塩引と割烹着

札幌の雪景色。私の部屋から。
a0266125_23385167.jpg


なんちて(^^♪
でも、このねじ式カギ、ええねぇ。じょっぴんかってない状態で、カギだら~んの見た目も好きです。

子供の頃、川崎の民家園に行くのが大好きでした。生田緑地にある日本民家園。
関東だけでなく、日本中の古民家を移築再生して展示してある野外博物館。ああいう所を子供が見学し、古のものに興味持つのはすごく良い事。
本当は、元の場所でずっと残れば良いのだろうけど。建物の中に入り、柱、梁、土間、囲炉裏・・・教科書で眺めるだけじゃなく、
そんなものたちを実際に目で見て感じられるのは、悪くないよ。だから民家園、富山のお家の隣に神奈川のお家が並んでいても、しょうがない。


札幌、開拓の村。ここだって、好き。
a0266125_23583266.jpg



今年は、縁あって歌志内の町を二度も訪れました。
ロマン座には感激したし、とても行きたかった郷土館「ゆめつむぎ」も、すごく良かった~(^^♪
こちらの学芸員さんのお勧めの三浦綾子著「銃口」を最近読んでいます。歌志内の神威尋常高等小学校は
三浦綾子さんが、女学校卒業後、初めて教員として働いた学校らしいのです。ここでの経験がこの作品に生かされています。
三浦綾子さんの本は、文庫本で上下とか続とかをカウントすると10冊くらい読みました。
大正、昭和の北海道の様子がとてもリアルに描かれていて、すごく好きです。通俗的で理解しやすいストーリーも魅力的。
作品は、恐ろしいほどたくさんあるので、なかなか読み切れないけど。



a0266125_0221093.jpg


「銃口」の文中に、数日前「塩引」って単語を発見しました。塩引鮭のこと。塩をふったしょっぱい鮭です。
私の学生時代のお弁当には、この塩引が必ず入っていました。近所のみつまるストアで、しょっぱくて美味しい切り身が売っていて、欠かさず買っていました。
母も塩引と呼んでいたし、私も鮭の切り身は「塩引」というものだと。
でも、北海道では、この言葉はあまり通用しませんでした。生で新鮮な鮭がうようよいますしね~。
だから、北海道が舞台のこの本に「塩引」が登場した時は、おぉ!って思わず声あげちゃいました。


古い住宅や宿屋の台所って、いいですね。石の流し台とか。亀の子たわしでゴシゴシしたい!かっぽう着も着てみたい!
a0266125_0243967.jpg




生まれて初めてSLを見たのは、生田緑地に展示されていたもの。まさか、北海道に越してから、動いているSLに乗ったり、追っかけたり出来るとは思ってなかったわ!
また、あの汽笛聞きたいな。

 ♪遠くで・・・聞きながら・・・。探してみたい。幼い心に秘めた、むなしい涙の捨て場所を・・・♪
[PR]
by hokulele2 | 2012-12-05 00:00 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/16919142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2012-12-05 07:43
塩引?確かに聞いたことないかも^^;
昔はビールと言えば、瓶ビール
すごく太いのもあった気がします
うちで宴会すると、何本も転がっていたっけ
この形の踏み台うちにもありましたよ
懐かしいな~
開拓記念館も20年近く行ってません
行こうと思っていたのに、なかなかね~
今度、行くときには声かけてね~^^
Commented by ゆんぐ at 2012-12-05 20:03 x
じょっぴん!懐かしいね~最近聞かなくなったし。
このお台所見ると昔住んでいた二軒長屋風住宅思い出します。
こんなに立派じゃないけど。

割烹着きるなら和服着て欲しいな~。
めぐんこさん、すごい似合いそうです。
ウチの母親が昔三浦綾子さんと一緒に列車に乗って教会へ通ったことがあるそうですよ。ェェェェ!!ヽ(´Д`;)ノ娘の私が一番驚いたよ。
何を話したかあんまり覚えてないようだけど。w
Commented by nekonosanpo3 at 2012-12-05 22:37
塩引き 使う使う!
うちの母が歌志内出身だからかな~
東京の叔母も塩引き食べたいから送ってって
普通に言ってるし
にしんの塩引きって単語も
あの姉妹の中では聞かれるよ
って、私はしっょっぱい魚食べないんだけどね

↑ゆんぐママすごいね♪
Commented by hokulele2 at 2012-12-05 23:20
surigonちゃん
やっぱり、聞いたことない?塩引。
瓶ビールが転がる宴会、そういうの大好き♪
うちの実家も酒屋さんから瓶の一番搾りを配達してもらってたはずなのに、
いつのまにか缶に変わってた!
玄関先で、瓶ビール落としちゃって、素足だった私は血だらけになったことあるよ~。
踏み台も、懐かしい感じね。
今回は突然行く事になったのだけど、馬そりがまだ走ってなかったの。
また行きたいし、声かけるね~♪
Commented by hokulele2 at 2012-12-05 23:27
ゆんぐさん
エェェェ\(◎o◎)/!
すんごい、ゆんぐママ!これは是非、お話聞きに行かなくちゃ!
いやいや、ビックリたまげるわ♪

きもの、着たいんだよね~。母が誂えてくれた紬があるんだけど、一度しか着た事ないの(-"-)
だってひとりじゃ着れないんだもの。着付け習おうかな。
一緒に作ってくれた道行コートが、これまた真っ赤で昭和感あふれてるんだ~。
お正月に着ようかな。つい、今日も仕事帰りに呉服屋寄って、雪下駄見てみたんだけど、高いのね。買えません(T_T)/~~~
Commented by hokulele2 at 2012-12-05 23:31
nekoちゃん
そうだそうだ、nekoちゃんのママは歌志内だったよね!
塩引、通じるんだね、嬉しいなぁ(^^♪
あのしょっぱさが、良いんだよ。ご飯がススムくん。
ニシンもあんのけ?(←いわき弁)
ゆんぐママ、すげーよ。こりは、ご挨拶に行かねばだよ~!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 病院嫌い さよなら、またね函館 >>