湯けむりねこ 弱いもの そして命の価値とは編

a0266125_0364477.jpg

湯けむり定山渓ねこ。公園組、橋組、山組・・・だったかな。何個かのグループに分かれてたくさんのノラがいました。
初回にも書いたけど、たくさんいるってことは、そのぶん問題もたくさん。本当に難しいです。ノラ問題。

さすがに今日は暑さもひと段落。日差しがあってもカラッとしていて、少し秋の気配かな。これからは、急ピッチで深まって行くのでしょうか、秋。
朝晩なら、彼らもそろそろあったかパイプのお世話になる頃かな・・・。
a0266125_042656.jpg





この子は見るからに身重。また、増えちゃいますね。ニャンコ。新しい命。輝かしいけど、その先は?
a0266125_0471279.jpg

ここの子達を、私財を使ってお世話して下さってる女性に聞いたお話によると、里親探しのカフェでも、こちらの子達はなかなか引き取っていただけないそうで。子猫なら別かな。
ノラは避妊手術をして元の場所に戻すっていうのが、問題対策へのメジャーな方法らしく、費用も保護の手段も悩んでおられました。
猫好きの私は群ようこさんの猫エッセイなんかをたまに読んだりするのですが、彼女も言ってました、人間の勝手で去勢や避妊をするのは可哀そうと。私も同感。でも、そうはいかなくて。野中の一軒家ならともかく、人の住む街ではそうもいかないし、ひどい話で捨て猫やら置き猫も後を絶たないみたいだし。




この子は顔にキズ?仲間内のケンカ?室蘭では、本当にひどい怪我の子に出逢ったけど、ネコ同士の争いもあるのでしょう。
a0266125_056466.jpg






家族かな。この後、ぞろぞろ、そろ~っと、慎重にみなさんで大移動していました。きっと秘密の場所へ。
家族の団欒はお邪魔せず、遠くから撮影しましたよ。
a0266125_134144.jpg





じいさんと呼ばれていたこの子、片目は怪我?クタ~ッとしてだいぶ弱っているようだったから、友人が水を飲ませてあげました。
その後、元気になったのか、スタスタと歩いて行ったから一安心。だいぶご高齢らしいです。
ふと、7年一緒に暮らした祖父の事を思い出しました。
4年前に99歳で大往生でこの世を去りましたが、7年間の介護。そのほとんどが義母が手厚くお世話をしていたので、とても幸せなお爺ちゃんだったと思います。私もほんの少しお手伝いはしていたのですが、今に思えばもっと出来たことがたくさん。
最後の入院で、義母に代わり一晩を病室で共に過ごせたことが、嬉しい想い出です。あれは北京オリンピックの真っ最中でした。
a0266125_1125467.jpg






心配そうにじいさんを見つめるクロも、病気らしいです。あまり食欲もなかったみたい。夏バテもあるのかな。
a0266125_1142575.jpg






湯けむりねこ写真、まだまだたくさん撮りました。
たくさんのノラに出逢って、たくさん紹介されたけど、正直どの子がどんな子だったかうろ覚え。
間違っていたらゴメンナサイ。でも、抱えている問題はずしんと心に来ましたよ。
猫も犬も、命は命。
そしてこの翌日は、さらに深刻に考えさせれた写真展、フロアトークに参加してきました。
「福島第一原発20キロ圏内 警戒区域内に残されたいのちについて考える」
いろんな意見を聞き、その意見をそのまま、可哀そうだね~、大変だね~として終わらせては、行った意味がない。
しかし、胸を張って、私はこれが正解だと思う!という揺らぎない意見を述べれるほどの信念も自信も持てず。
自分に出来る事は・・・草の根でもいいので、問題提議という形でほんの少しだけ書ければ、何かの力になれるのかな。でも、それすらなかなか踏み切れず・・・。

あと、何個先の記事になるかな。もしかしたら書けないかも。この時間も無意味な殺処分や餓死を迫られている動物たちがいるのに。


湯けむりねこ写真は、まだしばらく続きそう・・・!
a0266125_137439.jpg

[PR]
by hokulele2 | 2012-09-20 23:55 | ねこ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/16248516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by surigon at 2012-09-21 07:56
猫を見かけると、猫好きとしては嬉しいのですが
野良が多いとそれなりの問題が多いですものね
こういう問題は、正解がないだけに難しい問題です
犬や猫を飼ったら、最後まで責任を持つこと・・・
まずは、そこをきちんとしなくてはいけませんね

