幾年経っても色褪せず☆三笠市民会館

2015年1月現在、この市民会館の緞帳が廃棄の危機に立たされています。
私たちがこの産業遺産の存在を知らないまま廃棄されるのはとても残念なことです。
近代日本の発展を支えて来た北海道民の築き・背景をこれから学ぼうとしている子供たちにも
ジオパークで「石炭が紡ぐ大地と人々の物語」とテーマを掲げている三笠市にとっても
大きなな損失となるでしょう。


北海道三笠市の市民会館の緞帳が同館改修工事に伴い廃棄されようとしています。
横約16メートル縦約7メートルの大きな緞帳です。保存するにはそれなりの場所や費用が必要です。
市民の方々の負担にはならぬよう、この立派な緞帳を三笠市の今後のプラスとしての財産として活用し残しては行けないでしょうか。

私も市役所へ保存を希望する旨を一度お伝えしました。まずはこの緞帳の存在をたくさんの方々に知って欲しいです。
絵画や写真がアートであったり記録であったりするけれど、緞帳というものは舞台の幕という役割を担いつつのそれだと思います。
たくさんの観客の笑いや涙、想いも染みついています。
45年もの間活躍してきたのだから、この先10年20年と残せば残すほどその価値は増していくでしょう。
どうか三笠市のご担当の方、たくさんの意見アイデアを募って、保存への道を探ってはもらえませんでしょうか。


****以下は2012年11月に訪問した時の投稿です***





先日、前々から訪れたかった場所に行ってきました。三笠市民会館。
ホールの緞帳が、とても素晴らしいものだと知り、是非この目で確かめたかったのです。
 
こちらの情報は、とっても研究熱心で炭鉱関連の情報盛り沢山のブログ空色コールマインさんから戴きました。
Jさん、行ってきましたよ~(^^♪


あらかじめ、お電話で見学させて頂けるか確認しました。快いお返事、ドキドキしちゃいますね~。
a0266125_18211865.jpg







すごい迫力です。鮮やかです。ご丁寧に照明も点けて下さり、写真も撮ることができました。
a0266125_1823669.jpg




担当の方にとても詳しく説明をしてもらいました。大変豪華な装飾です。相当な費用をかけての制作だったのでしょう。
しかも、こちらの三笠市民会館の落成式は・・・昭和45年1月!なんと私の生まれ月ではありませんか!? そういうの気になるんですよね(*^^)v
実はこの事もあって、この緞帳を見てみたかったのです!自分と同じ年月を過ごしてきた緞帳。42年間、三笠市民の暮らしに、彩りを与えて来たのでしょう。

私の写真では、なかなか表現は難しいのですが、三笠の様々な魅力や歴史を鮮やかに表現しています。
中央にはピックを持って炭壁に向かっている採炭夫の姿が・・・。このような姿は、この時点ですでに炭鉱のイメージ画になっていたのでしょうか。
実際はもう少し近代化されていたのかもしれません。
ズリ山に立坑櫓・・・遥か見渡す山々、舞う女性に、ギター抱えてキメる人(笑)


この緞帳の貴重である理由に、この2社の名前が同時に記されていることではないでしょうか。
a0266125_18435842.jpg



a0266125_1844461.jpg





a0266125_18442982.jpg



a0266125_18451411.jpg



この緞帳だけでなく、こちらのホールはとっても味わい深いですね。赤い椅子に白いカバー。木の肘掛。
昭和よもやま話に盛り上がり、担当の方とも、ずいぶん話し込んじゃいました(笑)←いっつもこう(^^♪
三笠出身の私の知り合いは、子供の頃ここで東映マンガまつりを観たそうです☆
a0266125_18514746.jpg



