東京から来たのけ?川崎ですけどね(^^♪

「東京ですか?」 「いえ、川崎です。」 「川崎・・・ですかぁ。」

出身地が本州と分かると、だいたいこんな感じのやりとりになる。
川崎・・・ですか。 の先にイメージされているのは、工場・公害、最近は工場夜景とか。

a0266125_054538.jpg


「あのね、私の子供の頃に過ごした川崎は、畑もあるし養豚場もあるし、タヌキも出るんだよ!」

そう、私はそんな長閑な土地で大きくなりました。でも川崎。
東京と横浜に挟まれ、形は東京都のひとまわり小さな感じ。横浜よりも利便性に優れていて、都心に近い。なのに、全国区となるといまひとつ知名度が低いみたい。
若い子に言ったら、それ何県ですか?だって(笑)
私も、川崎イコール工場公害って言われるのが嫌でした。実際、若い頃までは、東西を走る国鉄南武線に乗るのも苦手で。
住んでいるところはカントリーちっくでも、最寄駅は東急東横線。とにかく国鉄のあの油臭い電車に乗るのが苦手で、東急沿線の垢抜けた雰囲気ととかく比べたものでした。
JR川崎駅は、私が高校生になる頃までは、雰囲気も恐くて、あの雑多感、苦手だったなぁ。



a0266125_0561215.jpg





a0266125_105684.jpg

高校2年生でしょうか、川崎の駅前も大きな地下街が出来て、ホームレスのオジサマ方はどこかに追いやられ・・・。
私が学区外の高校に通ったことから、駅向こうの友人もたくさん出来、バイクや車で遊ぶことを覚えた頃には大師を越え、あの工場地帯をよく徘徊したものです。



a0266125_0575355.jpg


今考えてみれば、高度経済成長を支えた労働力が、まさにあそこにあったのです。なんて誇らしいのでしょう。
そして、人懐こく、人情深かった。粋のない下町。なんだか、私が今探し求めているものの大半が揃っている町なのかもしれません。
川崎市、多摩川と鶴見川に挟まれ、歴史に沿って栄えてきた町。タワーマンションがあちこちにニョキニョキ建っていても、ほんの少し行けば、肥やしの香り漂う、畑も緑もある。 
ラゾーナ川崎って、目ざましテレビで、よく出てるね♪ 大塚さんいなくなってから、朝見るテレビはどさんこワイドに変えたけど。
鉄も油も、タケノコもメロンもなんでもある町!サイコー、カワサキ(^^♪


a0266125_0585148.jpg




a0266125_184466.jpg


出身地というのは、生まれた土地をいうのでしょうか。それとも前居住地を言うのでしょうか。
生まれた土地というのなら、私の出身地は福島県いわき市。3歳のころ、川崎に越してしまったけれど、小学校の間は、春休み夏休み冬休みのほとんどを祖母の家で過ごしました。
小名浜という港町。休みに入って、祖母の家に行くと、近所のおばちゃんから、「あら、めぐちゃん来たのけ~?」と、休みが終わる頃になると「めぐちゃん、いつ東京に帰るのけ~?」
川崎って、東京じゃないよ~と説明するのも面倒くさく(笑)
「めぐんこ」って名前は、小名浜の従姉のお姉ちゃんがつけてくれた呼び名。小名浜には忘れられないたくさんの想い出がつまってるから、今もこの「めぐんこ♪」を愛用しています。
ちなみに北海道の前居住地は横浜。こちらもタヌキは出るし、ホタルも飛ぶ、マムシ注意の看板が近所に立てられていましたけど。

a0266125_1112117.jpg




a0266125_1144592.jpg




a0266125_11551.jpg



単車に乗り始めた頃、実家から22kmで辿り着く浮島までよく走りました。今では首都高のジャンクションが出来ているけど、当時は館山や宮崎行のフェリーターミナルがあるだけでした。
川崎大師を越え、工場の灯りを走り抜け、夜の海や工場の夜景を眺めた事、何度あったでしょうか。
考えてみれば、そのほとんどが夜。この度の帰省で、ほんの少しでも昼間のアレンタウンを垣間見れたのは、嬉しかったな。

写真は鶴見線浅野駅。この駅は良かったなぁ。時間があれば、もっと駅から離れて歩いてみたかったけど、そうもいかなかった!
その先の、行きつくところまでプチ鉄旅したから(^^♪ 


a0266125_1152637.jpg





鶴見線は、ノラネコがたくさんいるので有名なのだと後から知りました。
今回の帰省で、たくさんのノラに出逢ったけど、彼らはホンモノの野良でした。ここの子たちは、まだ人懐こいほう。
町で出逢ったノラは、とにかく逃げ足が早く、昔ながらの野良猫。あれも、あれでイイもんだ(^^♪
ここの子達は人には慣れているものの、新参者には決して心を許してくれなかったのです。ムチャゴロウさん気取りの私も撃沈。やっとのことで撮った貴重な数枚を。
ニャロメ~(=^・^=)

