うしろ髪ひかれる町

もう何年も前から気になっている町。いつも通り過ぎるだけでしたが、今年は2回ほどちょっとだけ立ち寄っています。
駅には初めて行きました。

a0266125_1131094.jpg






駅そば。暖簾の丈がやけに長くて中が見えず、やっているのか一瞬分かりませんでした。
私がそうしたんじゃないのよー。おばちゃんが言ってます。

a0266125_1132119.jpg






本当は駅前のラーメン屋さん(美味しいらしい)に行くはずが開店前だったので朝ごはん代わりに食べた駅そばでした。
駅そば終了後、なんとそのラーメン屋さんが開店してしまったのです。連れはそっちも行くって言ってます(^_^;
私はさすがに遠慮して写真を撮ってました。

a0266125_1132914.jpg






これを小さくしてドールハウスのように家に飾りたい!なにより自分が写らないようにするのが大変でした。

a0266125_113368.jpg






a0266125_1141033.jpg





a0266125_1141878.jpg





a0266125_1142656.jpg




JRってロゴは、もはやぎこちない存在ではなくなっていました。国鉄からJRに変わってからちょっと旅に出ると
地方の小さい駅では古い駅舎にJRの文字だけが浮いているように感じたものですけど。
当たり前か、四半世紀過ぎてるもの。子育てに夢中になっている時間は、大袈裟に言うと浦島太郎みたいなもので。

この町のことを、私はあまりよく知らないのですけど、いつも後ろ髪ひかれる思いで通り過ぎていました。
この町だけを目的に訪れてみたい、今度こそ。

a0266125_1143495.jpg




北海道は来月だけど、今日は七夕。
古い友達と今年も旅が出来ました。もう20年以上だね、変わらぬ気持ち。
年に1、2度。こうやって旅することが出来て。織姫と彦星みたいでしょ(^^♪
お互いいい年なはずだけど、変わらんねー。これからも婆さんになっても、続けて行こうよ。
[PR]
by hokulele2 | 2013-07-07 10:30 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/18052643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-07-07 14:55
留萌駅だぁ~~~
つい先日、兵庫から遊びに来た方もそっちの方にJRで行って来たのよ!
私はドライブでしか行ったことが無いです。

駅ソバの汁、北海道らしい濃い色してますね~。
Commented by lenslife at 2013-07-08 19:47
留萌駅って、こんないい感じの駅なの!?
もっと都会かと思っていました。
ドールハウスにしたい写真のガラスに写りこんだ風景
すごくイイですね。
ちょっと別世界的で!
Commented by hokulele2 at 2013-07-10 22:38
surigonちゃん
留萌駅ね、私も車で行ったけど、JRで行ってみたいよ(^^♪
お友達も楽しまれたかな?
ほんと濃いね~、でも美味しかったよお蕎麦。
Commented by hokulele2 at 2013-07-10 22:45
ゆんぐちゃん
駅から離れたところのほうが賑わうのは、地方都市の特色だよね。
硝子に映りこんだ風景ね、上手いこと自分の姿が消えてるでしょ(^^♪
駅のちょっとしたところシリーズ、ディアゴスティーニあたりで出して欲しいよ~。
Commented by 観るだけ美術部長 at 2013-07-14 09:54 x
観るだけ美術部長です。ご無沙汰しております。
ちょっとは、寂しくなくなったかな?留萌駅は、何度か来ましたね。
ぼくもクルマだけど。ここの駅そば、うちの子どもが、おなかがすいて
何か食べたい、と言ったので、ふらっと何も知らず寄りました。
ぼくは、ここの名物駅弁「にしん親子弁当」を買う予定で寄ったのです
が、受け取り場所が、こちらの駅そば屋さんだったのです。駅前に
ラーメン屋ですか、知りませんでした。近くの市場にある鈴木蒲鉾店、
ここはお勧めです。
Commented by hokulele2 at 2013-07-15 23:43
部長!
お久しぶりです。部長、駅弁好きですもんね(^^♪
にしん親子弁当も食べてみたいです。
鈴木蒲鉾店ですね、今度行く時には寄ってみます!
この間、アポイ岳に登ってきましたよー。
初心者にはもってこいのお山でした。楽しかったです♪
体力的には、ちょっと物足りなかった感じで、もう少しだけレベルの高い山に登ってみたいです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 端っこ物語、親方の家とか。 Dainihon Jochugiku >>