唐松リカ VS 苫前リカ

先日三笠方面に行った時のこと。
今はもう列車の来ない駅舎の向こうに唐松1丁目のバス停が見えます。
a0266125_14122020.jpg





幌内線廃止のあと荒れ放題だった駅舎も、心ある方々の尽力により当時の雰囲気を保っているそうです。
a0266125_14123122.jpg





うちわで扇ぎたくなる季節でも、この子たちが毛糸のドレスをまとってお客さんを迎えてくれます。
a0266125_14124195.jpg





a0266125_14124935.jpg




木造腰折れ屋根の可愛い唐松駅。
a0266125_14125844.jpg



唐松リカの写真を見ていたら、あの働きもののリカちゃんたちを思い出しました。


彼女たち?は今、氷橋(すがばし)を作っています。氷橋とは、冬、川に丸太を渡し木枝を被せ、その上に雪を載せ踏み固めて作る橋のことです。
私は氷橋というのを初めてここで知ったのですが、北海道開拓時代にはよく作られていたそうです。
この橋を馬そりなんかが通ると聞いて、本州の人なんかは信じられないかもですね。北海道の冬の寒さを知っている人なら、雪が固まったときの頑丈さに納得です。
a0266125_14131086.jpg





ちょっとぉ\(◎o◎)/! リカちゃんたちのお宅に毛むくじゃらが近づいていますよ!
a0266125_14132333.jpg





a0266125_14133452.jpg





a0266125_14134426.jpg





巨大ヒグマです。乳呑み児もいます!逃げて!
a0266125_14135651.jpg





またぎの兵吉登場です。
a0266125_1414479.jpg




止めが刺せたか裏にまわって確認してみました(笑)
a0266125_14141730.jpg




ここは三毛別。苫前から内陸に車で30分くらいでしょうか。山深いところにかつて集落がありました。
大正4年。この地で日本史上最大級の獣害事件が起きたのです。三毛別羆事件。冬、巨大ヒグマが民家を襲いたくさんの犠牲者を出しました。
冬眠し損ねたヒグマは「穴持たず」と呼ばれていて、とても凶暴だそうです。Wikiを読んだだけで、もうブルブル。
ぜひ読んで!三毛別羆事件。おっかないです。
先人は、寒さだけでなくこんな恐怖とも闘いながら北海道の地を拓いていったのですね。
現在でもヒグマに襲われる事件は毎年起きていて、その原因はひとつじゃなさそう。アイヌの儀礼「熊送り」といい北海道とヒグマは切っても切れない間柄なのです。

苫前の郷土資料館では、このヒグマ襲来事件の資料がたくさん展示されています。
リカちゃんたちもこの惨劇を迫真の演技で再現しています。髭を生やしてまで(^^♪
情報くれたSちゃん、ありがとうでした!
[PR]
by hokulele2 | 2013-07-27 23:55 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/18202270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lenslife at 2013-07-28 16:37
唐松駅舎って、まだ保存されていたんだ!
我が家も同じ腰折れ屋根だー。
ナント私が生まれる前だけど、両親が住んでいたらしい。
まだ列車走っていたのかな~?

それにしても三毛別熊事件って酷いね。
リカちゃん現場再現よく出来てるよ!
Commented by mink330 at 2013-07-28 16:46
すごい!すごい!
一気に読みました。写真もすごい!
やはりめぐんこさん、只者ではないですね。
Commented by hokulele2 at 2013-07-30 01:23
ゆんぐちゃん
なになにー?後で事情聴取!
父さん母さん、どこに住んでたって??
唐松駅、今度行こう!とってもきれいに保存されているよ(^^♪
三毛別羆事件は、本当に身も凍るような恐ろしい出来事です。
Commented by hokulele2 at 2013-07-30 01:25
minkさん
どっちのリカちゃんも、とっても重要な役目を果たしてましたよ(^^♪
毛糸のドレスや帽子、お髭まで(笑) しっかり演じてくれてます。
丹精込めて展示してくれてるって気持ちが伝わりました。
Commented by yu-ra at 2013-08-02 09:18 x
初めて書き込みます(多分)。Kikurinさんの方から来ました。

氷橋にアイヌ開拓民の使うような掘っ立て小屋…何だか三毛別のあれみたいだなあと、ページを追っていたら急に熊に会いましてびっくりしました。
先日、再現映像での三毛別羆事件を見たばかりだったので本当にびっくりしました。慰霊碑にも行きたいと思っていたのです。

再現映像はそんなに怖くなくて、ウィキペディアの方が淡々と描かれているだけにものすごく怖く感じます。
Commented by hokulele2 at 2013-08-03 23:44
yu-raさん
はじめまして!
再現映像ってアンビリーバボーですかね。あれは笑っちゃいましたね。
三毛別、私は今回2度目の訪問だったのですけど、今回は苫前の資料館に寄ってから行ったので
当時の様子が分かって良かったですよ。
復元地は本当に小さな一画だけですから、資料館にも行かれるのをおススメします(^^♪
Commented by yu-ra at 2013-08-04 08:51 x
再現映像、そうです、アンビリーバボーの。
その前から知ってはいたのですが、アンビリーバボーのだと被害は分かりにくいですね。

詳しくありがとうございます〜。苫前の資料館ですね。
Commented by hokulele2 at 2013-08-05 00:40
yu-raさん
私もお友達からの情報で苫前の郷土資料館知ったのです。
資料館、奥のほうの部屋にリカちゃんたちの現場再現がありますので
探して行ってみて下さいね(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏の夜のごあいさつ ふるさと自慢 >>