あ、川崎って大都会ですよ~(笑)私が撮るのが、こーんな感じなところばかりだけど。川崎市民からクレーム来るかも(^_^;)
[PR]
by hokulele2 | 2013-03-14 00:00 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/17453576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2013-03-14 07:55
生まれも育ちも同じ町の私には、田舎があるのって羨ましいなぁ~と思うのです
きっと、心が疲れた時に訪れると、ホッとするんだろうな^^
Commented by ポンママ at 2013-03-14 09:58 x
おはようです!
そうですね、川崎って通り過ぎる街だね
車窓から眺めるけれど印象にのこってない(笑)
出身地って、悩みますよね 私の中でまだ解決していない
めぐんこさんの情緒豊かななのはそーいう原点があるからなのかな、って思いながらいつも読んでます
Commented by J@空色CM at 2013-03-14 19:32 x
川崎と言えば工業都市というイメージですね~。工場夜景も含めて。
それ以外はどんな街か知らなかったけど、
めぐちゃんの文章を読んで、行ったような気分になれました。
浅野・・・いい雰囲気の駅ですね。
3枚目の写真の左の線路は、廃止になった貨物支線でしょうか。
猫、かわいい!特に横に並んでるのがいい(笑)!
Commented by hokulele2 at 2013-03-15 01:25
surigonちゃん
ずっと落ち着ける場所があるっていうのにも、すごく憧れちゃうのです。
でも、そこでじっとしていろと言われたら、それも出来ない私がいる(^^♪
心の故郷って、距離が離れていなくても、となりの町の、となりの区の、
あの部屋の、あの窓際の・・・って、いくらでも拠り所はあるはずなのかもね。
Commented by hokulele2 at 2013-03-15 01:33
ポンママさん
わ~!言われてしまった、通り過ぎる町~(^_^;)
住んでみて、滞在してみて知る魅力もありますしね。
かつて、千歳の町もそう言われたことありました。新しい空港が出来てからは特に(笑)
でも魅力たっぷりの、特色のある町でしたね(^^♪
出身地の意味、辞書に載ってる意味合いだけでなく、もっと深いところでどうなんだろと、思い込むことあります。
自分の中にはいろんな面があり、それぞれ故郷と言える土地から培ったものと時間が、今のワタシとなっているんだなと考えたり。
札幌、北海道での暮らしも、実にいろんな意味で私を作り上げてくれています。
まだまだ成長期です(笑)
Commented by hokulele2 at 2013-03-15 01:43
Jちゃん
不思議な町かもしれません。ワンダーシティだね、川崎(^^♪
昔から豊かな肥沃土もあり、海側では戦後目覚ましい工業発展があり。
そして、市民が暮らす街には、戦後闇市で賑わった土地がそのまま商業地になったりと・・・。
ハイソは住宅地も結構あるんだよ。芸能人もけっこう住んでたりね。
Jちゃん、さすが目の付け所が鋭い!
でも廃止路線じゃないの。ここ浅野駅からは海芝浦方面への支線があってね。
その海芝浦駅も、一度行ってみたかったところで。少しだけど写真撮って来たから、今度載せるね(^^♪
ニャンコ、めんこかったよ。常連っぽいお兄ちゃんには、甘えるくせに
私にはつれなかった(-"-)
親分格のトラオだけが、ホラ、早く撮っちまいなってな感じで、私の前でポージングしてくれました~
Commented by ゆんぐ at 2013-03-15 20:55 x
通りすぎるだけの町・・・私の住む町もよく言われます(;´д`)
でもスケールが違うから~味のある町じゃないですか。
それにめぐんこさんの写真と文章も味があるね!
Commented by hokulele2 at 2013-03-16 01:50
ゆんぐちゃん
通りすがるだけ・・・の町~♪
なんか曲できそうじゃない?1番赤平編 2番千歳編 3番川崎編(^^♪
もう節、浮かんでます~。ムード歌謡な感じで!
Commented by よこま at 2013-03-16 22:28 x
川崎もだいぶ様変わりしてきました。写真の風景がいっぱいあった大師方面もマンション・大型施設も増え...寂しい限りです。でもやっぱり故郷だから帰りたいなぁと思わせる街です。
Commented by J@空色CM at 2013-03-16 23:03 x
トラオもいい味出してる~!
3枚目の写真は廃止の線じゃないんですね。
え!じゃあホームから降りて写真撮ったの!?
電車が来たら危ないよー!! 気を付けてー!!
Commented by hokulele2 at 2013-03-17 00:39
よこまちゃん
本当ね、私が北海道に越してからの14年で様変わり\(◎o◎)/!
特に小杉周辺は変わったなぁと思うけど、懐かしい感じも残ってて
不思議な気分になったりしてました。
私たちの中学の近くのミスドに行ったのだけど、ボーリング場のとなりのスペース辺りを眺めてたら
あぁ、小石先生は元気かなぁと思っちゃったよ(^^♪
私が一番下手くそで、一番よく怒鳴られてた(笑)
Commented by hokulele2 at 2013-03-17 00:47
Jちゃん
大丈夫~(^^♪
ここは支線と本線?のホームが川の字の形で別に配置されていて
そこを繋ぐ踏切から撮ったのです~!
写真の中に3本のホームがそれぞれ写っているよ~
トラオ、ふてぶてしかったよ(笑)
Commented at 2013-03-17 05:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hokulele2 at 2013-03-20 01:43
鍵コメさん
ありがとうございます。でもよく考えたらここは横浜市でした(-"-)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 海と東芝 西陽 >>