小樽駅4番線ホーム


a0266125_1401620.jpg

小樽駅4番線ホームで偶然みつけた刻印。上屋の支柱に利用されている古レール。
BV&Co Lo 1902 調べてみたらイギリスの会社のようです。
最近目に付くようになってきたんだけど古レールっていろんな所に使われているんですね~。
(鉄子として成長したか!?)

そういえば栗山の小林酒造、通路の支柱に夕張鉄道のレールが使われていたっけ♪
たしか・・・岩見沢駅も古レールがたくさん(^^♪  
見に行かなくちゃ!
[PR]
by hokulele2 | 2012-06-19 06:10 | 鉄子への道 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hokulele2.exblog.jp/tb/15593248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆんぐ at 2012-06-19 19:39 x
うん、小樽駅の古レール塗装色がイイネ♪
でも、フォトジェニックな彼女の方に目がいっちゃうな~w。
駄菓子屋さんも素敵だ。
Commented by hokulele2 at 2012-06-20 00:02
ゆんぐさん
偶然目に入った刻印、雰囲気ありますよね!
三角市場のお菓子屋さん、おばあちゃんもいい味出してるんだよ♪
女は若くても老いても、絵になりますな~(*^。^*)
Commented by 観るだけ美術部長 at 2012-06-24 13:10 x
観るだけ美術部長です。ご苦労さまです。
古いレールに目が行くなんて、かなりな「鉄子」さんですな。
ふつう、そこまで目が行かないよ(笑)。1902年と言えば
日露戦争前夜。北海道の鉄道の華やかなりし頃、という時代
ですね。それが小樽駅に残っていると言うのが嬉しいですね。
Commented by hokulele2 at 2012-06-25 00:26
部長!
もっとじっくり見れば、他にもあったのかもしれませんね~。
たしか岩見沢駅の跨線橋の中にも、いろんな所のレールがあったような・・・曖昧な記憶です。
こんなふうに考えると、鉄道って奥深く楽しい発見がたくさんですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 緑と黒、石油貨物のタンク 生姜煎餅という選択 >>