弘南鉄道、もしやそなたは・・・。

もう1ヶ月も経ったけど、まだ青森旅行の続きです(^^♪ 連休もお出かけ・・・でもこっち終らせてから。


なんとか発車時刻10分前に弘南鉄道の駅に入った私たち。入口から入ってホームから見たらもちろん出口。
a0266125_23484434.jpg




ありゃ、やっぱり津軽鉄道と同じでJRのホームに弘南鉄道の入口出口がくっついてました。
a0266125_23522770.jpg






弘南鉄道のホームは向こうだよー。ドタバタで跨線橋を。あ、見えた。
a0266125_23545125.jpg





はじめまして!あー、チャッチャと乗りこんじゃうお嬢さん。
a0266125_23593690.jpg






鉄道むすめ(^v^) 八戸ときえ!芦野かな!平賀ひろこ!調べちゃった。そういや松風かれんも知ってるよー。
a0266125_034527.jpg






ちょっと!つり革がリンゴちゃんでしょー(^o^) めんこい!
a0266125_063783.jpg






貸切状態みたいなんで、やりたい放題。パンパンに膨れたリュックさん、記念撮影。
君とは山に登ったり、森に入ったり、海を眺めたり、いろんな所へ一緒に行ったけど、とうとう青森でも頑張ってたくさんの荷物運んでくれたね。
a0266125_0103599.jpg






a0266125_0105124.jpg





あのね、弘南鉄道にはもちろん初めて乗るのですけど、どうも懐かしい感じがするんですけど・・・。
そなたはもしや・・・。
私が一番所縁がある鉄道、東急電鉄さん?東横線や大井町線。新玉川線に日比谷線直通日吉行き。
そっくりなんですけど。って調べちゃった(*^^)v どうやらそうらしい!
もしかしたらこの車両、かつて私が乗ったことある車両かもなんですねー。感無量。
a0266125_0111383.jpg




大鰐駅を出て、中央弘前駅まで向かいます。走り出すと、なんと打ち上げ花火が窓から見えた。感激。
どこの花火大会だったのでしょうねー、ありがとう☆


到着です。今夜のお宿は中央弘前駅から歩いて数分の旅館です。
a0266125_0233222.jpg





改札、お待たせしてすませーん。
a0266125_0241295.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2013-10-13 23:55 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/18782325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by madang19 at 2013-10-14 10:56
密かに鉄道好きなので、このシリーズをいつも楽しみにしています。
何だか自分もその場にいるような気がして良いんですよね~。^^
Commented by surigon at 2013-10-14 15:21
誰も乗ってない電車、やりたい放題!
そんな機会はなかなかないから、嬉しいですね^^
リンゴのつり革もかわいいし~。
修学旅行で青森に行った時も、何でもリンゴだぁ~と思ったんだったわ!
Commented by hokulele2 at 2013-10-14 22:16
madanさん
ありがとうございます(^^♪
行ったような気になっていただいて、そしていつか行ってみて下さいねー。
Commented by hokulele2 at 2013-10-14 22:21
surigonちゃん
やっぱりそう思った?ほんとうにリンゴだらけね。
可愛いものがあちこちに溢れてるの。
お土産も可愛いものがたくさんあった!後で買おうって思ってたのに買えなかったのー。何故でしょー(T_T)
Commented by ariari at 2013-10-15 02:29
お乗りになったのは最近顔をベージュと赤にした奴ね。
昔は車体全部がこのツートンカラーのが走っていたの。
つり革に今でも「渋谷109」のロゴが入っている広告なかった?
Commented by hokulele2 at 2013-10-16 22:52
ariariさん
感動しましたよ、子供の頃から慣れ親しんだ東急の車両に再会出来たのだから。
でも確信出来たのは旅から戻ってのこと。つり革の109のロゴ?懐かしいー(^v^)
存続することになって良かったです、弘南鉄道!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 趣のある建物、小堀旅館にて有頂... お湯も人もあったかい、大鰐温泉... >>