真っ昼間

バッグの中にうっかりカメラを入れたまま出勤。お昼休みの楽しみ、アイスを我慢してお気に入りの公園へ行きました。
真っ昼間。晴天。もちろん子供たちも遊んでいないし、車を走る道路からは離れていてとても静か。
焼きそばのような野菜炒めのような匂いがどこからか漂ってきて、風はそよそよ。タンポポ乱れ咲き。
1時間のお昼休み、行き帰りに20分、着替えと歯磨きに10分、道すがら立ち止まってはパチリの時間を差し引いて15分の公園時間。


公園までは、わざと未舗装のこの道を選んで歩きます。靴がホコリで真っ白に。いいの、いいの。
a0266125_011936.jpg





近い将来には建替えられてしまうのだろうけど、こういう公営住宅、それぞれのお宅がお庭を有効利用していたりほったらかしだったり(笑) 
統一されてない生活感がたまらないのです。私なら掃出し窓に縁台を置くね。
ブタの蚊取り線香。夜はナイター。枝豆。ゴロゴロ。お昼ご飯の後は、網戸だけにしてゴロゴロ。外から入る
気持ちのいい風にレースのカーテンがゆらゆら。ちょっと寝汗かいて目を覚ます。いくらでも妄想出来ちゃう(^^♪
いつかそんな自分の家を持ってみたいな。
a0266125_0221793.jpg





タンポポ。先走って咲き過ぎちゃった子も、出遅れた子も、ふんずけられちゃった子も、みんなそのままの姿で可愛いタンポポ。
雑草として考えれば、手強い相手。根が深~く張ってます。
a0266125_027551.jpg





誰もいないから、乗っちゃうよ~ブランコ。
a0266125_0285010.jpg





a0266125_031581.jpg





めんこい外イヌ(^v^)よく考えたら、鎖、重そうだよね。首凝ったりしないかい?
a0266125_0342827.jpg





a0266125_0351924.jpg



お昼休みにこんな素敵な時間を過ごせるんだから、幸せね(*^^)v
[PR]
by hokulele2 | 2013-06-03 23:55 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/17894538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-06-04 07:59
職場の近くにこんなに長閑~なところがあるのですね
草がいっぱい、タンポポいっぱいの公園がいいですね^^
札幌の公園は土のところが多いでしょ?
芝もあるけれど、「ちゃんと管理されてま~す」みたいな感じでさ・・・
私が子供の頃は、こんな感じの草ボーボーのところが多かったのだけど
Commented by ゆんぐ at 2013-06-04 22:00 x
おおっ!こっこれは・・・!(・∀・)
まるでわが町を見ているみたいにそっくりなお写真です。
わが町の住宅事情そのまんまで、懐かしさすら感じます。
ただ最近外犬が減ってきて、あまり見かけません。
たまにいるのは、トイプーとかレトリバーみたいな外国犬が・・・。
可愛いけどナニカ違う。
Commented by hokulele2 at 2013-06-05 01:50
surigonちゃん
いいでしょう~(^^♪ 長閑でしょ!
私も北海道に来て初めて草ボーボーの公園に出逢って、今じゃ草ボーボーマニアになっちゃったよ(笑)
この公園だって、近所に住んでてもその存在すら知らない気にかけない人がほとんどだと思うのよ。
子供の頃はさ、目的地に辿り着くまでに横道脇道ウロウロしてさ、いろんな発見があったはずなのね。
私は今でも、そんな気持ちを忘れずにいたいなぁって思うな。毎日楽し発見!それってその人の気持ち次第だと思うのよ(^^♪

ゆんぐちゃんと繋がったのね! いつか3人で町ぷらしましょうか。
Commented by hokulele2 at 2013-06-05 01:59
ゆんぐちゃん
意外とこんな風景、あちこちにあるんだよね。有名どころにいかなくても。
私が小さな頃は、川崎にもたくさんこんな公営住宅がたくさんあったよ。
外イヌ!大好きなんだよね~。近所の小学生が勝手に名前付けちゃったりしてさ(笑)
友達がワンコ飼うことになったんだけど、その名もチワプーだって!
それはそれで可愛いんだけど、私が飼うなら雑種かポインター!
実は子供の頃、叔父の猟犬ポインターと仲良しだったのね。すごく利口な犬種でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 落陽は過ぎて 焦りねこ >>