a0266125_18524020.jpg



a0266125_18522075.jpg





a0266125_19105522.jpg




a0266125_1921935.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-11-03 18:04 | 産業遺産・古の建造物 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/16725616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2012-11-04 09:59
これは凄い!プリントではなく、アップリケみたいに縫い付けてあるみたいですね
椅子も懐かしい~
昔は、映画館もこんな感じの椅子で、長時間座っているのが辛かった記憶が^^;
貴重な物が見られてよかったですね^^
Commented by ゆんぐ at 2012-11-04 20:20 x
すごい貴重なモノ見てきましたね~。
手作り感たっぷりの緞帳すごい迫力ですね。
シンボル化されたデザインもこの頃は、かなりモダン。
こんな良い状態で維持管理されている方達に感謝ですね。
Commented by J@空色CM at 2012-11-04 20:48 x
ついに行かれたんですね! そして楽しまれたんですね!
良かったでしょ~この緞帳!
そうなんです。緞帳もさる事ながら、係の方もいい方だし、
座席も、全体の感じも良いんですよね~!
拙ブログがお役に立てたようでウレシイです。
この次に行かれたところのレポも楽しみにしてます(^_-)-☆
Commented by nawohebi at 2012-11-05 03:41 x
座席の肘掛の色のハゲ具合が歳月の積み重ねを物語っていますね。
子供の頃こんな風景の中、、劇団のお芝居を見たのを思い出しました。
懐かしい昭和の風景そのままですね。。
Commented by hokulele2 at 2012-11-06 00:01
surigonちゃん
すごいでしょ♪ そうなの、刺繍なんかも施してあって、ものすごく手が込んであたったよ。
映画館の椅子と言えば、これだよね(^^♪
そうそう痛くなったね、お尻~
今のシネコンは椅子が立派過ぎて、今度は腰が痛くなっちゃいます(笑)
本当に貴重なものを観ることが出来て嬉しかったです。
Commented by hokulele2 at 2012-11-06 00:05
ゆんぐさん
すごい迫力でした。そうなの、デザインがモダンでしょ。
この頃のデザインって好き。北炭と住友のコラボっていうのが貴重でしょ。
今でも充分きれいだけど、管理されてる方によれば、やはり時の経過で痛みも発生しつつあると。
興味のある方には、是非足を運んでみてもらいたいものです。
担当の方とのトークも弾みますよ~。
Commented by hokulele2 at 2012-11-06 00:12
Jさん
いつもありがとうございます!お二人からは、たくさんの貴重な情報を頂いています。
こちらの緞帳の記事を読んでからは、もう絶対行く!って決めていました。素晴らしかった、私と同じ年の緞帳☆
本当にこのホール、懐かしさで胸いっぱい!初めて訪れた場所なのに。
所縁のある方から聞くお話っていうのも、良いんですよね~。
次に行った場所は・・・あまり期待しないでね(*^。^*)
しかもこの日最後に訪れたあのお宅では、話に花が咲き過ぎて写真は一枚も撮っていないのでした。
これからも、ブログ楽しみにしています。いつか再会出来る日を心待ちに(*^^)v
Commented by hokulele2 at 2012-11-06 00:17
nawohebiさん
そうなの、木製の肘掛が味わいたっぷりでしょ。
うんうん、私達が子供の頃って、そういうのよく見たよね。
このタイプの劇場はどんどん姿を消しているね。
もちろん、誰もが楽しめるバリアフリーも大切だけどね、ちょっぴり寂しいね。
SL写真、カッコよかったよ~!またKさんとおデートしたんだね(^^♪
Commented by 純喫茶hippie at 2012-11-07 19:31 x
懐かしいなあ。
24年前はこのすぐ近くで働きました。
Commented by hokulele2 at 2012-11-07 23:01
ヒッピーさん
いろんなところで活躍なさっているのですね。

あのたこ焼き屋さんのそばにあるカラオケスタジオ悦、入口がすごくいいんですよ。気が付きましたか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 港町、ボンのいた店へ ムチャゴロウさん、秋を探しに北大へ >>