入場料は尻餅ひとつ。

a0266125_127514.jpg




山の中の美術館に行ってきました。


a0266125_1271194.jpg





a0266125_1271837.jpg





a0266125_127246.jpg





a0266125_1273124.jpg





a0266125_1273954.jpg





a0266125_1274657.jpg





a0266125_1275438.jpg





a0266125_128375.jpg



お仕事しなくなってから、もう何十年も経ってしまって。それでも錆や苔の彩りは年を重ねるほどに色づいて。
入場料は、雪の斜面で尻餅ひとつ。



a0266125_12898.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2013-06-21 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/17974931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-06-21 07:53
この日のお天気はいまいちだったのでしょうか?
日差しが入り込んだら、また違った雰囲気になりそうですね
私が生まれる前に閉山したところの建物なのに、
まだこんなにも存在を主張しているのは、凄いな~
もう、脚が治ったら行きたいところがいっぱいです!^^;
Commented by ike at 2013-06-21 09:48 x
めぐんこさんへ

はじめましてikeと申します。
写真のことは全く無知、ましてや美術にはほど遠い人間です。
そんな私ですが・・・

山の中の美術館、入場料は尻餅ひとつ・・・・・
感心いたしました。
まさしく、「写真は探すもの」なのですね・・・

人間も仕事をやめ、歳を重ねるほどに色づきたいものです。
(色づくの意味が・・・・色々)

これからも益々のご活躍を!!
Commented by mink330 at 2013-06-21 10:38
昔の美術館、廃墟として残っているのですね。
音楽室も良かったけれど、ここもまたすごい!
みんなすきだけど・・・
下から4枚目いいなぁ~
Commented by hokulele2 at 2013-06-21 18:07
surigonちゃん
そうなの、お天気いまひとつだったのー。
私は曇りも好きなので良いのだけど、日差しが差し込むなんて、それも素敵ね(^^)
今はあまり活動出来なくて大変だろうけど、
そんなときこそ、膨らむイメージとか想うこと出来て、大切な時間になるかもよ。
も少しだけ、ゆっくりしててね。
夏の山や森は危険がいっぱい!! 草も生い茂るし蜂もブンブン。
秋口にはイベントが開催されたりするからね♪
Commented by hokulele2 at 2013-06-21 18:12
ikeさん
はじめまして(^^) コメントありがとうございます。
いろんな色がありますね。年月を重ねて魅力を増すものがたくさんありますね。
立場や役目を変えても輝くよーな、本物の大人に私もなりたいものです。
Commented by hokulele2 at 2013-06-21 18:22
minkさん
昔はちゃんとした役目があって、今は美術館のようにその存在を密やかに主張している場所ですよ(^^)
栄枯衰退とは簡単に言えないなーって感じです。
ここにたどり着くまでに、尻餅つきました(^^;
Commented by lenslife at 2013-06-21 21:21
待ってました!
こんなに面白いオブジェがいっぱいあったんですね♪
抽象的なのに人のぬくもりを感じるのは私だけ?
錆色も苔色も時と自然が相まって作り上げるアートなんですね。
タイトルが秀逸ですわ(^-^)
Commented by hokulele2 at 2013-06-24 21:11
ゆんぐちゃん
ここはとっても素敵でした(^^♪
錆に苔、ちょっとしたクリスマスカラーかも。
タイトルね、尻もちひとつでこんなに素敵なものたちを見れるなら安いもんだねー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 挽香、ふたたび。 団地に恋して >>