創意と私財投入、エイミーな彼女のいる博物館


a0266125_0501812.jpg

20年ぶりぐらいに降り立った目黒駅。若い頃、約2年の間目黒区民だった私ですが、私の住む目黒区は世田谷区の境、駒沢公園のそば。この辺りとはまったく雰囲気の違う場所。
権之助坂は、その雰囲気を変えてはいなかった。よく車やバイクで通った場所だけど、いったいどこに向かっていたのか、さっぱり覚えていない。でも見覚えのある建物が、そのままの形で残っているのは、嬉しかったな。



a0266125_0495759.jpg






すっかり花の見頃は終わっていたけど、今にも雨が降りそうな目黒川は、それはそれで良かった。
もしこの町で暮らす事になったとしても、たぶん喜んで楽しめるのだろうな、私はきっと。明日には札幌に帰る自分に、なんとなく言い聞かせてみたりした。
a0266125_17135.jpg




a0266125_18977.jpg




私を置いてさっさと行ってしまう彼。 いや、知らない人です(笑)
a0266125_192648.jpg





この日1軒目の喫茶男爵
a0266125_173667.jpg





こんな暗雲垂れこめた目黒通りにも、春はちゃんと私を待っていてくれていました。
a0266125_1112512.jpg





山手通りを越えれば、目的地はすぐそこ。





目黒寄生虫館(^^♪(^^♪(^^♪ 医学博士亀谷了氏の創意と私財投入により設立された研究博物館です。世界でここだけよん(^^♪
a0266125_1122993.jpg

ミュージアムショップのコーナーもあって、私はこれと同じアングル写真のクリアファイルを買いました(*^^)v
ここのおねーさんが、とってもカッコイイの!
私の頭ん中にはエイミー・ワインハウスが流れてきた!エイミー、すんごく好きだったのに。
8メートルのサナダムシを想い、今夜はエイミー聴きながら洗濯をしました。


広告スキップ!


[PR]
by hokulele2 | 2013-04-18 00:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/17639070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-04-19 07:51
「私を置いてさっさと行ってしまう彼」のお写真、好きですわ^^
空が晴れていたら、もっと良かったのにね~
寄生虫館・・・怖いもの見たさ?^^;
アップでなくて良かったよ~きっと、近くで見たら体中がムズムズしちゃいます><
Commented by hokulele2 at 2013-04-20 01:25
surigonちゃん
彼ね(^^♪ 置いて行かれちゃった・・・。
この辺りの記憶は、いつもこんな感じで曇っているの。
だからちょうど良かったの(*^^)v
曇りは曇りで、雨の日は雨の日、晴れの日じゃ味わえない景色が好きです。
寄生虫館、もっとアップのもあるよん。
ここは結構昔から有名スポットなのだよ~、寄生虫館デートって言葉もあるしね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイヤ公園でガオー(^o^)/ 愛のたりない時代に!なまらかな... >>