ひと月前の散歩道、その1☆丸ポチ坂

あれよかれよと時間は過ぎ、暦の上ではとっくに春らしいのだけど、路肩の雪の量を見ていると、このまま
ずっとが来ないのかと思い込んでしまいます。
気温が上がった日には、積んである雪の背丈が縮み、車道に出来た深い轍の水溜まりを見て、
あぁ少しは季節が進んでいる…と思ったのもつかの間、朝になれば夜中に降った雪がまたアスファルトを
たっぷり隠していたりくれちゃて、そうなるともう、このまま北海道はずっと冬なんだ・・・
なんて思ってしまったりするのです。

冬の始まり、降っては融け、また降っては融けてを繰り返し、気が付くと根雪になるのが普通のパターンなの

だけれど、この冬は初雪が遅く、その代り、いきなりの根雪で始まった記憶があります。たしか。
昨日のことだって忘れちゃうくらいのボケぶりだから、記憶は曖昧ですが。
では冬の終わりも突然にやって来るのでしょうか。春は心の準備もままならぬ私を、励ましにやって来てくれるでしょうか。

ちょうどひと月前、川崎の実家に帰省し近所を母と散歩してみました。普通の住宅街の中に、お寺や神社がたくさん
あります。そこへ辿る道、路地裏、竹やぶ、境内、そんな場所が子供の頃の遊び場のひとつでした。


a0266125_329387.jpg






a0266125_3302996.jpg





よく見るといいお顔ね、と母が言うので。失礼します、ぱちり。

a0266125_3345597.jpg






a0266125_3352296.jpg



たぶん多摩丘陵の端っこ辺りになると思います。こんな坂、珍しくもありません。老いも若きも足腰強くなります。
a0266125_338960.jpg




関東平野って言ったって川崎も横浜も都内も、こんな坂道のある町ですからね。一桁の積雪だって大騒ぎになるのです。
車はほとんど夏タイヤですし。

あと1週間で、3月も終わります。年度末です。やらなくてはならない事があり過ぎて、心の準備は後まわし。
4月になってから、羽を伸ばしたり、寂しくもなったりすればいいだけのこと。
[PR]
by hokulele2 | 2013-03-24 08:00 | お出かけ先で | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/17502236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mink330 at 2013-03-24 17:55
今日は道路の氷割をしましたが、手が痛くなるほど、氷が固いです
例年の春とは明らかに違いますね。

でももう少しの辛抱。早く駆け足で ♪は~るよこい♪
Commented by hokulele2 at 2013-03-24 20:21
minkさん
お疲れ様です!今日も雪解けが進みましたね。
でも日陰や圧雪氷になっているところは、人の手をかけないと、春も迎えられませんものね。
私と言えば、大雪を憂っていても所詮マンション暮らしでぬくぬく、雪かきひとつしないで過ごした冬でした。
なんとなく、ごめんなさい(^^♪
Commented by surigon at 2013-03-26 10:05
なかなか春の兆しがみられない北海道・・・
今年の雪解けは遅すぎですよね~
でも暦の上では、3月もあと1週間なんですね(早い!)
雪が融けて、脚が治ったら、私も個人専用駅巡りしたいなぁ^^
Commented by hokulele2 at 2013-03-27 13:22
surigonちゃん
みんなで協力して、雪融け進めましょう!!
信号待ちの間にガリガリ、踵で♪
あ~surigonちゃんは、今はダメだ(^o^;)
ゆっくりちゃんと治して、散歩シーズンを待とうね♪
退屈したらご連絡を(^^)/ 茶でもしばこうぜ~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひと月前の散歩道、その2☆古ア... 浜川崎まで四半世紀 >>