに八戸線乗りたかった組が数人並んでました。
そこにあれこれ指示を出してる元気なお婆ちゃんがひとり。私たちにも指示を出します、これに乗れと(笑)

どうやらフェリーターミナルに行きたい人もいたようです。お婆ちゃん、走り出した車内でも繰り返し指示を出しています。八日町で降りなさい!
婆ちゃんの言うこと聞いてりゃ安心だなー。ホッとしていたら、今度は婆ちゃん、私に向かって自分の座っていた席を譲ろうとするのです。シルバーシート(笑) 
さすがに丁重にお断り(^_^;)


八日町のバス停。
さ、タクシー乗り場へ行こー!と歩き出すと、またもや婆ちゃんが、指示してきた!なにやってんの、あんたらはここでバスを乗り換えるんだよ、ここで待ってなさい! 
どうやらタクシー乗らずにバスだけで宿近くまで行けるみたいです。婆ちゃん、ありがとうね(^^♪
それにしても、この辺り、20数年ぶりに訪れてます。私の学生時代からの親友が八戸出身なのです。三戸出身の友人もいまーす!
あ、バス来たよ。鮫行に乗り込みます。
a0266125_2122187.jpg





娘が念のため間違いないか運転手さんに聞きに行ってます。頼もしくなったなー。
a0266125_21222396.jpg





バス停を降りたら、何の変哲もないフツーの住宅街を歩きました。きっとこっちだろう、娘がiPhoneのナビで調べてます。細い細い路地を歩きます。
北海道じゃ考えられない細さです。 すると、突然広い道に出ました。車通りのない静かな路地です。
a0266125_21222816.jpg






あ、ここでしょ。新むつ旅館!この造り、分かる人には分かるでしょ?
a0266125_21223357.jpg





とっても明るくて元気が良い女将さんが、優しく出迎えてくれました。大変だってねーって。
もうお腹ペコペコ。お風呂は後で。ご飯いただきまーす。
厨房横のお部屋で夕食。まだ辿り着かないお客さんもいるって。娘がお味噌汁を頂いてるのは耳の遠い大女将さん。何にも聞こえてないのにニコニコでした。
そして暖かい食事の内容。この日やっと地物の秋刀魚が揚がったそうです。
a0266125_222456.jpg




私たちのお部屋はちょっと小さいお部屋。ぎりぎりで部屋を取りましたからねー。お部屋の大きさは様々みたいです。
昨日は10畳ぐらいの和室。今日は6畳かなー(^^ゞ うちらは、こういうお部屋でも全然平気なのです。
リュックがふたつ並んでるね。お風呂をいただき、早々オヤスミ。女将さん、明日ゆっくり宿の中案内してあげるからねーって。楽しみ~(^v^)
a0266125_2244845.jpg






おはようございます。もちろん雨。台風は逸れることなく青森に向ってきているようです。縁側からパチリ。
a0266125_227031.jpg





本当は八戸、いいとこいっぱいあるんだよ。案内したいのに。女将さんが申し訳なさそうに話してくれました。
その代り、宿のこと、町のこと、たくさんお話してくれて、楽しかったよ。見上げているのは天窓。
a0266125_2294267.jpg



前の晩、夕食をご一緒したのは鎌倉から旅をなさっている高校生の娘さんとお父様。
翌日、娘さんは鎌倉に戻り、お父様は定山渓で行われる同窓会へ出席するためフェリーで北海道入りするのだそう。
ちょっとインテリなお父様。なんだか話が進んで行くと、な・なんとお父様はうちのお嬢の大学の先輩だということが判明。これはすごく珍しいことなのです。
盛り上がってお父様、大学の校歌も歌いだしました。教授陣の裏話も出て・・・後から女将と話したのだけど、あの方どこかの教授っぽいよねーって(^o^)
お父様、是非、学祭に行ってあげてください!探検部のブースでうちの娘がお待ちしていますよー。


新むつ旅館探検は、まだ続きます。
a0266125_22293173.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2013-10-16 22:30 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/18799909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-10-19 13:02
親切なお婆さん、見てみたいわ~。
行く先々で、面白い人に会えて楽しそうです^^

この旅館もすご~い!
階段の作りと色が溜まりませんよ。
Commented by hokulele2 at 2013-10-21 01:05
surigonちゃん
めっちゃ仕切り屋のお婆ちゃんでした(笑)
あのような方がいると、旅行者も町の印象がグッと良くなっちゃうよね。
すごいよー新むつ旅館!
そうです、黒光りしたこの色がたまりません!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 雨の朝、新むつ旅館にて。破風に... お砂糖はいくつ?喫茶ひまわりに... >>