あぁ、でも温泉地猫さんかわいいです
Commented by poporon_pon at 2012-09-21 09:50
おはようです
野良猫ちゃんの問題は私も頭を悩ませます
義母宅の猫ちゃんなんですがね・・・・まわりに家のない義母宅
猫を飼ってるっていうだけで捨てられていく猫
それをずっと前からみてました
猫好きの義母にはほっとけなくて・・・今またもや増えちゃって
心配してます 外猫がなつくようになったら避妊につれていき・・・
そーしないと庭に猫が増えすぎてね  でも限界も・・・・
エサをあげなきゃいいとかそんなことは端から見てる人の意見
ほっとけますか?   
義母も高齢で・・なにかあったらその猫ちゃんたちをどーするか・・・
考えたくないことです  ふぅ
Commented by ゆんぐ at 2012-09-21 21:09 x
あんまり重くてあんまり切なくて、私にはなんとコメントしていいのかわかりません。
ただ生きているだけで、この子達は美しいですね。

一番下の写真、なんとも素晴らしいです。
Commented by hokulele2 at 2012-09-22 01:35
surigonさん
本当に難しい問題ですよね。
無責任に生き物を飼うのは、まずダメですね!
私も泣く泣く飼い猫を手放した経験がありますが。
託してきたお宅で、元気にやっているか、いつも気がかりです。
Commented by hokulele2 at 2012-09-22 01:46
ポンママさん
それは心配ですね。
勝手に置いて行くなんて言語道断!
でもほっとけないですよね。お義母さまも優しい方なんですね。
本当にどうしたらいいのでしょう。
野良猫の自然淘汰は仕方ないものなのかなと思うこともあるけど
人の勝手で猫たちが振り回されるのは、可哀そうです。
でもお義母さまが高齢となると・・・、ポンママさんの心配もすごくよく分かります。
うーん、私も悩んじゃいます。
Commented by hokulele2 at 2012-09-22 01:52
ゆんぐさん
重い記事にしちゃって、ごめんね(>_<)
でもある意味では、のびのびと猫らしく威厳を持って暮らしているのが野良猫かもよ。
ノラちゃんからもらえる、ホッコリもたくさんあるからさ♪
1番最後の写真の子、ダヤンだって!「わちふぃーるど」の。似てる!
私が子供の頃から通っていた自由が丘って街にあった小さなお店が本店だったの。革製品と猫ダヤンのお店。
昔はもっとシンプルでセンスも良かったけど、最近はなんだか・・・。
Commented by J@空色CM at 2012-09-22 09:18 x
定山渓ねこは私たちも時々会いに行きます。
寒くなるとこのパイプの上でまったりしてる子がいて、
見てるコチラもあったかい気分になります(*^_^*)
かっぱバスの頃にでも、また行こうかな~。
ノラねこの世界にも問題はたくさんありますよね。
当のねこ達は、そんなことをものともせずに生きているようで、
その姿に頼もしさを感じます。
Commented by hokulele2 at 2012-09-23 00:01
Jさん
急に涼しくなって、もうパイプの季節ですね(=^・^=)
野良猫がのん気に過ごせる場所って、人も平和に暮らせる所のような気がします。
かっぱバス、何かな~って検索してしまいました!
いいですね~、私も利用したい♪ 今年も運行しますかね~。
Commented by J@空色CM at 2012-09-24 22:54 x
失礼!正確には「紅葉かっぱバス」。
ウチは2回乗った事があります。地元の方のガイドがいいカンジですよ。
今年も10月1日から21日まで運行するそうです。
http://jozankei.jp/archives/67
Commented by hokulele2 at 2012-09-25 00:19
Jさん
情報ありがとうございます♪
今年は利用させてもらおうかな~。
地元の方のガイド、そういうのが良いんですよね~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 巨大Bカップ 湯けむりねこ そんなとこまで~編 >>